HOME > ARTIST > KASHIEF LINDO

ARTIST

Kashief Lindo【カシーフ・リンド】

6歳でシングル・デビュー、名プロデューサー、ウィリー・リンドを父に持つレゲエ界のサラブレット。15歳で初アルバム『Trouble Free』を発表、タイトル曲はJBCチャート第1位を獲得、一躍スターダムにのし上がる。94年には「レゲエ・ジャパン・スプラッシュ」出演のため初来日。これまで、クリスマス・アルバム1枚を含む計5枚のフル・アルバムをオーバーヒートからリリース。96年のシングル「Killing Me Softly」(やさしく歌って)は、英ブラックミュージック専門週間エコーズ紙のレゲエ・チャートで1位を獲得した。父ウィリー・リンドは、あのマキシ・プリーストの世界進出作にして最高傑作アルバムの『Maxi』(大ヒット曲「Wild World」も収録)をはじめベレス・ハモンドやJC・ロッジ等、歌もののプロデュースでは右にでる者がいない天才。自身のアルバム『FARON DISTANT』、『IT'S NOT TOO LATE』、『TURNING』も高い評価を得ている。

【DISCOGRAPHY】

「TROUBLE FREE」
[OVE-0026]
若干15才にして世界にその名を知らしめたデビュー・アルバム。JBCチャートNO.1となった「trouble Free」、スティービーBの名作「Because I Love You」のカバーなど、未だにロングセラーを続ける決定盤。

「SINGS CHRISTMAS」
[OVE-0043]
レゲエ・クリスマス・アルバムの最高傑作と評価されたヘヴィー・ビート初のクリスマス・アルバム。永遠のクリスマス・メドレーからオリジナル・ナンバーまで、ソウルフルなラバーズ・ロックの集大成。全14曲。

「SOUL & INSPRATION」
[OVE-0048]
話題となった3作目はロック・ステディー、ルーツ・レゲエから本格的R&Bまでヴァライティーに富んだ、ポップ・フィーリング溢れる全17曲。日本のみボーナストラック「Money In My Pocket」を追加。

「WHAT KINDA WORLD」
[OVE-0058]
英エコーズ誌チャート1位が二曲(“No Can Do”、“Killing Me Softly”)収録されているだけでなく、全18曲中アル・グリーン、ナット・キング・コール、マイケル・ジャクソン、スティービー・ワンダーなど12曲のカバーを収録したアルバム。

「WE NEED LOVE」
[OVE-0070]
カシーフの5thアルバムである本作は全19曲オリジナルでつくられ、トラックメーキングやプロデュースワークにも自身の才能を開花させたアルバム。
「MUSIC IS A PART OF ME MOOMIN」のヒット曲をカシーフが英語&日本語でカバーソングライティングとトラック・プロデュースにさらに磨きがかかり、超力作なタイトル曲他、新録、13曲(全19曲)を含む最新フルアルバム!

next
.
INDEX

GO BACK

EVENT
NEWS
STORE

H-MAN

columns
page up!
Riddim Nation

Overheatがリリースするフリーマガジン“Riddim”がディレクションするレゲエ番組
Riddim Nation」配信中!

Go RiddimNation!

nation