HOME > ARTIST > MUTEBEAT

ARTIST

MUTEBEAT【ミュートビート】

【BIOGRAPHY】
1981年、原宿のクラブ、ピテカントロプスを中心に活動するルード・フラワーを結成。その後メンバー・チェンジを経てMUTE BEATとなる。正式メンバーにミキサーが在籍するライヴDUBバンドとして数々の伝説を作り、89年に解散。
オリジナル・メンバーは、
●こだま(小玉)和文(トランペット/リーダー)
●屋敷豪太(ドラムス)メロン→シンプリー・レッドへ参加。現在はソロで活動。
●今井秀行(ドラムス)豪太脱退後に正式加入。
●坂本みつわ(キーボード)ルードフラワーから初期MUTE BEATに参加。
●朝本浩文(キーボード)現在自身のプロジェクト、ラム・ジャム・ワールドやUA等のプロデューサーとして活躍。
●北村賢治(キーボード)じゃがたら解散後、加入。
●増井朗人(トロンボーン)レピッシュのサポートやケムリ加入(現在脱退)。
●マッチャン(ベース)ルードフラワーから初期MUTE BEATに参加。
●松永孝義(ベース)日本最強のベース・プレイヤーとして数々のセッションに参加。
●宮崎DMX泉(エンジニア)藤原ヒロシ等とのコラボレーションを始め、現在はリミキサーとして活躍中。
●内藤幸也(ギター)スーパーバッドを経て後期に加入。現在はARB等のロック・バンドに参加。


「STILL ECHO」
[OVE-0024]
12インチシングル3枚を1枚のCDにパックした代表作。あの故オーガスタス・パブロのメロディカ・ミックスも入っている。名作中の名作である。豪太参加曲も収録!


「DREAD BEAT in TOKYO」
[OVE-0056]
リコ・ロドリゲスをはじめとした豪華ゲスト参加の映画「集団左遷」のサントラ盤であるが、小玉和文のソロ・アルバムとしての評価が高い。ボーナスとしてルーツ・ラディックスとの共演も収録。


「-Tribute To Roland Alphonso- R.ALPHONSO
meets MUTE BEAT」

[OVE-0066]
渋谷クアトロ・オープン記念ライヴにスカタライツのローランド・アルフォンソを招いて行われた名演。ミュートのみのライヴも2曲収録。


next
.
INDEX

GO BACK

EVENT
NEWS
STORE

H-MAN

columns
page up!
Riddim Nation

Overheatがリリースするフリーマガジン“Riddim”がディレクションするレゲエ番組
Riddim Nation」配信中!

Go RiddimNation!

nation