Riddimでタグ TAK-Z が指定されているエントリー

Tak-Z

31310シーンが長く待ち望んだタイプの"レゲエらしい"シンガーだったのだろう。初めてその名を聞いてから、あっという間に色んなサウンドのダブ・プレートやコンピレーションでその声を聴くことになった噂のシンガー、Tak-Z。ファースト・アルバム『Ten Gallon』完成直後にライヴで訪れた京都で話を聞いた。

購読

フィードリーダーを利用して検索結果を購読し、今後投稿されるエントリーでタグ「TAK-Z」が指定されているものにアクセスできます。 [フィードとは]

フィードを取得 フィードを取得

その他のタグ

このブログで使われているタグ: