Result from "UK REPORT" ……49件みつかりました

topics

UK REPORT from No.333

●今月、最もショックだったことは、レゲエの伝説的アーティストGregory Isaacsの訃報だ。10月25日、彼は肺がんとの闘病の末に59歳で死去した。かつてのヒーローがまたいなくなってしまった。……[

next

UK REPORT from No.332

Lorna GeeというDJ/MCを読者の皆さんご存じだろうか? 彼女はSmiley Culture、Tippa Irie、 Maxi Priestらと共に、1984年のLondonシーンに現れたアーティストで、Mad ProfessorのAriwaレーベルでルーツとラヴァーズの両スタイルでの成功を収めていた。……[

next

UK REPORT from No.330

個人的なグッド・ニュースとしては、私の妻が退院し回復に向かって日に日に元気を取り戻しつつある。……[

next

UK REPORT from No.329

●私の妻がフェスティバル・シーズン直前に病気で入院してしまったために、今夏開催される多数の巨大フェスに足を運ぶことができなくなってしまった。彼女の1日でも早い回復を願って欲しい。……[

next

UK REPORT from No.328

先月、僕はいつもよりインターネットを積極的に活用した。僕の妻がFacebookでFreddie McKay、Devon Russell、Larry Marshallという"犯罪的"といえるほど正しい評価がされていないレゲエ・アーティストのファン・ページを運営している。……[

next

UK REPORT from No.327

先月のリポートで書き忘れていたことがある。僕のかつての親友Devon Russell(13年前に亡くなってしまった)の息子Bruce 'Ras' Russell Londonがレゲエ・シーンに登場したのだ。……[

next

UK REPORT from No.326

この原稿執筆時点、ネットにはコカイン所持などの容疑で拘留されているBuju Bantonに関する噂が氾濫している。たとえば、「ベジタリアン用の食事がBujuに与えられていないので、彼の体重が40パウンドも減っている。……[

next

UK REPORT from No.324

コカインの購入および流通の容疑で留置所に入れられているBuju Bantonのニュースは、このコラム執筆時点、依然としてレゲエ界のホット・ニュースだ。音楽業界は活発に彼を支持しているようだが、そんなことでアメリカの裁判所の判断が変るはずもないだろう。……[

next

UK REPORT from No.323

アメリカの同性愛保護団体による猛烈な批難に晒され2009年後半のツアーのキャンセルが続出したBuju Bantonだが、彼は年末に更なるトラブルを起こしてしまった。……[

next

UK REPORT from No.322

今年最後のリポートで訃報を伝えなければならいのは残念だ。小柄だったがパワフルで非常に表現力が豊かだったシンガー、Louisa Markが胃潰瘍の悪化により2009年10月16日、西アフリカのGambiaで亡くなった。彼女こそ、UK独自のLovers Rockというジャンルを創ったアーティストの一人だった。……[

next

UK REPORT from No.321

先月のUKレゲエ界で特筆すべき大きな動きはなかったように思う。強いて挙げるならば、London発のローカル・ニュースとしてLevi Rootsの音楽活動再開だろうか。彼は2006年に『Dragon's Den』というTV番組(かつて日本で放映されていた『マネーの虎』のUK版)で"Reggae Reggae Sauce"を新ビジネスとしてプレゼンし見事資金を獲得。一躍、時の人となった。……[

next

UK REPORT from No.320

Duke Reidがかつて仕事場としていた33 Bond StreetにあるTreasure Isleスタジオの1階に、2007年、新たなスタジオが作られた。建設資金の一部を提供したのが誰なのか、ご存じだろうか? ……[

next

UK REPORT from No.319

Steely & Clevieのキーボーティストで、Roots Radicsでも活躍したWycliffe 'Steely' JohnsonがNew York州Long IslandのBrookhaven Memorial Hospitalで9月1日に死去した。47歳だった。死因は心臓発作。彼は以前から糖尿病を患っており、昨年末には腎臓不全にも陥っていた。……[

next

UK REPORT from No.318

先月は4日間で2つのフェスティヴァルを観るという、近年稀にみる忙しい日々を過ごした。以前、このコラムで約束した通り"Buckland屋敷"(!?)と呼ばれる僕の自宅から車で40分程の場所で行われた、フランス西部で唯一のFreddie McGregorのショーを観てきた。その後に、北部のSt.Maloという港町から車で10分程の場所で開催された「Supereggaefest」にも行ってきたのだ。……[

next

UK REPORT from No.317

毎夏、ヨーロッパ本土ではレゲエを含むあらゆるジャンルのミュージック・フェスが開催されているのだが、Englandにはレゲエ・フェスと呼ぶに相応しいイヴェントが見当たらない。……[

next

UK REPORT from No.316

Lee 'Scratch' Perryのドキュメンタリー映画『The Upsetter: The Life And Music Of Lee Scratch Perry』がミニ・シアター系の映画館で上映中(この公開状況から推測するにおそらく間もなくDVD化されるだろう)だ。……[

next

UK REPORT from No.315

『The Small Axe Reggae Album Guide』が出版された(数年前には『Singer's Guide』が発行されている)同月に、Small Axeの一員だったColin Mooreの突然の訃報を伝えなければならない。非常に辛く悲しいことだ。……[

next

UK REPORT from No.314

Photo & Text by SIMON "MAVERICK" BUCKLAND Pablo Moses At Astoria London   Greetings Friends,   ●UKでは...……[

next

UK REPORT from No.313

長期間にわたりレゲエDJのチャンピオンでジャーナリストでもあるPenny Reelが、日本人DJにロンドンでのクラッシュで負けてしまったということが、レゲエのアングラ・ニュースとしてまるで山火事のように広まっている。……[

next

UK REPORT from No.311

レゲエ界における新年のスタートは、昨年末の様にあまりいいニュースがない。レゲエのレコード・ビジネスは、(2008年の衝撃的なGreen-sleeves買収により)ほぼVP Recrodsに独占されており、アーティストは単発のステージやツアーといったライヴを収入の柱にしなければならなくなった。今まで、どちらかといえばマイナーな音楽ジャンル(例えばジャズ)では、このライヴ主流のビジネス・モデルが随分と前から常態化していた。……[

next

top
columns

GO BACK

columns