Result from "What the deal is" ……47件みつかりました

topics

What the deal is from No.333

さて、アメリカ議会選挙で共和党が圧勝したのだが、それに反してオバマの支持率が上がっている。しかしながら、オバマがやってきた事をこれから共和党が覆そうとしているのは火を見るより明らかで、多くのメディアは、保険会社がパワーを奪還したとも書いている。……[

next

What the deal is from No.332

何とクール・キースとウルトラマグネティックが再結成してツアーを行っていた。結成当時から決してアンダーグランドのレベルから浮上する事がなかったが、サウス・ブロンクスでBDPのサウンドを作るのにも貢献したとされるセドGを含むオリジナル・メンバーのファンは多く存在している。……[

next

What the deal is from No.331

という訳で、9月は何の変化もないアメリカになってしまったNYからのレポート。……[

next

What the deal is from No.330

なんかシー・シェパードとかの事、書くだけであいつらの思うつぼみたいで嫌なんだけど、こっちじゃメディアが面白しろ可笑しく取り上げるし、リアリティ・ショウまでやってすっかりタレント化していて、ハリウッドの今の構造が分かる感じがするんだけど、誰か今、自衛艦に乗っていて、うっかりあいつらに魚雷とか撃っちゃう奴いないかな?……[

next

What the deal is from No.329

暑中お見舞い申し上げます。 ケーブル局BETのアワード・ショウが7月の頭に行われたが、なんとも言えない内容であった。まず、クリス・ブラウンを許そうというムードに溢れ、今年はヒットがないのにベスト・R&B・アーティストを受賞、マイケル・ジャクソンのトリビュートにフューチャーされたり、出番が不自然に多かった。……[

next

What the deal is from No.328

ワールド・カップ、NBAのファイナルとスポーツ・ファンには忙しい昨今ですが、セルティックスとレイカーズの結果を待たずに原稿を書いています。しかし、かつてのデトロイトとレイカーズ戦を思い起こさせるストーリーがある決勝となり、久々にバスケに入れ込めました。……[

next

What the deal is from No.327

なんとも不吉な地球です。アイスランドの火山の噴火にはじまり、メキシコ沖での石油流出、昔なら飢饉が起きる前兆な訳ですよ。これをネタにまたどっかの種会社がのさばらないといいのだけど。……[

next

What the deal is from No.323

という訳で、新しい年代の始まりだが、世の中の進歩とは違って、全く本国アメリカでは進歩のないヒップホップでした。個人的には、全く好きになれないが、カニエが面白い発言をしていた。……[

next

What the deal is from No.322

暖冬と思いきや、12月に入りいきなり普段のNYの冬となりました。皆様いかがお過ごしでしょうか?……[

next

What the deal is from No.321

VH1なるアメリカのケーブル・テレビ局が毎年、『Hip Hop Honors』なる特別番組をやっている。まあ、タイトル通りいわゆる名球会とか、殿堂入りのノリなのだが、今年はヒップホップのレーベル、デフ・ジャムの25周年を記念したものとなった。……[

next

What the deal is from No.320

秋をすっ飛ばして既に冬な感じのNYですが、皆様いかがお過ごしでしょうか? この号が発行されている頃には、今のNY市長選が終わっていると思うのですが、まあ誰がなってもここまで腐ったリンゴはどうにもならないという話です。……[

next

What the deal is from No.319

あれからもう8年経つとは個人的には信じがたいが、9/11に殉職したNY市警と消防署の職員達と遺族の為に、ジェイZがベネフィット・コンサートをマジソンスクエア・ガーデンで9/11に行った。どういういきさつでそうなったのかは不明で、予測と噂が飛び交っているが、司法取引ではないらしい?……[

next

What the deal is from No.318

残暑お見舞い申し上げます。   丁度、この原稿を書き上げ、帰国していますが、芸能人の麻薬汚染でメディアはすごいことになっていますね。アメリカだと、"悪いパブリシティは存在しない"という言葉がよくセレブの間で使われていますが、日本はどうなんでしょうか?……[

next

What the deal is from No.317

雨期が終わり、初夏らしくなったNYですが、さすがに雨が続くと出不精になり、野外のイヴェントも今年はダメージが大きかった。スニーカーを犠牲にしてまで、雨天、泥まみれでも見たいアーティストは中々居ないか?……[

next

What the deal is from No.316

5/30に、ダウンタウンはサントスでDJクール・ハーク、KRSのブロンクス2世代のショウが行われた。相変わらずスタミナ自慢のKRSの長尺のショウはPファンク並みだったが、ヒップホップがサウンド・システムをルーツとする事すら知らない現代のファンに、ハークが60年代ソウルから、どうビート文化が進化したのか、セットで見せつけた?……[

next

What the deal is from No.315

最後の孤高、キューバのフィデル・カストロ議長が退任し、バラク・オバマ就任も加速の要因となり、アメリカ市民のキューバへの渡航の自由化が進みそうだ。……[

next

What the deal is from No.314

(U KNOW)What the deal is   オハイオはクリーヴランドにあるロックの殿堂入りが、今年もまた盛大に行われた。とっくに殿堂入りしていたと思っていたランDMCが、その栄誉に今年輝いた...……[

next

What the deal is from No.313

まだまだ冬が続きそうなNYです。例年だと4月の末まで雪が降るのですが、今年は寒波もあり、豪雪が続いた冬らしい冬でした。最近は暖冬が続き、雪のNYも楽しめなかったので、個人的にはあのドラム缶で、ストリートで火を焚いているのが好きなので満足な今年でした。……[

next

What the deal is from No.311

新世紀に入り、あっという間に十年近く経ってしまった感じがするのですが、今年もよろしくです。既に本誌では十年以上に渡って執筆させて頂いているのですが、ぐるっと見回すとNYも身辺も景色が相当変わっていて、時の流れとヒップホップを軸とした生活も予想していた事ではなく、驚くばかりです。……[

next

What the deal is from No.310

不況の波の中、いいムードは一切ないNYですが、原油価格がひと頃の三分の一になったにも関わらず、一度上がった物価は下がらないため、経済界が仕組んだ通りにはならず、消費者と共倒れにというシナリオは誰も予測していなかったのでしょうか?……[

next

top
columns

GO BACK

columns