« 2008年11月 | メイン | 2009年1月 »

2008年12月 アーカイブ

2008年12月22日

CHART from No.310

REGGAE 7" | REGGAE LP | REGGAE CD | REGGAE CLUB
HIP HOP 12" | HIP HOP LP | R&B | HOUSE | ABSTRACT

 
REGGAE 7

 
●LION MUSIC DEN(名古屋)052-953-1386
1. L.U.S.T. / Just As I Am (Born Music)
2. Marcia Grffith & Busy Signal / Automatic (Penthouse)
3. Rose Capri / Things In Life (Imperial House)
4. Stevie Face / Tell It Like It Is (Boot Camp)
5. Mark Ice / Good Morning Beautiful (Laud Records)
 
(1)今年最高のLover'sがカラー盤で遂にリリース!(2)数少ない現役老舗レーベルからアーバンなムードのナイス・ミディアム英BBCでヘヴィー・プレイ中!(3)デニス・ブラウン名曲カヴァー! Bはヴィヴィアン・ジョーンズのUK盤。(4)Hit曲08ニュー・ミックス、アーロン・ネヴィル名曲カヴァーIrieFMヘヴィ・プレイ中!(5)単発の歌物。ミックスはS・スタンレイでラジオでもプレイされてます。
 
●ROCKER'S ISLAND(大阪)06-6214-7565
2. L.U.S.T. / Just As I Am (Born Music)
2. Elephant Man / Sweep (Kings Of Kings)
3. Terry Linen / Better Man (Tad's)
4. Bounty Killer / They Don't Know (111 Productions)
5. Beenie Man feat. T.O.K. / Trapped (Money Tree)

(1)以前からヘヴィ・プレイされていた話題のチューンがお待たせ入荷! 実力派シンガー・グループの美声コーラスをご堪能あれ!(2)現場うけも間違いないエレのニュー・ダンス・チューン。ダンス好きは要チェック。(3)上質なミディアムを提供し続けるTad'sレーベルより人気美声シンガーのブランニュー。元彼女への愛を歌います。(4)不良の憧れ好調DJ番長!ゲットーの苦しみをしらないものへ。(5)01年大ヒットの "Buy Out" を思い出させるキャッチーなリディム "Money Tree" に乗せ人気アーティスト同士の注目コンビ!
 
●ORANGE STREET(新宿)03-3365-2027
1. Tony Roots / Sabath Meditation (Zion Gate Music)
2. Barry Issac / Jah Has Come (Reggae On Top)
3. Echo Roots / Heavy Pressure (Mad Mac)
4. Colour Red / Rise Up (Cultural Warriors Music)
5. Mystic Red Corporation / Fast Tracking (Mystic Red Corporation)
 
(1)裏面の女性Vo.と共にへヴィ・ロテ間違いナシのミディアム・ステッパー。(2) 久々のB.Issacは、ルーツ・サウンドに欠かす事の出来ないセラシアイ賛歌。(3) スウェーデン発ニュー・レーベル。重低音のフロアー直撃デジタル・インスト&ダブ。500枚限定プレス。(4) ヴェテラン・シンガーColor Redを起用し、トラック製作はDisciplesとまさに隙なし。(5) 99年以降リリースが途絶えていた同レーベルから突如ブランニューがリリース。ヘヴィ・デジタル・インストダブ。
 
 
REGGAE LP TOP 5
 
●REGGAE SHOP NAT(新宿)03-5337-7558
1. Alborosie / Soul Pirates (Forward)
2. Burro Banton / Buro (CSA)
3. Jackie Mitto / Rides On (Jamaican Recordings)
4. Jimmy Radway & Fe Me Time All Stars / Dub I (Pressure Sounds)
5. V.A. / Devil's Angel (Live Wire)
 
(1)ヨーロッパを中心にブレイクして以来初となるアルバム、待望のリリース! 音作り、DJスタイル共に今のジャマイカのアーティストとは一線を画する、イタリア出身、ジャマイカ在住のDJ。シングルでのヒット曲他、未発表曲も収録!古めのダンスホールやルーツが好きな方にも是非手にとっていただきたいLPです。(2)83年リリースのアルバムが再発!現在も活躍するヴェテランDJの初期作品。Junjoプロデュース。(3)知られざる音源を多数収録した好盤。(4)激レア・アルバム奇跡の再発!(5)80年代初期のレア音源。※お正月セール開催予定!詳細はHPをチェック!
www.ns-nat.ne.jp
 
●DRUM & BASS RECORDS(大阪)06-6211-1044
1. The Skatalites / Stretching Out Vol. 1 (Roir)
2. V.A. / Dancehall The Rise Of Jamaican Dancehall Culture Vol. 1 (Soul Jazz)
3. V.A. / Dancehall The Rise Of Jamaican Dancehall Culture Vol. 2 (Soul Jazz)
4. Jackie Mittoo / Rides On (Jamaican Recordings)
5. Johnny Osbourne / Truths & Rights (Studio One)
 
(1)1983年にカセット・テープのみでリリースされた伝説のライブ音源が遂にアナログ・リイシュー!(2)、(3)レゲエ好きにもお馴染みの英国Soul Jazzからの初期ダンスホール・コンピがアナログ2枚組で二種類が登場。今なお現場でパワー・プレイされるファウンデーション・チューン満載! 同時に出たレア写真を含む書籍と共に要チェック!(4)レゲエ史に名を残す天才「キーボード・キング」がBunny Leeとタッグを組んだ70年代の音源集。(5)偉大なるダンスホール・マスターがStudio Oneに残した唯一のLP。当店ベスト・セラーの一枚。 ※ポッド・キャスト、パイレーツ・チョイス毎週日曜日アップデートwww.drumandbass-rec.com / www.rock-a-shacka.com♪
 
 
 
REGGAE CD TOP 5
 
●TOWER RECORDS(渋谷)03-3496-3661
1. V.A. / Strictly The Best #39 (VP)
2. V.A. / Wonderful Smile (Ska In The World)
3. V.A. / Dub I (Pressure Sounds)
4. Alton Ellis / Live Wiyh Aspo (Ska In The World)
5. Vybz Kartel / The Teacher's Back (Victor)
 
(1)コレを聴かねば年越し出来ぬ!最新ヒットだけの最強コンピ!(2)カツオ氏選曲コンピが予想通り大ヒット中!プレゼントにも最適で〜す。(3)遂に発売解禁となったDUB史上最高のアルバム!文句無しにかっちょいいー! (4)惜しくも亡くなってしまった巨星のライブアルバム!久々の再発に感謝!(5)ご存知スティーブン・マクレガー完全プロデュースの新作!カーテル節は健在!
 
●HMV(渋谷)03-5458-3411
1. Vybz Kartel / The Teacher's Back (Victor)
2. V.A. / Strictly Dancing Mood Vol.1 Future Ragga Sessions (Part2 Style)
3. V.A. / Strictly The Best Vol.39 (VP)
4. Dub Colossus / In A Town Called Addis (Reak World)
5. V.A. / Arriba La Cumbia (Vivo)
 
(1)知能犯な匂いのする バッドマン!? 期待の新作!(2)テーマは“Future Ragga”! 新鮮で斬新、シーンに新たな光が!? 3)冬と言えば…そう、コレ! VPの名物シリーズ第39弾! 歴史を感じます。(4)05年公開の映画『ブロークン・フラワーズ』で一気に注目されたエチオピア音楽+ダブ!面白い!! (5)南米の大衆音楽、「クンビア」のMix CD。ジャマイカ音楽に通じるそれは新しい風を感じたい方に是非トライして頂きたい。
 
REGGAE CLUB TOP 5
 
●CLUB JAMAICA(西麻布)03-3407-8844 Selected by Club Jamaica Crew
1. Romain Virgo / Love Doctor (Penthouse)
2. Romain Virgo / Tribute To Alton Ellis (Nobody Knows)
3. L.U.S.T. / Just As I Am (Born Music)
4. Busy Signal / Trading Places (Juke Boxx)
5. Mr.Vegas / Round Of Applause (Kirkledove)
 
(1)2ヶ月前に紹介したMarcia Griffiths & Busy Signalの "Automatic" と同じリディム! このリディム、サウンドシステムでプレイするとムチャクチャ気持ちよいです! 大推薦!(2)同じく今後注目のRomain VirgoによるA.Ellisメドレ〜! クラジャマ・エクスクルーシヴです! (3)やっと出ました。(4)"Nylon" リディム!(5)全部歌物になりそうだからこれ入れておきます! ※今年も宜しくお願いします!
  
●JADE(札幌)011-520-1015 Selected by Green Peace"Mac"
1. Serani / Make Money (Star Kutt)
2. Beenie Man feat T.O.K. / Trapped (Bomb Rush)
3. Elephant Man / Bad man She Want (Loony Bin)
4. Munga / Mourning In The Morning (Fresh Ear)
5. L.U.S.T / Just As I Am (Born Music)
 
(1)最近ヒット・チューンを連発しているStar Kuttレーベルから絶好調のSeraniがリリース他にも豪華メンツが勢ぞろい◎ (2)久々の2大コンビネーション・チューン!!爽快なトラックに乗せてビーニ節も炸裂してます!! (3)すでに現場ではヘヴィ・プレイ中ですが、レコード・リリースは最近です。改めてレコードで聞くのも良し、Goodリメイク・チューン◎ (4)こちらも好調のMunga、トラックもイカツイ感じでBaddd!!です、他にもVybz Kartelなどもリリースしてます。(5)やっとリリースされました、ジャマイカのラジオなどでもヘヴィ・プレイ中! Lukie D、Thriller U、Singing Melody、Tony Curtis、からなる4人グループこの4人の美声には聞き惚れてしまいます、おススメです!!
 
●CLUB I to I(大阪)06-6252-4201 Selected by Dodge from Killasan Movement
1. Demarco / There For You (Juke Boxx)
2. Busy Signal / Nuh Bwoy (Star Kutt)
3. Elephant Man / Come Bruck Dis (B-Rich)
4. Nadine Sutherland / Through It All (40/40)
5. Courtney John / Miss You (Stereophonic)
 
(1)Juke BoxxのBrand New ''Nylon'' trk。カルチャー系のオシャレなオケです。Tarrus RileyなどもGood!! (2)Star Kuttからリリースのイケイケの "Big League'' trk。疾走感のあるド派手なオケ。中でもBusyをPick Up!! (3)MCハマーでお馴染みのメロディを使った ''Touch This'' trk。オケにバッチリはまってます。さすがEle。(4)レンキーがプロデュースした1曲。楽しげなオケにヴェテラン・シンガーが絡む個人的にオススメしたい1曲。(5)ほのぼのしたオケに甘い歌声で歌う極上のラブチューン!!
 
 
HIPHOP 12
 
 
●Dance Music Record(渋谷)03-3477-1556
1. DJ Cam / Underground Live Act (Inflamable)
2. Baron Zen / Rhythm Trax Vol.3 (Stones Throw)
3. Waxolutionists / Flashlights (Sunshine Enterprises)
4. Illa J / Yancey Boys (Delicious Vinyl)
5. The Pharcyde / Runnin - Philippians rmx (Delicious Vinyl)
 
(1)「青カム」、「赤カム」とメガ・ヒットを連発中のDJ Camがここへ来て、1995年にCDのみでリリースしたライヴ音源をアナログでリリース。(2) Stones Throw主宰のプロデューサー/DJ、Peanuts Butter Wolfがその名を名乗る以前、一人でやっていたニュー・ウェーヴ〜ディスコ宅録ユニット、Baron Zenが「Rhythm Trax」シリーズ第3弾に満を持して登場。(3) WaxolutionistsがDJ Vadimをリミキサーに迎え、Sunshine Enterprisesより放つ至極のナンバー。 (4)J Dillaの実弟Illa Jが先日リリースされた先行12インチ収録の2曲を含む、計14曲入りのデビュー・アルバムをDelicious Vinylよりドロップ。(5) まだまだ勢い衰えないPhilippians作のニュー「Runnin」。
 
 
HIPHOP LP TOP 5
 
●TOWER RECORDS(梅田大阪マルビル店) 06-6343-4551
1. Q-Tip / The Renaissance (Universal Motown)
1. Q-Tip / The Renaissance (Universal Motown)
2. Volta Masters / Nu Christmas Club Classic (Revolution Records)
3. V.A. / In Ya Mellow Tone 2 (Goontrax)
4. Kanye West / 808's & Heartbreak (Def Jam)
5. T.I. / The Paper Trail (Atlantic)

(1)Hip Hopレジェンド、遂に再始動!! 全世界が待ちわびた、9年ぶりの2ndは聴いた瞬間、脳天直撃です。(2)タワー限定!! 冬の定番ソングをヴォルマス色に演出したハートウォーミングなクリスマス・アルバム。(3)オシャレさん必携! 極上メロウビーツの大洪水やぁー!! (4)ファン驚愕の全編歌モノ。期待と不安が交錯しましたが、やっぱり彼の才能は底が知れません!! “天才”の一言。(5)キャリア絶頂で、突然の逮捕&服役。今後のHip Hopシーンに多大な影響を与えるであろうこの事件、いちファンとしては早期の出所を心から願い、次回作に期待!!
 
 
R&B TOP 5
 
●DISK UNION ONLINE SHOP hiphop@diskunion.co.jp
1. Ne-Yo / She's Got Her Own Things (Def Jam/IDJMG)
2. India Arie / Chocolate High (Universal Republic)
3. The Dream / Rockin' That Thang (IDJMG)
4. J. Holiday / It's Yours (Capitol)
5. Ciara / I'm On (Zomba)
 
(1)一応「Miss Independent」のリミックスですが全くの別の曲です。透明感溢れるスロウ・ジャム。Jamie FoxxとFabolousが参加。(2)Musiq Soulchildが参加したオーソドックスなネオ・ソウル。デビュー当時を思い起こさせます。(3)今最も神がかった人。目新しさとポップさのバランスが絶妙です。(4)ミリオンヒットとなったLloydの2ndアルバムの中心人物Jasper Cameron&Big Reeseのコンビが手がけた新曲。(5)エレクトリカルなアッパー・チューン。アルバムはこのままお蔵入りなのか?
 
ABSTRACT TOP 5
 
●DISC SHOP ZERO(世田谷)03-5432-6129
1. Bo Marley Vs Disrupt / Bauhelm (Jahtari)
2. V.A. / Part2 Style Presents Strictly Dancing Mood Vol.1 -
Future Ragga Sessions - (Part2Style)
3. Random Trio Presents Cyrus - White Sand (Southside Dubstars)
4. Ocote Soul Sounds And Adrian Quesada - La Reja (ESL)
5. Unknown / Chase The Devil (Dubby)

(1)本当に火が着いたライプチヒ発のダブ〜コンピュータライズド・クルー最新シングル。(2)日本が誇るコンピだと思います。コレがZeroの考えるレゲエ!(3)レゲエ〜ダブの影響をダブステップに上手く落とし込んだ3曲入り。未来が。(4)Nickodemus、Chico MannというZero人気アーティストによるリミックス収録。ダビー・オーガニック・グルーヴ。(5)あの曲をダブステップに。  下北沢駅南口徒歩2分。ミスド裏手路地。通販可 
www.discshopzero.com★携帯割引クーポン有★
 
RINGTONES TOP 3
 
●REGGAE ZION http://reggaezion.jp/
International
1. Elephant Man / Nuh Linga (VP)
2. Munga / Auto Tune (Koyashi)
3. L.U.S.T. / Just As I Am (VP)
 
(1)北京五輪金メダルのボルトが魅せたダンスでお馴染みのビッグ・ダンス・チューン!! (2)待望のファースト・アルバムからジャマイカを初めとし、大ヒットを記録した衝撃のバッドマン・チューン!! (3)現場では既に定番!!ポジティブ・ヴァイブスに溢れた美しすぎるミディアム・ソング!!
 
Domestic
1. Tak-Z / 空も飛べるはず (Ki/oon)
2. Kenty Gross / Bun Ban Bounce (Victor)
3. Spicy Chocolate x Ken-U / この道を part II feat. AK-69 (Tokuma Japan)
 
(1)スティクリ制作の "Far East" に乗せ、スピッツの名曲「空も飛べるはず」をカヴァー。コンピレーション・アルバム『Di VIBES』の新録曲。(2)ニュー・アルバムより現場で流行間違いなしのKenty G流のニュー・ダンス・チューン!! (3)Hip Hopシーンから正統派ギャングスタ・ラッパーAK-69を迎えた強力テイク!!
 
●Music.jp http://music.jp/
International
1. Che'Nelle / First Love feat. Lecca (EMI)
2. Sly & Robbie / All I Want For Christmas Is You (Universal)
3. Da'ville / In Heaven (Music Airport)
 
(1)大ヒット・リディム "Calabria" に、今は亡き伝説の歌姫の歌声!!モロ押し1位!! (2)本年度の新人で最速100万DLを突破したLil'Bのヒット曲もスライの手にかかればラガ風味に!? (3)懐かしさ満点!! アホなフレーズで着うた大ヒット!!
  
Domestic
1. Infinity 16 welcomez Minmi, 若旦那, Han-Kun from 湘南乃風, Goki
/ Dream Believer 〜星に願いを〜 (Universal)

2. Chehon / 韻波句徒 -ragga ragga ragga- (BMG)
3. Munehiro / Super Woman (Universal)
 
(1)Dream Loverのアンサー・ソング♪ 夢を追う人、夢追い人を思う人、への応援歌!! (2)浪花節のキラー・チューン!! (3)ちょっと大人でファンキー!! ポジティヴ・ソングです。

ISLAND EXPRESS from No.310


"DAGGERIN""
Text by Reiko NAGASE SMITH
 
男と女が全裸的セミヌードで、ベッドで抱き合ってる写真。よーく見るとAh Di Teacher、ヴァイブス・カーテルじゃないの。そのタトゥーだらけの細い腕にからまってるのはAnd Ah Spice、女の子DJのスパイス。ホンモノ。なにこれっていうと、ふたりのコラボ・チューン「Ramping Shop」のプロモート写真だそうな。
 
Ramping Shopっていうのは見たこともないけど、「お遊び小屋」とでもいうのかな。RampってパトワでPlay、遊ぶとかふざけるとかいう意味。Nuh ramp wid miで、ふざけないでよ。
このチューンの歌詞ときたらのっけから、Mi XXXXX longer than mi knife
ってのをさらっとうたってくれるカーテル。まるでInna mi Curl Canaiとおんなじ調子で。
 
Tell mi what you like you want mi try or you know how fi ride it like a bike.
 
スパイスは、いつもと同じリキのいれかたで、テレもてらいもない。
 
Well, you know how fi rum it hard di XXXXX nah fi lie damage it fi Spice not cause mi xxxxx tight.
 
うーん、こんなのがストリートで堂々とかかってる。真昼間から。いいのかなー。ダンスもダガリンだし、年端も行かない子供が一緒になって踊ってるし、そんな子供見て大人は喜ぶし。

 
言い遅れましたがダガリンってずばり、セックス行為のことをさします。カーテルは今年、その名も「Daggerin」、のコンドームを発表した。昨年のラム酒につづく自身のプロデュース製品第二弾。セーフ・セックス、エイズ撲滅に一役かってるわけです。
 
ジャマイカのエイズのキャンペーンはどきりとさせられるものが多い。HIV保持者がTVに出演したりする。

 
このように、あからさまなセックス表現をしたり、あいさつのようにナンパしたりする。ここは恋愛天国。犬も歩けば恋に当たる。
 
トロピカルな国だしセックスに解放的、エキゾチック(そうか?)だな、というイメージを放つけど、実際には妙に保守的な部分をかかえるジャマイカ。とくに当のジャマイカ男性がだれよりも保守的、という矛盾にかならずとまどうにちがいない。
 
そんなところを掘り下げて、ジャマイカを理解しようとする本が発売された。『ボーン・フィ・デッド』日本語訳の森本幸代さんの新刊、『LT1 ジャマイカの性』。
 
ジャマイカを語るのにはずせない、ジェンダー(男性女性のちがいについてのありかた)についてを語っています。この分野で有名なジャマイカ人の著者の書き下ろしと、エンターテイナーらのインタヴューで、森本さんが翻訳をしており、英語と日本語両方で読めるという画期的な本です。

 
レゲエ(ダンスホール)からはいってジャマイカを好きになり、生身のジャマイカ人と恋におちる女子や男子を、レゲエとジャマイカと恋愛がワンセットになってちがう世界にひき擦りこんでいく。そうしてすぐにこの、ジャマイカがもつ矛盾にぶちあたる。
 
ジャマイカにはいろんな顔があって、できれば一面だけじゃなく、何面かのジャマイカを知るっていうのも面白い。
 
Fulljoyダンスホール、Enjoyセーフ・セックス! Nuh ramp wid it.
 
★ricoのジャマイカArt Life → www.ricoart.com
★ricoのスケッチ・ダイアリ→ http://ricoart.exblog.jp

PlAY IT LOUD from No.310

STRONGER / FANTAN MOJAH
[GREENSLEEVES / GRE2002 / 輸入盤]
彼のデビュー・アルバム『Hail The King』(05年)は当時の心境と響きあったのか頻繁に聴いたので思い出深い。3年振りとなる本作は『Reggae Gold』の最新作にも収録されたタイトル曲やリリース済みの曲を始め、彼ならではの独特なメロディ・センスと歌唱方法によって心にひっかかる曲が多い。シンガーとしてのスケール感が増した分、アルバムとしてもやや重くもあるが、じっくりと腰を据えて聴くべし。(大場俊明)
 
THE HITS / Mr.VEGAS
[GREENSLEEVES / GRE2000 / 輸入盤]
「横浜レゲエ祭2008」でそのジャマイカンど真ん中なエンターテイメントを体験してしまった人も多いだろうMr.Vegasの約10年間のヒット曲、代表曲を18曲チョイスしたまさにベスト盤。つまり「Heads High」「Nike Air」から「Tek Weh Yuhself」辺りまでが詰まっているということ。彼のステージ同様、突き抜けるような陽気なDJスタイルで突っ走るが、「Do You Know」のような"歌"もいいんですよね。(大場俊明)
  
WARRIORS OF LIGHT / MO'KALAMITY
[ L'ASSOSPIQUANTE / MK001 / 輸入盤]
西アフリカはセネガル沖のカポ・ヴェルデ島出身、フランスで育ったモ・カラミティの作品。バックは彼女と共に年間何十本ものライヴをこなすThe Wizardsによる生演奏。ソリッドな演奏に乗せて深みのある妖艶なアルト・ヴォイスで叙情を込め歌い上げるコンシャス・ルーツは聴く者を暖かく包み込む。ワン・ドロップ中心の演奏が彼女のしっとりとした歌にツボ。ライヴを見たい、と思わせるアーティストである。(楳原豊人)
 
TEN STRINGS / TUFF LION
[I GRADE / IGCD19]
全編に渡りブルース・フィーリングを醸し出すエレキ・ギターが主役のインストゥルメンタル作品。10本の指が爪弾く弦の音色は研ぎ澄まされている。ジャズでもなく、オーガニックでもないギター弾きのレゲエだよ、気にならないかい? ルーツに根ざしたスタイルに固定観念を打ち破る発想が加味されて新鮮ですたい。サックスマンのブロウと同じくギタリストの振動がカツオにビビーンときた、聴いて欲しいねん盤。(磯野カツオ)
 
STEP FORWARD / NEW YORK SKA-JAZZ ENSEMBLE
[BRIXTON / BR026CD / 輸入盤]
スカとジャズのミックスなら彼らにお任せです。スカは大所帯がいいわよね。スカを知り尽くした集団やから切磋琢磨、ほんま切れのあるバンドや。Ska-Jazzというネームに嘘はない。軽快なテンポで進んで行く展開に身体も心も躍りだす。熟成した大人のサウンド、いかがでしょうか。ロマンチィックなメロディの曲も沢山あるんですよ。ビッグ・バンド・ジャズを思い浮かべつつ現在進行形スカ、お薦めだぞ。(磯野カツオ)
  
REALITY SHOCK VOL.1 / V.A.
[REALITY SHOCK / RSRCD002 / 輸入盤]
マイキー・マルカ「War」のヒットで話題となった同レーベルから未発表曲を含むアルバムがリリース。M.マルカは勿論、ルーツ界の大御所プリンス・アラ、アール16、マッカB、そしてエロール・ベロット、ディキィシー・ピーチ等、顔ぶれは豪華絢爛。UKルーツ・ファンにとってアクア・リーヴァイの収録曲が嬉しい。ミックスはラスDを中心にUnitoneのリューベン・アディス等で、こちらも美味しい顔ぶれ。(楳原豊人)
 
バッド・フロム・ミ・ボーン/ムンガ
[コヤシ / KHCD-0015 / 国内盤]
「ギャングスタ・ラス」やっと!のデビュー盤。'99年よりCapletonのもと地道に錬磨してただけあって、'05年の"Sweat"Riddimで頭角を現すや否や力強く隙のないDeejay、オートチューン使いのSingjayとメリハリのある巧みなスタイルでボス・チューン連発。打率高いのに、作品になると「?」になりがちなDJが多い中、ダン・カーレオンとの4年間の強固なタッグはやはり抜群。この滲んでる土クサイ感じがいいんだな。(遠井なつき)
  
ベスト・オブ・シャギー〜ザ・ブンバスティック・コレクション/シャギー
[ユニバーサル / UICO-1160 / 国内盤]
「おぉキャロライナ!!」に代表されるヴァージン時代のチューンばかりを収録したベスト盤は何枚か存在していたが、本作はそれらにMCA/ゲフィン、VPからのビッグ・チューンも織り交ぜた、シャギーの音楽活動をきっちりと俯瞰できるベスト盤。何よりも選曲を含めトータル的にバランスがいいというのが本作の重要点だと思う。彼が何故世界的にもローカル的にもスーパー・スターであり続けるのかがよく分るから。(大場俊明)
 
イン・ア・タウン・コールド・アディス/ダブ・コロッサス
[ライス / PPR-379 / 国内盤]
エチオピア音楽とダブの融合がスリルで新たな刺激を呼ぶ瞬間に立ち会える作品です。アフリカの旋律と普段レゲエでは聴く事の少ない楽器編成、されどカツオはレゲエに聴こえ、感じたのさ。演奏に更なるエネルギーを降り注ぐのは歌い手のこぶしだ。声の力に圧倒されるよ。何の加工も施さない地の声の素晴しさを再認識させられた。気持ちが高まっていくその土地でしか出せないオリジナル・レゲエでっせ。(磯野カツオ)
 
ソード・マン〜PAPA B 20THアニヴァーサリー・エディション/パパ・ボン
[コヤシ / KHCD-016 / 国内盤]
88年にマイクを握り始め、それを頑固に離さなかったからこそ今現在のPapa Bが存在している。その彼が今振り返ればその活動における中間地点にあたる98年にリリースした本作は、当時の日本のダンスホール・レゲエのひとつの到達点を表していた。今聴けば端々に詰めの甘さはあるが、それを補うほどの強烈な想いと斬新なアイデアが詰まっているし、何よりも聴くべき名曲が幾つも入っているのだから必携である。(大場俊明)
 
ソング・フォー・ユー/ACCO
[スリー・トゥリー / TTM-001 / 国内盤]
最初はR&Bシンガーとして活動を始めたようだが、レゲエの現場を幾度となく体験するうちにレゲエ・シンガーとして再スタートを切り約3年が経つACCOによるファースト・アルバム。既に幾つかのコンピ盤やPace Makerのダブで気になっていた読者もいるだろう。下町育ち故の彼女の朗らかな性格と負けん気の強さで強者ミュージシャンも多く巻き込んだ本作は、「レゲエを歌いたい」という彼女の想いがよく伝わる佳作。(大場俊明)
 
FM802 ナッティ・ジャマイカ・プレゼンツ・ランキン・タクシー・ミーツ・キング・ジャミーズ/V.A.
[Aチーム / ATCD-10010 / 国内盤]
ごく限られた範囲でしか聴けないFM局で流れた番組でありながら、その影響力は絶大だった...というのは今現在の関西の状況を見渡せば一目瞭然。89年にFM802が開局して以来の長寿番組のひとつ「Natty Jamaica」。ナヴィゲーターは勿論ランキン・タクシー。本作は今後全5タイトル発売されるという"King Jammys Series"の一発目。ランキンもこの番組でへヴィローテーションだったと思われる名曲がぎっしり。(大場俊明)
 
イ・アム...サーシャ・フィアース/ビヨンセ
[ソニー / SICP-2078〜9 / 国内盤]
2年ぶり3作目となるソロ作。2枚構成の1枚目で驚かされるのは、そのアコースティックなサウンドの手触り。これまで進取に富んだビートでトレンドを切り開いてきた彼女が、歌とメロディだけで直球勝負してきているのだ。しかしながら、自らの別人格を前面に出したという2枚目では、アグレッシヴなビヨンセ・ワールドが全開。その堂々たる流儀には、シーンを再度揺さぶるに充分なパワーが漲っている。(石澤伸行)
 
エヴォルヴァー/ジョン・レジェンド
[ソニー / SICP-2074 / 国内盤]
2年ぶりの3作目。タイトルが示す"進化"の度合いは、主に音作りに表れているかも。自らが制作に関わる場面を絞り、カニエやウィル・アイ・アムといった常連やトレヴァー・ホーンといった畑違いの個性派クリエイターたちに委ねることで、エレクトリックな手触り等、新機軸が前面に。でも、異ジャンルとの交歓は今に始まったことではないし、暖かくもどこか寂しげな歌声は、彼の持ち味として光っている。(石澤伸行)
 
ジェニファー・ハドソン/ジェニファー・ハドソン
[BMG / BVCP-24147 / 国内盤]
映画『ドリームガールズ』で圧倒的なまでの歌唱力を披露していた彼女によるデビュー作。ここに至るまでの道のりには、リリースの遅れや家族に降りかかった悲劇等、まさにいろいろあった彼女だが、ここに収められた歌声は、そんな経緯も込みで力強く響く。ニーヨ、ティンバランド、ミッシーら大御所勢がこぞって、この大きな才能に敬意を表しつつ、最高の仕事を提供することにより、壮大な歌絵巻が完成された。(石澤伸行)
 
愛サムシング・エルス/ロビン・シック
[ユニバーサル / UICS-1171 / 国内盤]
アッシャーやメアリー・J・ブライジらの作品に関わり、ピンとしても活動を広げるアーティストによる3枚目。ネプチューンズが主宰するスター・トラックからのリリースとなった本作だが、中身の方は当世レトロ・ヌーヴォーといった趣きで、70〜80年代のサウンドを巧みに消化しながら、しなやかで艶っぽい歌声を乗せていく手法は、まさにオトナのツボつきまくりといったところ。香り立つ音楽に酔うべし。(石澤伸行)
  
ペブル・トゥ・ア・パール/ニッカ・コスタ
[ユニバーサル / UCCO-2014 / 国内盤]
新生スタックスからの新作。デビュー以降一貫して、60〜70年代のソウルやロックのベクトルをイマに再現してきた彼女だが、本作のプロデューサーには、ベックを手掛けたジャスティン・スタンレーを起用する一方で、ドラムにジェイムス・ギャドソンを、キーボードにはジェイムス・ポイザーを招くという徹底振りを披露している。当然、仕上がりも生感覚に溢れ、ニッカ本人によるヴォーカルも躍動感たっぷり。(石澤伸行)
 
イマジン・ミー/レイ・アン
[トイズ・ファクトリー / TFCK-87457 / 国内盤]
UK出身の女性シンガーによるデビュー作。英国ヒップホップ界の雄、ファンキーDLとの共作となった本作には、90年代を彩ったヒップホップ・ソウルの残り香がそこかしこに漂い、好き者には堪らない作りになっている。ネタ感たっぷりのトラック群は、基本ジャジーに、時にギザギザとした波形を描き、そこに乗る彼女の歌声も、伸びやかな中に憂いを漂わせ、その表情はフェイス・エヴァンスを思わせる。美味盤。(石澤伸行)
  
WHERE WERE U IN 92? / ZOMBY
[WERK / WERKCD006 / 輸入盤]
Hyperdub等からひと味違うダブステップ〜ブレイクビーツを連発しているZomby。「92年に何処にいた?」というタイトル通りの90年代初頭のレイヴ〜ハードコア・ブレイクビーツ回帰の1枚。ダブステップ界隈でも流れのあるレイヴな感じとも、また単なる回顧主義とも違う"レイヴ再生"。ドラムンベースやグライム〜ダブステップと進化してきた英国クラブ・ミュージックの偉大な遺産が08年の耳にまた新鮮に響くはず。(飯島直樹)
 
SOUNDBOY'S GRAVESTONE GETS DESECRATED BY VANDALS / SHACKLETON & APPLEBLIM
[SKULL DISCO / WERKCD006 / 輸入盤 ]
ShackletonとAppleblimが運営し、音/アートワークも含め独自のスタイルを築いたSkull Discoのレーベル作品集第2作。ダブステップ・シーンを飛び越えた反響を生みながらリリースを重ねた6番から10番までの楽曲と、未発表を含むリミックスを2枚のCDに収録。2人の楽曲に加え、Pole、Badawi、DJ/Ruptureといったジャンルを越えた鬼才もリミックスを提供。レーベルの最終章を飾るに相応しい漆黒の深い内容に。(飯島直樹)
 
コンタクト/テレパス
[イエロー・バス / YB-434 / 国内盤]
フィラデルフィアをベースに生バンドでハウスやブレイクビーツのサウンドを再現するライブトロニカのシーンに属するバンドの2nd。アラブやインド風のサンプルを多用するキーボード奏者を中心に、レゲエやパンク、ジャズのバンドに参加していたリズム隊が生むサウンドは、レゲトン〜ダンスホール〜アフロビートの混ざり具合も絶妙で、珍しいグルーヴ。昨今のオーガニックなダビー・ブレイクビーツ物にも近い空気。(飯島直樹)
 
アイドル・フォレスト・オブ・チット・チャット/キニ−
[TRU THOUGHTS / ビート / BRTRU175 / 国内盤]
カナダ出身、ジャマイカとネイティヴ・インディアンのハーフ、キニーのソロ・デビュー・アルバム。クアンティック、ノスタルジア77、ヒント、TMジュークら、レーベルの看板プロデューサー7人が各々の個性を活かしたトラックを提供し、彼女の才能をプロデュースしている。ソウル、ファンク、ジャズ、ヒップホップ等、様々なスタイルのトラックの上で堂々と歌い上げる、現代のシャーリー・バッシーともいえる本格派。(飯島直樹)
 
カオス:1978-86/ウィキッド・ウィッチ
[EM / ビート / EM1080CD / 国内盤]
ゴーゴー全盛の80年代ワシントンDCにあって、バンドをやめ独り部屋に籠り音楽制作をしていたという奇才ウィキッド・ウィッチの発掘音源集。Pファンクとサン・ラとESGが涅槃でセッション、又はアーサー・ラッセルとフライング・ロータスが4次元で取引きした様なアシッドでサイケデリックな異形ファンクの連続。匂い立つジャケ通りにイルでサイコで圧倒的に黒い、黒すぎるグルーヴ。今こそ光るサウンドかも。(飯島直樹)
  
サイコー!! 電撃のクンビア!! / V.A.
[プランクトン / VIVO-354 / 国内盤]
様々なクラブやレーベルの立ち上げに関わり、ラテン〜アフロ〜UKエイジアン等を奔放にプレイするパーティも主宰するDJラス・ジョーンズ。以前にジプシー〜バルカン・ビートの素晴しいMixも発表したが、今回はクンビアの現在進行形を紹介。発祥コロンビアは勿論、メレンハウスやレゲトンで知られるアーティスト等、世界各地で生まれている共通したグルーヴを、ある意味外側にいるからこその感覚でセレクトしている。(飯島直樹)

ReCORDS & TAPES from No.310

Review by TAKASHI FUTATSUGI
 
 
MIX CD
 
1. Underground Forever / DJ Spinna (Octave)
ご存知「Lost & Found」シリーズのミックスCDタイトルもこれで早3作目。登場したのは、クロスオーヴァーなプロデュース・ワークで依然として人気の高いDJスピナ。ここでは、J-ライヴ「Braggin' Writes」からグレッグ・ナイス「Set It Off」まで自身も関わったトラックを含め、正に90sのNYアンダーグラウンド・クラシックス中心のセレクションで聴かせてくれる。ハウスのセットもイケる彼だが、ここではお約束とばかりに、いやそれ以上の“想い”を込めて2枚使いのお手本の様なシュアなジャグリング&カットを展開。いやはや流石の1枚。
 
ALBUM 
 
2. 808's & Heartbreak / Kanye West (Universal)
先行シングル「Love Lockdown」が公開された時点で、次のアルバムでは“ラップをやらずに歌っているらしい”と噂されていたが、実際届けられた本作は全編オートチューンによる“変声(へんごえ、ではない)”が施された歌モノ、となっている。このアルバムは来日時にも仲の良さを思わせた彼の亡き母に捧げられたもので、その意味でもコンセプチュアルな作品、として捉えられるだろう。決して上手くは無いがラップの時よりも幾分エモーショナルなその歌表現は、ウィージーやジージーにG.O.O.Dの新星キッド・カディらとの絡みでも活きている。ここでも“彼”は本気、だ。
 
3. Universal Mind Control / Common (Universal)
真のアルバム・アーティスト=コモンの8作目。延期&タイトル変更で発表された本作は、前2作のメイン・プロデューサーで所属するG.O.O.Dの代表=カニエの制作関与は一切なく(コーラスで1曲参加)、ネプチューンズが大半の楽曲を手がけた「エレクトロニックなサウンド」にこだわったスーパー・ソニックな1枚となっている。フロア受けも良かった表題曲でも、オールドスクールからの引用を含めたアッパーなラップを見せる彼は、ソウルフルと形容された前2作を踏まえてのこの若干の路線変更は納得のいくもの。やはり彼はクリエイティヴなMCだな、と。
 
4. Theater Of The Mind / Ludacris (Universal)
ラッパー、レーベル・オーナーだけでなく、役者としても成功している彼のメジャー6作目は、そのキャリアの集大成となる、タイトル通り“映画”の様な1枚に仕上がっている。そのコダワリはfeat.表示を“co-starring”に、Produced byを“Scored by”とクレジットしていることからも判るだろう。最高の武器と思われた笑いの要素をそぎ落としたのは前作同様だが、プロデューサーのラインナップ(ドン・キャノンからプレミアまで)、そしてゲスト(クリス・ブラウンからNasまで)の多さはこれまでで1番、かと。スパイク・リーに捧げたコモンとの「Do The Right Thang」の様な解かりやすいトリビュートも。
 
5. The Ball Street Journal / E-40 (Reprise/BME)
ハイフィーというムーヴメントを生み出したベイエリア・シーンのドン=E-40の、リル・ジョンとの共同戦線シリーズ(?)最新作。息子のドゥループ・Eからリル・ジョン、リック・ロック、JRロテム、ボスコ、DJナスティ&L.V.M、T-ペインといった旬なプロデューサー陣を招き、ターフ・トークからショウティー・ロー、エイコン、ゲーム&スヌープ、トゥーショート、バン・B、グッチ・メインといった全方位的なゲスト勢がほぼ全曲に現れる構成も、オリジナリティの高いスキルフルなラップが売りの彼の世界観を歪めるものではない。美麗曲もあれば、アイス・Tとの“あの曲”もアリで楽しめる。
 
6. Yancey Boys / Illa J (P-Vine)
故J・ディラがファーサイドのプロデュースを手がけていた90年代中盤に“デリシャス・ヴァイナル”に残した音源、ビーツは違う形でも公開されていたが、こういった形でのリリースを待ち望んでいたファンも多いのでは? キッド・サブライムとのコラボでも知られるJ・ディラの実弟=イラ・Jのデビュー・アルバムがそれ、だ。兄が同レーベルに残した40曲近い未発表曲群を厳選し、「95年のヴァイブス」でラップした、という本作は、ファーサイドやスラム・ヴィレッジ辺りを彷彿とさせるトラックもあり、グッとくる要素がそこら中に。「R U Listenin?」で引き込まれた人は間違いなし。
 
7. α / Olive Oil (File)
インスト・ファンをKOした『Spring Break』から僅か10ヶ月で届けられたジャンルを越えて評価される鬼才ビートマスターOlive Oilの変則的な最新作。そのリリース後に行なわれた全国ツアー中に生まれた新曲や未発表曲、El Ninoとしてリリースした「Re Revolution」と同ネタ・インスト・ピアノ・ヴァージョンや名曲「Pianity」の続編、また盟友FreezとMSCのTaboo1との初のコラボ曲等のインスト〜ラップ曲を搭載し、不思議なまでの統一感で聴かせる16曲入の本作は移動中に最適(?)な内容。実弟Popy Oilによるアートワークも実に刺激的。
 
8. Live Alternative / Illmatic Hearts Club Band (Ill Dance)
今年の本誌アワードにも挙がったB.I.G Joe率いるMic Jack Productionのメンバーを中心に、B.I.G JoeがMJPの1stで提唱した“地下研究所”というコンセプトの下、レーベル=ill dance music.がその無観客即興ライヴを音源化。07年、MJP、North Smoke Ing、Ciazoo、Kei他、ill dance music.と札幌に関わる、MC、DJ、トラックメイカーらが、ありとあらゆる楽器や機材、音源&初期衝動を持ち寄り自然発生的に生まれたこのバンドの「無限の(しかもRawな)世界」が如何なるものか。それは、自分の耳で是非とも確かめて欲しい。
 
9. Nipps presents Tetrad The Gang Of Four / Tetrad The Gang Of Four (えん突)
“緑の5本指”のレーベル復活? 神出鬼没、だが滅多にリリースしないレジェンド=Nippsと、B.D.(Black Talon)にGhostのVikn、Sperbという何れ劣らぬStreet Famous、4人の黒い忍者集団が初アルバムをドロップ。グループなのに“飛葉飛火がソロの時よりラップしてる!? しかも書き下ろしライム多目だって?”、“Buddha BrandのしかもD.Lのクラシック・ライムをデミさんがキックしてるって?”、その噂は全て……。部屋の中でもダウンを着たくなる様な、NYC産のKen Sport のヒリヒリした疾走感溢れるビートもいちいちグッとくる、何とも奇跡的な1枚。
 
10. 練マザファッカー / 練マザファッカー (D.Office)
東京いや全国各地の“Bなニオイ”のするストリートを「練り歩く」超個性派集団=練マザファッカーが発表したEP群の集大成的初アルバム。その顔役であるご存知オリジナル・ハーコー・メ〜ン!!ことD.Oを中心に、Pit GOb、Jashwon、bay4k、D-Ask、Big Ben=B.D、Shizoo、The LoyaltyのT2KにShy-P.O.P、Luck-EndのBig-Tと寿、というラッパー勢が次々とマイクをリレーする、そのスリリングさが“練マ”の魅力であり、練マのビートメイカー陣=Jashwon、K-Love、NYCのDJ無也らの「ひ練りだす」ストリート鳴り最高のビーツのフィット具合も言わずもがなかと。それにしても、チキン〜ならぬ「シジミソスープ」の味わいは未だ、最高!
 
11. Amida / Evisbeats (Amida Studio)
奇しくも韻踏合組合のHidaddy、Satussyが濃密な初ソロ作をドロップしたタイミングで、元メンバーのEvisbeatsより久々の「Amida堂便り」が届いた。ここ数年はオリジナルのインスト音源や、韻踏関係以外でもKrevaから般若までにトラックを提供したりと、極めてマイペースな活動を展開していたが、このアルバムはそのキャリアの一里塚的な内容となっている。問題作と言われながらも、その実クラシック的な輝きを持つ「般若心経Rap」から、茂千代とのセッションまで、時間軸がぐにゃりと曲がるような極彩色の楽しい音とラップの万華鏡。ハバナイストリップ!
   
12. こころ / 神門 (半袖バイブス)
全曲ラヴ・ラップだった衝撃の1stフル・アルバム『三日月』から約1年。独自の観点で聴衆に語りかける神戸のヤング・ジェネレーションMC=神門の2nd。その心象風景…マイク持つ者としての硬い意志、そして現実との葛藤、疑問と反省、回想と希望などなど、自分のすべてを曝け出したようなこのアルバムは、その痛いくらいの眼差しの強さと、筆致の強いリリックス、小細工とは無縁で感情の赴くままの素直なラップゆえか、最後まで聴く者の心を捉えて離さない。神戸の鬼才DJ Napeyによる全曲プロデュース作。

RAW SINGLES from No.310

Raw Singles
Text by Takanori Ishikawa
 
1. Elephant Man / Bad Man She Want (Loony Bin)
Shocking Vibes '94の大ヒット・トラック "Corduroy" リメイク・トラック。弾けるドラムも、アッパーなシンセリフのフレージングも原作に忠実な焼き直し。ただし、キーボード等でのポップな味付けがしてあります。ベッドで絶倫なバッドマンは女の子にモテモテだって感じの内容。
  
2. Mr.Vagas / Any Man (Loony Bin)
(1)と同じく "Corduroy" リメイクのジャグリン "Tear Up Jeans"。流れるようなシングジェイ緩急自在。「人の彼氏でもイケそうだったら迷わずいっちゃいな」と女性へ進言するリリックス。「人のものでも、遠慮はいらないぜ」と歌ってます。
 
3. Assassin / Warzone (Fresh Ear)
オリジナル・ジャグリン "Revolution"。ミリタントな打ち込みビートと、ドラマチック、煽情的なシンセが特徴。イントロには上空を飛んでいるかの様なヘリコプターのプロペラ音も。まるで戦場の様にバイオレンスが渦巻く地域の現実をDJ。
 
4. Busy Signal / Not Leaving You (Fresh Ear)
(3)と違って、それほど強面ではないジャグリン "Sexy Girl"。ベースレスのイントロから一貫してパーカッシヴなサウンド。オリジナリティ抜群でダンサブル。Hip Hopクラッシックス「Come Clean」のダンスホール・ヴァージョン風でもあります。「オレといつまでも一緒にいてくれよ」と女性に歌えるリリックス。
 
5. Bounty Killer / They Don't Know (III Productions)
今のところ、このトラックではこの曲のみのリリース。Hip Hop調のズッシリとしたオリジナル・サウンド。とにかくシンセ・ベースがド迫力、且つ、ソリッド。本物のゲットーの生活がどれ程ハードなものか、ゲットーの住民以外は理解していないとDJ、政府を攻撃。
 
6. Vybz Kartel / Bun Dem Skin Like Cigarette (Secret Records)
アグレッシヴなオリジナル・ジャグリン "World War"。かなり変則的なリズム・パターンを使っているが、これがまたイイ。ガンショット音を模した様なドラムがWicked。DJするのは難しいオケだと思うが流石はKartel。見事に乗りこなしています。「歯向かう奴らには遠慮せずブッ放すぜっ」なガン・トーク。
 
7. Busy Signal / Nuh Bwoy (Star Kutt)
ドラム主導、バスバラの強烈なアタックで前進するオリジナル "Big League" 使用。きらびやかで派手なシンセ類が飛び交う当レーベルらしい音作り。展開もスリリング。「オレは本物のBad Manだ、文句あるなら何時でも来い」ってリリックス。
 
8. Elephant Man / Hot Gal (Q45)
2Hardレーベルの2000年大ヒット "Play Ground" リメイク・トラック。メタリックで硬質なオリジナルの特徴をそのまま生かしたサウンド・リメイク。最近の性急さを感じさせるダンスホールとは異なり、スウィング感がありますね。ホット・ギャル・アンセム。
 
9. Da'Ville / Missing You Right Now (Fashozy)
軽〜い生演奏のミディアム・トラック。リムショットが心地良い軽快なノリは万人にウケそう。分かれた女性に「今も好きだよ、また一緒になりたい」と訴える内容。あくまで、ソフトに迫るのが(良くも、悪くも)彼らしい1曲。
 
10. Terry Linen / Better Man (Tad's)
現地FMでも以前からヘヴィ・プレイ中のチューン。Tyron Taylor「Cottage In Negril」リメイク・トラック。なので、ソフト&メロウ。シュガー・コーティング・レゲエだな、これは。「自分は昔よりもまともな男になったよ」と求愛する歌です。
 
11. Busy Signal / Trading Places (Juke Boxx)
アコースティック・ギター、シンセ・ストリングスがメロディアスに迫る "Nylon"。ドラム&ベースがビシっと締まっているので、おセンチなムードはありません。「アップタウンに住んでいる人達はゲットーに住んでみろ。ゲットー・カルチャーの本当の姿を知るべきだ」とDJ。
 
12. L.U.S.T. / Just As I Am (Born Music)
Lukie D、Thriller U、Singing Melody、Tony Curtisの4人が集まったグループですよ、因に。Singing Melodyのパートが素晴らしいが、各々それぞれに持ち味を出したマイク・リレーは出色の出来、純な男のラヴ・ソング。
 
13. Macia Griffiths & Busy Signal / Love Is Automatic (Penthouse)
オリジナル・ミディアム "Automatic。全編ほぼ生演奏のアーバンなサウンド。洒脱な女性バックコーラスが華を添える当レーベルらしい、しっかりとした仕上がり。オールドスクールなコンビネーションもキャッチー。愛する事に理由はいらない等々のリリックス。ラヴ・ソング。
 
14. Richie Stephens / Circle Jamaica (Penthouse)
Isley Brothersの名曲「Between The Sheets」のカヴァー。アーシーなE-Deeのシングジェイと話題の女性シンガーとのコンビネーション。いなたくてスウィートな異色作です。トラックも「Between The Sheets」を生演奏でレゲエ化したもので、ルーツ風味もあり。

UK REPORT from No.310

Photo & Text by SIMON "MAVERICK" BUCKLAND

Mike Brooks
 
Greetings Friends,
 
●僕はAlton Ellisの訃報を10月にかかってきたMike Brooksからの電話で知った。Mikeはその電話でいくつかのコンピレーション・アルバムをリリースする計画も伝えてくれた。その中にはBlacka MorwellやJah Lloydの他に彼自身の作品もあり、それらは全てAltonの7インチ「Got A Letter」をカットしたMikeのTeamsレーベルからリリース予定だそうだ。
 
●Beres Hammondが最新作『A Moment In Time』のプロモーションを兼ねたUKツアーを開始した。僕のお気に入りのヴォーカリストをステージで観ることができるのはうれしいのだが、Beresの最近のアルバムの出来にはあまり感心できない。彼は『Love Has No Boundaries』をはじめ、彼の実力が100%発揮されているとは到底思えないアルバムばかりを発表し、ファンを裏切り続けているのだ。『A Moment In Time』には“酷い”曲は入っていない一方、素晴らしいと思える曲もない。今のBeresは気が緩んでしまい、ソング・ライティングを単なるルーティーンにしてしまった結果、彼独自の良さを忘れてしまったかのように思える。『In Control』『Lifetime Guarantee』『Love From A Distance』など、彼がかつて生み出した傑作はエキサイティングで、新鮮味に溢れ、パワーが漲っていたものだ。それらは聴いていて鳥肌が立つくらいに情熱的なものばかりだった。Beresは最近のショーでヴォーカリストとしての実力は証明しているが、アーティストとしての価値は、それ以下でもそれ以上でもない。新たなプロダクション・チームによって彼の眠っている才能を再度目覚めさせる時が来たのかもしれない。
 
●Soul Jazzは『Dynamite!』シリーズや 質の高いStudio Oneのコンピレーションで知られているレーベルであり、雑誌などで紹介されることが多いのも前述のシリーズのものがほとんどだ。2008年にThe Ragga Twins のアルバムが同レーベルからリリースされたが、ほとんど話題にならなかったのもわかる気がする。The Ragga TwinsはFlinty BadmanとDemon RockersによるユニットでEast LondonのUnity Soundでマイクを握っていた。そして1980年代後半に同サウンドのレーベルからデビューし、Shut Up And Danceのプロダクション・クルーと短い期間活動を共にした。そのクルーの影響もあり、彼らは初期UKデジタル・レゲエの領域から抜け出して、ダンスホール、ヒップホップ、そしてアシッド・ハウスがブレンドした独自のスタイルを確立した。残念なことに、時代が彼らの感性についていけなかったのだろうか、彼らがヒットに恵まれることはなかった。しかし、今回Soul Jazzからリリースされた『Step Out』には彼らの栄光の日々がしっかりと記録されている。彼らの情熱が詰まった1枚、聴いてみてほしい。

Beres Hammond
  
●ジャマイカ製の7インチの流通量が減っていることはレゲエ業界では周知の事実だ。しかし、今でもアナログ・レコードの伝統(Mafia & Fluxyなどのインディーズ・レーベルを除く)を頑なに守っているレーベルがフランスにある。パリにあるPatate Recordsだ。同社はTena Stelin、Jah Walton(aka Joseph Cotton)や、Jah Masonのシリーズを開始したばかりだし、EstelleやUsherのレゲエ・ミックスもリリースしている。PatateがリリースするタイトルはLP・CDともそれほど多くはないが、どれも聴く価値のあるものばかりだ。Rod Taylorのセカンド・コンピレーション『Garden Of Eden』も例外ではない。www.patate-records.com又はmyspace. com/pataterecords で是非チェックしてもらいたい。
 
●ヴェテランStudio Oneヴォーカリスト、Horace Andyの新作といえばクオリティの高いものを期待してしまう。彼は1980年代中期から後期にかけての安っぽい打ち込みリズムや、低俗なダンスホールのリリックから随分と前に離脱しており、ライヴではいつも素晴らしいパフォーマンスをみせてくれる。また、Massive Attackの作品にフィーチャーされたことにより、彼の名はレゲエを聴かなかったリスナーにも広まった。その上、最近リリースしたSly & Robbieとのアルバムは、ルーツ・アーティストとしての地位を確固たるものにもしている。では、なぜこのタイミングで最新作『On Tour』がTrojanから発表されたのだろうか? 『On Tour』は既にリリースされた曲を集めたコンピレーションでもなく、タイトルから連想されるようなライヴ・アルバムでもない。実はこのアルバム、Horaceが一部のボンゴやギターを除いた全ての楽器を彼自身が弾き、ジャマイカで録音したセルフ・プロデュース作なのだ。ミュージシャン同士のかけひきによりエキサイティングになるというものが音楽というものだ。それに、曲作りではアーティスト以外のプロデューサーが加わることで音楽を客観的に判断することも重要ではないだろうか。Wackiesのようなヘヴィなサウンドを再現したところなど、本作の全てが悪いわけではない。しかし、全曲があまりにもコンピューターに依存していることが明白であり、そのように聴こえないように努力したこともわかってしまうところも辛い。彼が80年代にJammysからリリースしたものと比較して、『On Tour』は何が収録されているかわからいデザインのジャケットを差し引いても、Horaceの“最”駄作ではないだろう。彼が『On Tour』で披露したどんな楽器でも弾きこなす器用さは評価に値すると思うが、彼の長いキャリアの指標となるようなアルバムではない。もう少し制作費に余裕があり外部のプロデューサーが参加していたならば、もっといいアルバムになったことだろう。

Till Next Time, Take Care..........
  
(訳/Masaaki Otsuka)

What the deal is from No.310

(U KNOW)What the deal is
 
 不況の波の中、いいムードは一切ないNYですが、原油価格がひと頃の三分の一になったにも関わらず、一度上がった物価は下がらないため、経済界が仕組んだ通りにはならず、消費者と共倒れにというシナリオは誰も予測していなかったのでしょうか? 更に、政権交代前に一仕事しようとしている連中も多く、我々市民に良いニュースは全くない。地下鉄も市税から援助を受けているのにも関わらず、あらゆる手段で値上げを試みていて、議会で却下されまくっているのだが、それはそれで、じゃあ値上げするしかないと納得させてしまいそう。この時期のアメリカは休日に向けてセールがはじまるのですが、それでも潰れる小売店が目立ち、叩き売りも結構見るのだけど、それでも財布の紐は堅い?
 
●今月のジャム
12/7、家賃高騰で閉店に追い込まれてしまった新たなヒップホップの聖地、ニッティング・ファクトリーで、DITCのライヴが行われた。サポートDJにゲリラ・サウンド・システムをレップして、DJ BC、来日を果たしたばかりのクレイグG、ブロンクスをレップしているなつかしのリージョン等を従え、ダイアモンドD、ロード・フィネス、ショウ、OCがクラシックに継ぐクラシックで、2時間あまりのショウとなった。故ビッグLを偲ぶ場面もあり、クルーの歴史を改めて確認出来る内容だった。尚、AGは服役中、ファット・ジョーは破門だそうだ?
 
●今月の復活
80年代に今も尚、サンプルされ続けていて、そのフレーズも馴染み深い「Brooklyn In The House」や「Brooklyn Rock The Best」等を出していた伝説のDJ、カットマスターDCが、ブルックリンでDJをしている。「Brooklyn Exposure」というパーティで、相変わらずブルックリンをレプリゼントしている。選曲は意外に近年のものが中心で、実は復活ではなく、水面下でずっと現役だったのかも知れない?
 
そして、この話はちょっと取っておきたかったのだけど、やはり80年代のクイーンズ・ブリッジを代表していたホット・デイ・ダンテもDJとして復活していた。詳細はいずれとしておくが、その名前を聞いて知っている奴って今居るのかな?
 
●今月のジャム2
アンダーグラウンドって言えば、相当アンダーグラウンドなのだけど、グランドマスター・ヴィックが主催する11/27のカーマ・ラウンジで行われたパーティにラージ・プロフェッサー、ミスター・チークス、アヤトーラなどが出演した。このところ、この手の企画の箱がなくなって来ているのだが、我々ファンとしては、こういったパーソナルな場所で、こういうメンツを見られるのは嬉しい?
  
●今月のアニヴァーサリー
う〜ん、実はもっと長くやっている気がするのだが、どっかの誰かと違って謙虚に20周年をビッグ・ダディ・ケーンが祝った。盟友ミスターC、ビズ・マーキー、ジェイ・ピリオドなどをゲストに迎え、まるでヒップホップのサウンドの歴史を駆け足で追う様なセットで、彼の存在を知らなかった若い世代から、全てのダンスを知っている中年のファンまでを楽しませた。11/14のBBキングで行われたこのライヴだが、残念ながら、彼が再デビューを助けたジェイ・Zは現れなかった?
  
●今月のツアー
特にNYには関係ないのだが、恐らく誰も報道していないだろうからと思い言っておくけど、ヒップホップのゴッド・ファーザーの一人、アフリカ・バンバータが、クロアチア、セルビア、トルコなど、普段、ヒップホップのツアーでは見られない場所を廻っている。ヒップホップの伝導は続く?
 
●今月の写真
DITC 12/7 by Silent Assassin

 
沼田 充司
DJ/プロデューサー。 レーベル<ブダフェスト>主宰。 雑誌『ブラスト』でも執筆中。 ニューヨーク在住。 [Photo by Tiger]

Riddim Awards 2008 - International Dancehall Reggae Albums-

Riddim Awards 2008
International Dancehall Reggae Albums
 
1.
A MOMENT IN TIME / BERES HAMMOND
(VP / HARMONY HOUSE / VPCD1824)


2.
THE TEACHER'S BACK / VYBZ KARTEL
(VICTOR / VICP-64534)


3.
SOUL PIRATE / ALBOROSIE
(FORWARD / 0015PFR)



LOADED / BUSY SIGNAL
(VP / VP1826)



NNA DE YARD VOL.2 / EARL "CHINNA" SMITH & IDRENS
(MAKASAOUND / INNA DE YARD /



THE STRONG ONE / ETANA
(VICTOR / VP / VICP-64383)



I CAN FEEL YOUR PAIN / GYPTIAN
(VP / VPCD1827



BE PREPARED / JAMELODY
(VP / VP1784)



THE MIGHTY UPSETTER / LEE "SCRATCH" PERRY
(BEAT / BRC-200)



JAH IS MY NAVIGATOR / LUCIANO
(VP / VP1792)



MISSION IN PROGRESS / MORGAN HERITAGE
(VP / VP1779)



GIVE THANKS AND PRAISE / TERRY LINEN
(KOYASHI / KHCD-007)


 
 
★CDs are listed in alphabetic order except numbered★

Riddim Awards 2008 - Domestic Dancehall Reggae Albums-

Riddim Awards 2008
Domestic Dancehall Reggae Albums
 
1.
RENAISSANCE / PUSHIM
(KI/OON / KSCL-1326-1327)


2.
死ぬまで生きる / RANKIN TAXI
(RIDDIM ZONE / RZCD-45811)


3.
ナカナカナイ / H-MAN
(OVERHEAT / XQEY-1002)



EXPRESSION / AKANE
(RIDDIM ZONE / RZCD-45910)



WAITING FOR YOU〜俺はここにいる / BEAR MAN
(SOUTH YARD / SYMCD-001)



拳POWA / KON "MPC" KEN & V.A.
(OVERHEAT/ XQEY-1001)



BIG TIMERS / MIGHTY JAM ROCK
(VICTOR / VICL-62874)



MISON-BABY'S INA DANCEHALL STYLE / MISON-B
(SPEEDEX / POCE-17006)



PAPA B -20TH ANNIVERSARY EDITION- / PAPA B
(EMI / TOCT-26591-2)



A MESSAGE TO... / RUDEBWOY FACE
(COLUMBIA / COCP-35025)



ウキウキ反抗期 / 笑連隊
(P-VINE / PCD-20027)



3 SECONDS / YOYO-C
(JUKEBOX / DAPA-5648)


 
 
★CDs are listed in alphabetic order except numbered★

2008年12月24日

Riddim Awards 2008 - Japanese Ska, Rock Steady, Roots & Dub Albums -

Riddim Awards 2008
Japanese Ska, Rock Steady, Roots & Dub Albums
 
1.
THE HEAVYMANNERS / THE HEAVYMANNERS
(VICTOR / VICL-62952)


2.
山と海 / LITTLE TEMPO
(SUNSHINE / SUNCD-001)


3.
STRICTLY DANCING MOOD VOL.1 -FUTURE RAGGA SESSIONS- / V.A.

(PART2STYLE / P2SCD-002)



EAST MEETS WEST / COOL WISE MEN feat. TANTAN

(GALACTIC / GLCD-0024)



意識の新大陸FLRESH / DOGGGYSTYLE

(PROVINCIA / XQFD-1003)



PIANO×DUB / DR. ECHO-LOGIC
(GRAND GALLERY / GRGAJ-0005)



SODA FOUNTAIN / THE DROPS
(SKA IN THE WORLD / SIWI-100)



カザアナ / いとうせいこう&ポメラニアンズ
(AMUSE SOFT / ASCM-6022)



ぼくにできること / 今野英明
(CUTTING EDGE / CTCR-14600)



RUFF TRACK / RAITA
(M.O.P. / MOPR-0018)



SOCA DRIVEN / TATSUMI AKIRA AND THE LIMES
(PICTUS / DLCP-2096)



DOWN BEAT RULER VOLUME 2 / V.A.
(SUN SHOT / VSS-0001)


 
 
★CDs are listed in alphabetic order except numbered★

Riddim Awards 2008 - Re-Issue & Re-Compiled Reggae Albums -

Riddim Awards 2008
Re-Issue & Re-Compiled Reggae Albums
 
1.
RANDY'S 50TH ANNIVERSARY / V.A.
(17 NORTH PARADE / VP / VP4139)


2.
LIFE OF CONTRADICTION / JOE HIGGS
(BEAT / PRESSURE SOUNDS / BRPS58)



THE SWEET SOUND OF COCOA TEA / COCOA TEA
(17 NORTH PARADE / VP / VP4123)



DUB I / JIMMY RADWAY & THE FE ME TIME ALL STARS
(BEAT / PRESSURE SOUNDS / PSCD61)



SCORCHERS FROM THE MIGHTY TWO / JOE GIBBS & V.A.
(17 NORTH PARADE / VP / VP4130)



GREENSLEEVES 12" RULERS / LINVAL THOMPSON & V.A.

(GREENSLEEVES / GRELCD616)






POWER HOUSE SELECTOR'S CHOICE GEORGE PHANG VOL.1-4 / V.A.
(17 NORTH PARADE / VP / VP4135-8)






BRITISH CORE LOVERS, ETC. / DENNIS BOVELL & V.A.

(P-VINE / PCD-93112/3 / PCD-93123/4)


 
 
★CDs are listed in alphabetic order except numbered★

Riddim Awards 2008 - Reggae DVDs -

Riddim Awards 2008
Reggae DVDs
 
1.
RYO the SKYWALKER / ONE-DER LAND TOUR 2007
(RIDDIM ZONE / RZBD-45908)



RANKIN TAXI / RANKIN TAXIのボヨヨンNIGHT
(GENEON / GNBL-1023)



V.A. / 愛知REGGAE BREEZE 2K7
(錦COMMUNICATIONS / RBDV-701)



V.A. / HIGHEST MOUNTAIN 2008 -10TH ANNIVERSARY

(VICTOR / VIBL-436)



V.A. / SOUL REBEL 2007
(OVERHEAT / OVED-0002)

 
★CDs are listed in alphabetic order except numbered★

Riddim Awards 2008 - Reggae -

Riddim Awards 2008 - Reggae -
 
 

相変わらず変化/進化し続けている国内外のレゲエ・シーン、そして王道路線はもちろん、ローカルも含めて芽生えを感じさせてくれるヒップホップ・シーン。2008年は一体どんな年だったのか? 本誌でもお馴染みのライター、ミュージシャン、ショップ・スタッフらによる対談によって、この一年間にリリースされた作品の中からシーンを象徴する作品を選出しつつ、2008年のシーンをじっくりと考察していこう。
 
■International Dancehall Reggae Albums

■Domestic Dancehall Reggae Albums

■Japanese Ska, Rock Steady, Roots & Dub Albums

■Re-Issue & Re-Compliled Reggae Albums

■Reggae DVDs

■PERSONAL CHART
 
【INTERNATIONAL DANCEHALL REGGAE ALBUMS】
大石始(以下大石):やっぱりVybz KartelがStephen “Di Genius” McGregorと組んだ『The Teacher's Back』でしょうね。これだけコンセプトをキッチリ立てて作れたのはやっぱりStephen McGregorががっちりとプロデュースしたからだろうなと思います。
Tanco:確かにいま旬と言えば、やっぱりこれでしょうね。
藤澤“Mercury”正佳(以下藤澤):Vybz Kartelはホント旬だしこの作品も凄く良いんですけど、その分、実際は好き嫌いがはっきり出るでしょうね。
大石:今年は歌物系、例えばEtana『Strong One』とかJamelody『Be Prepared』とか、つまり歌物なんだけどルーツ&カルチャーではない、しかも雰囲気のいいアルバムが印象的でしたね。
道正和行(以下道正):となるとやっぱりBeres Hammond『A Moment In Time』じゃないですか?
Tanco:いいよね。まだ出たばかりだからヒット曲が沢山入ってる訳じゃないけど、来年、ここからカットされて凄い事になるかもしれないね。ルーツ系の歌物でよく聴いた作品はLuciano『Jah Is My Navigator』ですね。後はMorgan Heritage『Mission In Progress』かな。
岡部徳枝(以下岡部):Gyptian『I Can Feel Your Pain』ですね。土臭さがいい感じに薄まって、R&Bな雰囲気も凄く良くって。イケ面だし女子受けが良いのがよく分りますね。
道正:つい最近出たばかりですが、Alborosie『Soul Pirate』は凄く良かったですね。レゲエを誰よりも聴き込んでるって感じが滲み出てて。
大石:ちょっと毛色が変りますけど、Earl “Chinna” Smithの“Inna De Yard”の『Vol.2』はシリーズ中、一番いい出来でした。まだフィールド・レコーディング的な録音なんだろうけど、音がぐっと洗練されてめちゃ良いんです。あとはLee Perryの『The Mighty Upsetter』も押したいですね。
Tanco:あ、Tarrus Riley『The Parables』って今年日本盤が出たけどここに入れてもいいの? 
大場俊明(以下大場):彼は2月にあった「Reggae Academy Awards」で6冠を取りましたし、色んな場所でこの作品からの曲がかかったかもしれませんが、VP盤は06年10月に発売されてるんですよね。
Tanco:一昨年になっちゃうんだ。でもそれを抜きにしたらこれがトップだったかもしれないですね。

 
【INTERNATIONAL DANCEHALL REGGAE SINGLES】
Tanco:今年はStephen McGregorの活躍が特に目立ったんじゃないですか?
藤澤:StephenかDasecaか、それかDon Corleonかと言った感じでしたね。Birch(Birchill)もコンスタントには出してはいるんだけど、StephenとDasecaの色が強過ぎましたね。この2つは必ず新しいものを提示してきましたから。
Tanco:そうだね。そうやって色々出た中でどれか1曲って言えば、やっぱりDamian "Jr.Gong" Marley & Stephen Marley「The Mission」だね。
藤澤:間違いないですね。衝撃度からしてヤバかったですしね。
Tanco:今年ステージで一番演奏したリディムも“Mission”だったしね。
藤澤:今年の流れは、前半はSeraniとかによるミディアムな歌物ってイメージで、下半期はダンス系と言うかダガリン系一色でしたね。
Tanco:音楽的に言えば、ここ数年BPMがどんどん速くなってきてるんですよ。初期のダンスホールが90BPMだったんだけど、それがどんどん速くなって今年は遂に140BPM前後にまできちゃってる。で、そこまで行っちゃうと今度は逆にその半分の70位で大きく拍を取る様になって…っていうのが今年の傾向だったんですよ。つまり歌は高速なんだけど、オケはその半分の速さというね。特に今話に出たダガリン系はそういうパターンが多いですね。
道正:それとは別の傾向としてはリメイクですね。とは言ってもファウンデーションではなくジョグリンのリメイクが多かったですね。TJの“Unfinished Business”リディムもリメイクと言えばリメイクですしね。
藤澤:確かに“Show Time”みたいなちょっと前に流行ったジョグリンのリメイクは多かったですね。
Tanco:“Corduroy”リディムとかね。10年過ぎたらもうファウンデーションって感じなのかな?
藤澤:若い奴らが作ってるから子供の頃に聴いたリディムが懐かしいんでしょうね。今年出てきたリディムや曲単位で考えれば、Stephenの“Day Break”リディムの一連の曲は現場で受けてました。Seraniだったら「Stinking Rich」。Vybz Kartelなら「Million By A Morning」はイケてましたね。Mavadoなら「Money Changer」も「So Special」もイケてたし、ダンスって言えばElephant Man「Nuh Linga」もですかね。
大場:ミディアムだとどれになるんでしょう?
藤澤: “Rub A Dub”リディムですかね。特にEtana「I'm Not Afraid」、Richie Spice「Di Plane Land」。“Shoot Out”リディムも結構イケてたし。あとはダンスの現場ではJah Cure「Freedom」、Beres Hammondのアルバムの1曲目にもなった「I Feel Good」もヒットしましたね。
道正:歌物なら夏位からLUST「Just As I Am」も来てたでしょ? 
Tanco:そう言えば“Pussy Good”の…そう、Natasjaの「Calabria 2008」ってかなり流行ったでしょ?
藤澤:今でもイケてますよ。あ、「Winner」がヒットしたKonshensって今年ってイメージがあるんだけど。こいつはどっちみちこれからがっちり来ますから押さえといて下さいね。

 
【DOMESTIC DANCEHALL REGGAE ALBUMS】
Tanco:今年も凄く出ているね。Fire BallやRyo the Skywalkerといったずっとアルバムを出してきた人達が出してないからか、全体の傾向としてはニュー・フェイスのデビューCDが目立つのかな?
岡部:今年は多くの若手を取材させて貰ったんですが、Akane(『Expression』)やMison-B(『Mison-Baby's Ina Dancehall Style』)といった女性達が頑張ってくれたのが嬉しいですね。しかもどっちもきっちりと作り込んでいて。男性だったらRueedの『New Foundation』がそうでしたね。今挙げた人達は皆、背筋がピンと伸びてますよ。
Tanco:まだフル・アルバムまでは行かなくてもシーンって考えると大阪の若手が熱いね。特にBig Bearや強、Tak-Zとかかな。大阪って歌える現場が多いから若い人も出て来易いんだろうね。ミナミだったら毎晩3カ所ぐらいダンスやっているし。しかもショウやラバダブが終わった後に先輩が後輩にきっちり指導するからね。そういう環境が羨ましい。
ジョゼ斉藤(以下ジョゼ):大阪の若手と言えばNatural Weaponがアルバム(『Ghetto Prince』)を出してきましたね。お店からの問合せは多いですね。
岡部:東京だったら、新人と言えるのかな…Domino Katの『Double Six』は新しいダンスホールをきっちり作っているのが凄く伝わってきましたね。
大石:荒削りな所も含めてデビュー・アルバム然としてましたよね。
Tanco:Dominoも良かったけど、Micky Rich『Soul Survivor』も押したいね。歌物っぽいのにもトライしたりと幅も出てきたし。でも一番聴いたのは笑連隊の『ウキウキ反抗期』なんだよな(笑)。細かい所まで良く出来てて、しかも楽しいんだよね。
大石:ヴェテランもそのキャリアならではの素晴しい作品を出しましたね。Bear Man(『Waiting For You〜俺はここにいる』)とかmachaco(『Precious』)は流石だと思いました。特にmachacoさんの作品は純粋に歌ものの良い部分を突き詰めた内容でメチャクチャ良いですよ。
岡部:前からMoominって好きでしたけど、『すばらしい世界』で聴けるこの大人な感じは中々他の人には出せませんよね。スーッと入るメロディなのに必ずフック感もあって。しかもメッセージ性もあってそのバランス感がいいなって思いますね。個人的にはChop Stickの『Raggamuffin Way』もよく聴きましたけど、やっぱりRankin Taxi『死ぬまで生きる』が凄かったですかね。いつものボヨヨンな感じが殆ど無くて。
Tanco:これは濃厚でしたね(笑)。Rankinさん、ここんところ来てますからね。
大石:同感ですね。でも今年はやっぱりH-Manかなとも思います。『ナカナカナイ』を聴いても、ライヴを観ても、それからBlogの凄さも含めて異質さが際立ってて、突き抜けた感がありましたし。
Tanco:出たばかりだけど、やっぱりPushim『Renaissance』は入れておかないと。
全員:あー!
馬渕信彦(以下馬渕):クオリティの高さで言えば断トツではないでしょうか。一般の音楽ファンにまで惹き付ける力と言うか。あと又ヴェテランになるんですが、Yoyo-C『3 Seconds』を押したいですね。
Tanco:ヴェテラン勢の作品はどれもクオリティが高いから、それらと若手の作品と比べるとなるとそれはどうしようもないよね。となるとMighty Jam Rock『Big Timer』もRudebwoy Face『A Message To…』も当然入ってくるよね。それから忘れちゃ困るのはPapa B。『20th Anniversary Edition』なんて相当クオリティ高いでしょ?
馬渕:ベスト盤の方は勿論だけど、新録の方も彼の振り幅の広さと今年にかける彼の気合いの入りっぷりが表現されてますからね。
岡部:(Kon “MPC”Kenの)『拳POWA』を忘れてましたね。プロデューサーが前面に出たコンピは今年も沢山ありましたけど、人選だけでなくトラック制作からミックスまでこなして他のコンピとは違いますよね。
Tanco:Sami-Tの問題チューン(「Back Bitter」)もあるしね。
馬渕:そういう意味でもシーンに問題を投げかけた作品でもありますしね。実際ビッグ・チューンだらけですし。

 
【DOMESTIC SKA, ROCK STEADY & ROOTS REGGAE ALBUMS】
ジョゼ:日本のスカやロックステディ・シーンとしては、今年は充電期間だったのではないでしょうか? 実際作品は少なかったですが、年頭に京都のThree Sevenが復活したり、夏前には静岡のThe Sideburnsが復活したりとヴェテラン勢がまた動き始めて、スカ系のライヴはここ数年よりも増えたと思います。今年Tan Tanと『East Meets West』を作ったCool Wise Menの最近のライヴなんて、異様なほど盛り上がってますからね。
岡部:お客さんが最初っから飛ばしてますもんね。
ジョゼ:Club Skaの20周年記念としてスタジオ・コーストでThe Skatalitesが出演しましたけど、主宰者側も前売チケットが売切れになるなんて思ってなかったのに実際売切れましたからね。スカを求めている人は未だに一杯いるんですよ。来年はいっぱい作品が出ると思います。
大石:僕は圧倒的にThe Heavymanners(『The Heavymanners』)です。ライヴの気迫と説得力は半端無かったし、作品自体も新しい形でルーツ・レゲエを提示していますし。
岡部:Little Tempo『山と海』も凄く良かったんですけど、彼らの「ワイワイ祭り」ってライヴがもっと面白かったんですね。彼らがバック・バンドをやって色んな人がその前で歌って行くという。あのライヴも含めて評価したいです。
大石:あと『Strictly Dancing Mood Vol.1〜Future Ragga Sessions』ですね。Rub-A-Dub Market回りの変ちくりんなダンスホールなアーティストの作品をまとめたものですが、日本独自のダンスホール・スタイルが生まれているというのがよく分る作品ですから。
岡部:犬式a.k.a. Dogggystyleの『意識の新大陸FL(R)ESH』も例えばギターの裏打ちとかは一切入ってないんですけど、彼らならではのレゲエのスピリットが込められているのを凄く感じました。
大石:そういう不器用なところも含めて犬式ってレゲエだなって思わせてくれる作品でしたね。ライヴでの一音一音に込められた想いも含めて彼らを押したいですね。同じくノンレゲエって意味では今野英明『ぼくにできること』をこのコーナーに入れていいのか悩みますが、実際めっちゃいい作品でしたね。あとTuff Sessionもいい作品(『Tuff Good』)を残してくれたし。
岡部:BAGDAD CAFE THE trench townのRaitaの『Ruff Track』ってトラックが凄く尖ってて驚きがありましたね。歌い手だったらぜひ乗せてみたいって思わせるものがありましたし。
ジョゼ:EKDとかの面白いユニットやスカ・バンドが沢山参加して新曲を提供している『Down Beat Ruler Vol.2』は入れておくべきだと思いますね。あと巽朗さんのソカ・バンドの作品(Tatsumi Akira and The Limes『Soca Driven』)も、最後の最後に全部作り直してすごく良い作品に仕上げてきましたね。しかも巽さんの歌が物凄く良くって。
Tanco:あれ? (元スペクトラムの)西慎嗣がアルバムを出してるね(『Shinji Back To The Roots』)。西慎嗣ってジャマイカではBeres Hammondのバックもやったりして有名なんだよね。クレジットは載ってないけど結構レコーディングに参加してるし。これはSly & Robbie?
大場:そうです。輸入盤はTaxiからのリリースです。
Tanco:このコーナーではこれが一番聴きたかったかな(笑)。

 
【REISSUE & RECOMPILED REGGAE ALBUMS】
大場:例えばAlton EllisやJoe Gibbsといったここによく登場する重要なアーティストやプロデューサー達が随分とこの世を去ってしまった一年ではありますが、湿った話は抜きに選んで行きましょう。
道正:体制が変ってからのGreensleevesによる再発ラッシュは凄かったですね。どれも良い作品でしたけど、特にと言えば今まで全くCD化されなかったLinval Thompson がプロデュースした12インチ音源をまとめた『12" Rulers』でしょうか。あとやっぱりRandy'sの50周年を記念した『Randy's 50th Anniversary』。選曲も音も良かったですが、この映像は相当貴重でしたね。貴重と言えばJoe Higgs『Life of Contradiction』は内容も含め待望作品でしたし、Jimmy Radwayの『Dub I』に至っては貴重過ぎて多分今まで誰も聴いた事の無かった作品だし(笑)。
大石: VPの17 North Paradeシリーズもどれも凄く良かったですね。Joe Gibbs関連の作品も多く出てましたが、その中では『Scorchers From The Mighty Two』を押したいかな。それとPower House Selector's Choice George Phang』なんて2枚組で4枚も同時発売して、VPの企画力と底力を感じました。
大場:Power Houseもそうですが、Penthouseとかダンスホール・レーベルのアンソロジー的な編集盤も増えましたね。90年前後のダンスホールって未だに人気があってオールディーズ感を感じないけど、実際はもう20年ほど経っている訳ですからね。
岡部:ダンスホールと言えばCocoa Tea『The Sweet Sound Of Cocoa Tea』が素晴しい編集作業でしたね。実際聴き倒しましたし。
馬渕:この作品で改めてCocoa Teaの良さを再発見しましたし。dj KENTAROがミックスした『Tuff Cuts』も嬉しかったけど、ライヴでの凄さを体験している者としてはライヴ込みで評価したいかな。

 
【REGGAE DVDS】
道正:海外ものの作品は権利関係が怪しいのも多いから、チョイスが難しいですね。
大場:国内盤を見て行くと今年は日本のレゲエ・フェスものの作品が多かったですね。
Tanco:俺はここに殆ど出てるんだよね(笑)。そこを抜きにしても『愛知Reggae Breeze 2K7』でのSuper Catのライヴ映像は世界的に見ても貴重だと思いますね。字幕も凄い丁寧でね。あと『Highest Mountain 2008』はライヴ自体良かったし、それに懐かしい映像を交えたりと10周年ならではの内容だったし。
藤澤:フェスものなら『Soul Rebel 2007』を何度ととなく観てしまいましたね。日本勢もいいですし、最後にはWayne Smithが出てきますし。
ジョゼ:観客目線からだと『Starlight Reggae Festa in 名宝』も押したいところですが。
岡部:フェスとはちょっと違いますが、Spicy Chocolateが制作している「Dancehall Queen Japan」のDVD『Dancehall Queen Express』も面白かったですね。ダンサーの真剣勝負ならではの緊張感が伝わってきて。あとはRankin Taxi『ボヨヨンNight』をぜひ押したいですね。
Tanco:これは面白かったね。Pushim『The Live 2006-2007』も良かったけど、やっぱりRyo the Skywalker『One-Der Land Tour 2007』ですね。だって日本のレゲエDJのワンマン・ツアーのドキュメントじゃないですか。それ自体、歴史上初めての事なので押したいですね。ま、5.1chだったら尚の事良かったんですけどな。
 

【2007年のレゲエ・シーンを振り返って】
大石:日本のシーンで言えばダンスホールの枠に入らない人達が精力的に活動していたと思いますね。それとH-Manが今年やってきた事って現場にせよ音源にせよ普段のスタンスにせよ、すごくインパクトが強かったと思うんですよ。それが若いアーティストに刺激を与えて、さらに来年に繋がっていけば面白いと思います。
馬渕:大阪勢の若手の勢いの良さと活躍が面白かったのと、逆にヴェテラン勢と言えば作品がどれも充実度が高かったのが嬉しかったですね。希望としては、来年はまだ観た事の無いようなコアなショウを観てみたいですね。
藤澤:ジャマイカはもうStephen一色で、イケイケ系が勢いが良かったので彼らには来年も引き続き頑張って貰いたいですね。日本人は若手がどんどん出てきてて層が厚くなってきたんだなって思いますね。勿論人が増えた分、薄い部分も広くなったんだけど、増えた事は良しとしたいですね。
道正:ダンスに行くにしてもCDやレコードを買うにしてもレゲエというジャンルをトータルで聴くのではなくて、「俺は○○だけを聴く」といった感じで増々細分化が進んでますね。あと残念ながらジャマイカのプロデューサーやアーティスト達が次々と亡くなった年でもありましたね。
ジョゼ:久々にThe Skatalitesが来日してその時に感じたのはスカって古典ではなくて現在進行形のダンス・ミュージックだってことです。今年の日本のスカ・シーンは充電期間だとは思いますが、そこで溜めてたものが来年新しいスカ・ミュージックとして一気に放出されるんではないかと期待してます。
岡部:色んな人が色んな現場で新しい事を始めている気がしました。あとLittle Tempoの「ワイワイ祭り」もそうですが、「Soul Rebel」のスティクリ(Stico & Criss)みたいに新鮮なショウをもっともっと観たいと思いましたね。あと昨年期待したいと言った女性アーティストのアルバムを幾つか聴けたというのが私にとっては凄く大きくて、アワードを獲った2人の若手の元気な作品は本当に嬉しかったですね。ただどうしてもPushimのアルバムが良すぎるので、若手の女性達には彼女とはまた違った驚きを感じさせてくれる突き抜けた作品を生み出して欲しいですね。
Tanco: 実際にレゲエを演っている立場からの意見を言わせて貰いますね。まずCDが売れなくなったとは言え、これだけのCDがリリースされているんだという事実を今日知って驚きました(笑)。ただ実際、レゲエ・ファンがこれだけのタイトルの中からどれだけの作品を買ってくれるのかなという心配とこの先も聴いてくれるのかなという不安はあります。ただ実際はコアな人も増えるだろうし、裾野の人ももっと増えるんだろうと思ってます。そうした中で実際自分が何をやるべきか考えさせられましたね。ジャマイカはバッドマン系、ダンス系が強いなって改めて感じましたし、こうした現在進行形のダンスホールがこの先どうなるのか全く読めないからこそ来年もその先も楽しみでしょうがありません。


 
***SELECTORS***
●大石 始 /1年間に及ぶ世界放浪の果て、ライター業だけで生計を立てる決意を固め、本誌にもほぼ毎号執筆陣として名を連ねている。島音楽に向ける愛情は誰よりも熱い。
●岡部徳枝 /本誌は勿論、その他音楽専門誌からファッション誌に至るまでレゲエを中心に執筆。真摯な取材及び文章でアーティストからの信頼も厚い。
●ジョゼ斉藤 /CD配給会社勤務のライター。ジャマイカン・ミュージック全般に詳しいが、特にスカ、ロックステディ系がストライク。
●TANCO /Home Grownのリーダーであり、レゲエ界No.1ベーシストでありプロデューサーでもある。つまり彼ほどレゲエ・アーティストの一挙手一投足を見ている者は他にいない。
● 道正和行 /西新宿にてレコード店、Reggae Shop Natを運営。本誌では前号までLead The Leaderを担当。時代に関係なくジャマイカン・ミュージック全般に愛情を注ぐ。
● 藤澤“Mercury”正佳 /ジャマイカの現在の音を発信し続けるレコード・ショップRockers Island東京店店長。今ジャマイカで何が起こっているかを注視し続けダンスホール・シーンをホットに分析。
●馬渕信彦 /日本のダンスホール系アーティストを中心に積極的に取材を続ける若き音楽ライター。丁寧な取材による丁寧な文章は各方面から評判が高い。
●大場俊明 /本誌編集長。対談の人選から日取りの調整、リスト作り、司会進行、テープ起こし及び編集に至るまで何から何まで担当。


Riddim Awards 2008 - Reggae -

Riddim Awards 2008 - Reggae -
 

 
【PERSONAL CHART】
 
Ak-I a.k.a. 尾関明大 (BIG YARD JAMAICA / FUJIYAMA SOUND)
● INTERNATIONAL REGGAE ALBUMS(順不同)
Enur feat. Natasja / Calabria 2008 (Playground)
Etana / Warrior Love (VP)
Shaggy / Bad Mon Don't Cry (Big Yard)
Gyptian / I Can Feel Your Pain (VP)
Movado / On The Rock (Benz)
Vybz Kartel / Life Sweet (Eastern Bloc)
Busy Signal / Tic Toc (VP)
Beres Hammond / I Feel Good (VP)
Estell feat. Sean Paul / Come Over [Remix] (Black Chiney)
Bounty Killer / They Don't Know (111)

 初めまして。2008年いろいろな方にお世話になり、またご迷惑をかけたと承知しております。この場をお借りして、一礼、新年の挨拶とさせていただきます。明けましておめでとうございます、昨年は大変お世話になりました。今年も宜しくお願いします。今年は新譜レコードを全く見なかったです、何がちゃんと出てるのか?の年でした。

あおきたいち (タワーレコード新宿店勤務)
● INTERNATIONAL REGGAE ALBUMS
1. Beres Hammond / A Moment In Time (VP)
2. Habitat Sound System / Meets Prince Zohar And The Mystic (Gematria)
3. Amp Fiddler & Sly And Robbie / Inspiration Information (Strut)
JAPANESE REGGAE ALBUMS
1. H-Man / ナカナカナイ (Overheat)
2. Jing Teng / Sweet Sound (EMI / Lifestyle)
3. The Heavymanners / The Heavymanners (Victor)
● RE-ISSUE & RE-COMPILED ALBUMS ALBUMS
1. Jim Radway / Dub I (Pressure Sounds)
2. Cedric Im Brooks / From Mento To Reggae To Third World Music (VP)
3. Joe Higgs / Life Of Contradiction (Pressure Sounds)

2008年は、ヴァイナル中毒の自分としては色々な意味で“衝撃”な一年でした。レゲエに少しでも携わる人間として2009年は、デジタル化のベクトルを少しでも戻せたら。と考えております。

BANA a.k.a. DADDY B (RADIO DJ / SELECTOR)
● INTERNATIONAL REGGAE ALBUMS(順不同)
Beres Hammond / A Moment In Time (VP)
Jamelody / Be Prepared (VP)
Vybz Kartel / The Teacher's Back (Victor)
● JAPANESE REGGAE ALBUMS(順不同)
Papa B / Papa B -20th Anniversary Edition (EMI)
Papa U-Gee / Papa U-Gee Best+ (Kiteki Muzik)
Rankin Taxi / 死ぬまで生きる (Riddim Zone)
● RE-ISSUE & RE-COMPILED ALBUMS ALBUMS(順不同)
Papa Bon / Sward Man (Koyashi)
Jacob Miller / Jacob Miller Lives On (VP)
V.A. / Randy's 50th Anniversary (VP)
BIGGA RAIJI (DEEJAY)
● JAPANESE REGGAE ALBUMS
1. Micky Rich / Soul Survivor (Rhythm Of Da Season)
2. Akane / Expression (Riddim Zone)
3. Bigga Raiji / まっすぐ (徳間Japan)
● INTERNATIONAL REGGAE SINGLES
1. Damian ''Jr.Gong'' Marley & Stephen Marley / Mission (Tuff Gong)
2. Aidonia / Hundred Stab (Unknown)
3. RDX / Daggering (Unknown)
 
2008年11月に自分のアルバム『まっすぐ』も出せていい年のまま来れてるので今年も一生懸命Reggaeと楽しく関わって遊んで行きたいですね。MixiでBigga Raijiで検索してくれれば俺いますんで“マイミク”よろしくです。今年も油が乗りに乗ったBigga Raijiをどこかでチェックしてやって下さい。ではでは!

COJIE (MIGHTY CROWN)
● RE-ISSUE & RECOMPILED ALBUMS
1. Creole / Jah Creation (Channel 1)
2.The Revolutionaries / Kunta Kinte (Channel 1)
3.The Light Of Saba / Sabebe (Kingston Connexion)

DOMINO-KAT (ENT DEAL LEAGUE)
● INTERNATIONAL REGGAE ALBUMS
1. RDX / To The World (Universal)
2. Serani / The Future (Victor)
3. Busy Signal / Loaded (VP)
● JAPANESE REGGAE ALBUMS
1. Rankin Taxi / 死ぬまで生きる (Riddim Zone)
2. Micky Rich / Soul Survivor (Rhythm Of Da Season)
3. Silver Buck / 闘狂 (B.P.2011)
● INTERNATIONAL REGGAE SINGLES
1. Vybz Kartel / Life Sweet (Eastern Bloc)
2. Black Ryno / Response (Unknown)
3. Serani / Mama Still Hungry (Daseca)
● JAPANESE REGGAE SINGLES
1. Ken-U / この道を (徳間Japan)
2. Chehon / 韻波句徒 (BMG)
3. Bigga Raiji / まっすぐ (徳間Japan)

 今年もジャマイカ、日本ともにいい作品が多かったとおもいます。また、自身のアルバム『Double Six』をリリースしたので、アルバム一枚を作る大変さを実感した年でもありました。来年も気合い入れてがんばるのでよろしく。届け!! 幸あれ!!

道正和行 (Reggae Shop NAT 店主)
● INTERNATIONAL REGGAE ALBUMS
1. Morgan Heritage / Mission In Progress (VP)
2. Peter Hunnigale / Free Soul (Peckings)
3. Alborosie / Soul Pirates (Forward)
● RE-ISSUE & RE-COMPILED ALBUMS ALBUMS
1. Jacob Miller / Lives On (VP)
2. V.A. / Reggae Legend (VP)
3. Joe Gobbs & V.A. / Reggae Anthology -Scorchers From The Mighty Two (VP)
● INTERNATIONAL REGGAE SINGLES
1. Damian ''Jr.Gong'' Marley & Stephen Marley / Mission (Tuff Gong)
2. Morgan Heritage / Raid Rootz Dance / Nothing To Smile About (VP)
3. Beres Hammond / I Feel Good (VP)
 残念ながら、大物アーティスト、プロデューサーの他界等、ネガティヴなニュースが印象に残る年でした。日本のシーンに於いては、びっくりするような大物アーティストが多く来日したことが印象的です。

DR.MUNE (DR.PRODUCTION / PRODUCER & SELECTOR)
● INTERNATIONAL REGGAE ALBUMS(順不同)
Beres Hammond / A Moment In Time (VP)
RDX / Everybody Dance / To The World (Universal)
Voicemail / Jump Off (Pony Canyon)
● JAPANESE REGGAE ALBUMS(順不同)
Chop Stick / Raggamuffin Way (Dr.Production)
V.A. / Love Song For You (Dr.Production)
Yoyo-C / 3 Seconds (Juke Box)
● RE-ISSUE & RE-COMPILED ALBUMS ALBUMS(順不同)
Culture / Culture & The Deejays At Joe Gibbs (VP)
Tenor Saw & Nitty Gritty / Tenor Saw Meets Nitty Gritty (VP)
Half Pint / Greetings (VP)
● INTERNATIONAL REGGAE SINGLES(順不同)
L.U.S.T / Just As I Am (Born Music)
Mavado / I'm So Special (TJ Records)
Ninja Man / Mi Nah Go Play With You (Dr.Production)
● JAPANESE REGGAE SINGLES(順不同)
Corn Head / New Generation (Dr.Production)
Chop Stick Feat. Burro Banton & Reggie Stepper / Raggamuffin Way (Dr.Production)
Hibikilla / 成り上がれ! (Dr.Production)

 リーマンショックを吹き飛ばせるくらいの明るいレゲエでフロアを揺らす事を目標にしました。ニュー・スタジオもオープンしたので2009年もヴァイブスたっぷりなヤーマンなチューンを量産していきます! よろしくお願い致します。

E-JIMA (DISC SHOP ZERO代表)
● INTERNATIONAL REGGAE ALBUMS
1. Quantic Presenta Flowering Inferno / Death Of The Revolution (Tru Thoughts)
● JAPANESE REGGAE ALBUMS
1. V.A. / Strictly Dancing Mood Vol.1 -Future Ragga Sessions (Part2Style)
● RE-ISSUE & RE-COMPILED ALBUMS ALBUMS
1. V.A. / Basic Replay (Basic Replay)
● INTERNATIONAL REGGAE SINGLES
1. RSD / Over It / Forward Youth (Tectonic)
● JAPANESE REGGAE SINGLES
1. DJ 1Ta-Raw / Concrete Afro EP (Xtra Skank)
 上記、多くの人にとっては“レゲエ”と呼べるオトではないかもしれませんが、そもそも「レゲエってなに?」ということをこれからも心に、音楽を見つけ/出会い/紹介していければと思います。ここ数年で一番、音楽にワクワクした年でした。

二木崇 (音楽ライター他)
● INTERNATIONAL REGGAE ALBUMS(順不同)
Beres Hammond / A Moment In Time (VP)
Lee "Scratch" Perry / The Mighty Upsetter (Beat)
Alborosie / Soul Pilate (Forward)
● JAPANESE REGGAE ALBUMS(順不同)
The Heavymanners / The Heavymanners (Victor)
Mighty Jam Rock / Big Timers (Victor)
H-Man / ナカナカナイ (Overheat)
● RE-ISSUE & RE-COMPILED ALBUMS ALBUMS(順不同)
Jim Radway / Dub I (Pressure Sounds)
Cutty Ranks / Reggae Anthology-Limb By Limb (VP)
Ragga Twins / Ragga Twins Step Out (Soul Jazz)
● JAPANESE REGGAE SINGLES(順不同)
Peter Man / Respect To The Reggae (Blappanese)
Yoyo-C / 3 Seconds Murderer (Dr.Production)
Ryo the Skywalker / Ever Green (Riddim Zone)

 国内外問わず豊作でした。個人的な思い出は…毎年のことですが、やはり「Highest」。特に10周年の今年の一体感は素晴らしかった!

H-MAN (レゲエDJ)
● INTERNATIONAL REGGAE ALBUMS(順不同)
Beres Hammond / A Moment In Time (VP)
Lee "Scratch" Perry / The Mighty Upsetter (Beat)
Kitty, Daisy & Lewis / Kitty, Daisy & Lewis (Sunday Best / Beat)
● JAPANESE REGGAE ALBUMS(順不同)
H-Man / ナカナカナイ (Overheat)
Papa B / Papa B 20th Anniversary Edition (EMI)
PaPa U-Gee / Papa U-Gee Best+ (Kiteki Muzik)
● RE-ISSUE & RE-COMPILED ALBUMS ALBUMS(順不同)
V.A. / Power House Selector's Choice George Phang (VP)
Cutty Ranks / Reggae Anthology : Limb By Limb (VP)
Culture / Culture & The Deejays At Joe Gibbs (VP)

 マンネリだけど面白いこともちょっとあった。

HIROSHI GIANT a.k.a. BROWN (Oi-SKALL MATES / The Eastern Uptights)
● INTERNATIONAL REGGAE ALBUMS(順不同)
Mighty Diamonds / Inna De Yard (Makasound)
Tarrus Riley / Parables (Victor)
The Impalers / Blood, Rum & Reggae (Axe Records / Ska In The World)
● JAPANESE REGGAE ALBUMS(順不同)
Rankin Taxi / 死ぬまで生きる (Rhythm Zone)
Little Tempo / 山と海 (Sunshine)
Rudebwoy Face / A Message To...(Columbia)
● RE-ISSUE & RE-COMPILED ALBUMS ALBUMS(順不同)
Bullwackies All Stars / Black World (Wackies EU)
No More Friends / The Meditations (Greensleeves)
● INTERNATIONAL REGGAE SINGLES(順不同)
Bramm / It's What Eva (Big Ship)
Movado / Touch Di Road (Foota Hype)
Richie Stephens / Give You My Heart (Maximum Sound)
 空に舞っていってしまった偉大な音楽人達が残した素晴らしい楽曲やスタイル、そのヒトを想い口ずさむ日々が多かった2008。その他モロモロもヒジョ〜〜〜に多かった2008(笑えるってか笑うッ!)。いつもそばには良い音楽がありました。
All My Tears Come Rolling…
Feliz Ano Nuevo !
Se lo agradezco de todo Corazon !
Que tengausted un prospero ano lleno de felicidades !!!
Hiroshi “Giant”Brown

池城美菜子 (音楽ライター / OK-9 Inc.)
● INTERNATIONAL REGGAE ALBUMS
1. Vybz Kartel / The Teacher's Back (Victor)
2. Gyptian / I Can Feel Your Pain (VP)
3. Flexx from T.O.K. presents D'Link (Victor)
● RE-ISSUE & RE-COMPILED ALBUMS ALBUMS
1. V.A. / Randy's 50's Anniversary(VP)
2. Barrington & the Friends / Teach The Youth (VP)
3. Cocoa Tea / The Sweet Sound of Cocoa Tea (VP)
● INTERNATIONAL REGGAE SINGLES(順不同)
Movado / On The Rock (Yard Vybz)
Mr.Vegas / Mus Come A Road (A Team)
L.U.S.T. / Just As I Am (Born Music)
● BEST LIVE PERFORMANCES
1. Beres Hammond / Wingate Field, Brooklyn, NY 8/18
2. Frankie Paul / Jamrock presents Vintage Raggae Fes, NYC, 12/6
3. Etana / Reggae Sumfest, Montego Bay, Jamaica, 7/19

 色々な意味で、「どれだけ音楽が好きか」を試された年のような気がします。USのアーティストが不景気に翻弄された作品を乱発する中、初めから苦境のジャマイカのアーティストがいつも通りなのは頼もしい限り(?)。09年は元気な音が流行る気がします。私も仕掛けますよー。

石川貴教 (ライター)
● INTERNATIONAL REGGAE ALBUMS
1. Vybz Kartel / The Teacher's Back (Victor)
2. Busy Signal / Loaded (VP)
3. Luciano / Jah Is My Navigator (VP)
● JAPANESE REGGAE ALBUMS
1. Rankin Taxi / 死ぬまで生きる (Riddim Zone)
2. The Heavymanners / The Heavymanners (Victor)
3. Kon "MPC" Ken & V.A. / 拳Powa (Overheat)
● RE-ISSUE & RE-COMPILED ALBUMS ALBUMS
1. Jimmy Radwey And The Fe Me Time All Stars / Dub I (Pressure Sounds)
2. Joe Higgs / Life Of Contradiction (Pressure Sounds)
3. Dennis Brown / A Little Bit More (VP)
● INTERNATIONAL REGGAE SINGLES
1. Vybz Kartel / Broad Day Light (Big Ship)
2. Bramm / It's What Eva (Big Ship)
3. Erup / Click Mi Finger (Truck Back)

 今年もジャマイカのダンスホールはソリッドなサウンド全開でバッチリ。特にフレッシュだったのはBig Shipのトラック。アヴァンギャルドとポップが共存するその音造りはホントにスリリングだった。他ジャンルの音とは、もうレベルが違うって感じさえします。あとTreasure Isleのシングル・リイシューにも興奮しました。プレスされたレコードの内容が何しろ充実しててニンマリ。Hip HopではYoung Jeezyのアルバムが、映画は『僕らの未来へ逆回転』『Juno』が最高でしたね。そして、Beyonceの圧倒的な歌力にも感動。そんな一年でした。

KAZU (BURN DOWN, MC/SEL)
● INTERNATIONAL REGGAE ALBUMS(順不同)
Tarrus Riley / Parables (Victor)
Busy Signal / Loaded (VP)
Serani / The Future (Victor)
● JAPANESE REGGAE ALBUMS(順不同)
Papa B / Papa B 20th Anniversary Edition (EMI)
Mighty Jam Rock / Big Timers (Victor)
Pushim / Renaissance (Ki/oon)
● INTERNATIONAL REGGAE SINGLES(順不同)
Mavado / On The Rock (Yard Vybz)
Elephant Man / Nuh Linga (Board House)
Konshens / Winner (Natural Bridge)
● JAPANESE REGGAE SINGLES(順不同)
NG Head / 音楽のチカラ (Riddim Zone)
Ryo the Skywalker / Ever Green (Riddim Zone)
Home Grown / Big 10 (Pony Canyon)

 08年のレゲエ・シーンは、ベテラン・アーティストの勢いは勿論、ニュー・ジェネレーションの動きも活発だった年だと思います。残念なニュースは、アリトン・エリスが他界。オリンピックではボルトの金メダルに熱狂し、世界中がNuh Lingaに注目。自分達的にも色々経験し、勉強になった良い年でした!

LIKKLE MAI (シンガー・MK MuziK主宰)
● INTERNATIONAL REGGAE ALBUMS
1. Sizzla Kalonji / The Journey-The Very
Best Of Sizzla Kalonji (Greensleeves)
2. Al Borosie / Soul Pirate (Forward)
3. First Verse / From The Top (First Verse Productions)
● JAPANESE REGGAE ALBUMS(順不同)
Little Tempo / 山と海 (Sunshine)
The Heavymanners / The Heavymanners (Victor)
Pushim / Renaissance (Ki/oon)
● RE-ISSUE & RE-COMPILED ALBUMS
1. V.A. / Power House Selector's Choice George Phang Vol.1-4 (VP)
2. Dennis Bovell / British Roots Rockers (P-Vine)
3. Cocoa Tea / The Sweet Sound Of Cocoa Tea (17 North Parade)
● INTERNATIONAL REGGAE SINGLES
1. Etana / Roots (Free Mind)
2. Queen Ifrica / Daddy (No Doubt)
3. Jasmine Sullivan / I Need You Baby (Dual Track Muzic)
● JAPANESE REGGAE SINGLES
1. H-Man / 記憶 (Overheat)
2. Rankin Taxi / 悲しき工作員 (Riddim Zone)
3. 今野英明 / 国立 In The Place For Me (Cutting Edge)

 ダンスホールではH-Manやランキンさん、ルーツ&ダブでは リトテンやヘビーマナーズらの輝かしいキャリアの持ち主が、現状に甘んじず更なる高みを目指し、新境地を開いたことが頼もしく、大いに刺激となった。昨今の時勢を考えると、ルーツ・レゲエが見直される予感。

MICKY RICH (ENT DEAL LEAGUE / SINGJAY)
● INTERNATIONAL REGGAE ALBUMS(順不同)
Serani / The Future (Victor)
Vybz Kartel / The Teacher's Back (Victor)
Tarrus Riley / Parables (Victor)
● JAPANESE REGGAE ALBUMS(順不同)
Papa B / Papa B 20th Anniversary Edition (EMI)
Domino Kat / Double Six (Rhythm Of Da Season)
Micky Rich / Soul Survivor (Rhythm Of Da Season)
● RE-ISSUE & RE-COMPILED ALBUMS ALBUMS(順不同)
Earth, Wind & Fire / The Very Best OF Earth, Wind & Fire (Legacy)
Cyndi Lauper / The Essential (Epic)
V.A. / Jackson Lovers (Ki/oon)
● INTERNATIONAL REGGAE SINGLES(順不同)
Vybz Kartel / Trailor Load A Money (Chimney)
Mavado / Over Come (Big Ship)
Beenie Man / Yuh Know Fi Wine (357)
● JAPANESE REGGAE SINGLES(順不同)
Rudebwoy Face / Rumbo〜怒りのマグナム (Columbia)
Rankin Taxi / 人身事故 (Riddim Zone)
Ken-U / この道 (徳間Japan)

 2008年、今までに無い広がりでReggae Musicは全国のお茶の間にまで届く様になった。でもな〜続かないって感じちまうのは何でろう? やっぱり延ばしすぎると薄っぺらになってしまうのか…。フェスとクラブ、メジャーとインディーズ、日本語と英語。聞いてる人たちがこんなにも分かれてしまってるのが現実みたいなので、もっと“Cross Over”できる様なReggaeシーンになるよう俺なりやってきやす、SIGII

MISON-B
● INTERNATIONAL REGGAE ALBUMS
1. Tarrus Riley / Parables (VP)
2. Vybz Kartel / The Teacher's Back (Victor)
3. Mr.Vegas / The Hits (Greensleeves)
● JAPANESE REGGAE ALBUMS
1. Mison-B / Mison-Baby's Inna Dancehall Style (Speedex)
2. Rudebwoy Face / A Message To... (Columbia)
3. Rankin Taxi / 死ぬまで生きる (Riddim Zone)
● INTERNATIONAL REGGAE SINGLES
1. Movado /Stepping In The Future
2. Movado / Real Killer
3. Vybz Kartel & Jahvinchi / Weh Dem A Go (Big Ship)
● JAPANESE REGGAE SINGLES
1. NG Head / 音楽の力 (Riddim Zone)
2. Jing Teng With Raw Technicaz / Swimming (EMI)
3. Pushim / ルネサンス (Ki/oon)

 今までリスナーとして聞いたり遊びに行ったりしていた中で、今年はアルバムもリリースして一層レゲエや音楽な毎日で、もっとジャパニーズのレゲエを密に聞いてもらって現場に遊びに来てもらいたいです。皆にももっとせっかく日本語で歌っているので、ジャマイカから発信されたものを日本でやるのもスタイルだと思うけど、日本から発信してジャマイカではやるものが現場でもっと生まれたらいいなと思います!!

MURASAKI (イラストレーター / STUDIO-MURASAKI / MURAL)

● INTERNATIONAL REGGAE ALBUMS(順不同)
Busy Signal / Loaded (VP)
V.A. / Strictly The Best #39 (VP)
Pressure / Love And Affection (Koyashi)
●JAPANESE REGGAE ALBUMS(順不同)
Mighy Jam Rock / Big Timers (Victor)
Kon "MPC" Ken & V.A. / 拳Powa (Overheat)
Pushim / Renaissance (Ki/oon)
●INTERNATIONAL REGGAE SINGLES(順不同)
Mavado / On The Rock (Yard Vibez)
Damian "Jr.Gong'' Marley & Stephen Marley / Mission (Tuff Gong)
Busy Signal / Jail (Jam II)
●JAPANESE REGGAE SINGLES(順不同)
Ryo the Skywalker / Ever Green (Riddim Zone)
Mighty Jam Rock / U.P. Star (Victor)
Pushim / Rainbow (Ki/oon)

 自分の絵描きキャリアと、ほぼ同時進行で関わらせてもらっていた「Highest Mountain」が10周年という節目を迎えた事で、チャンスを与えてくれたMJRやそこから繋がった多くのレゲエ人に、あらためて深く感謝した年でした。これからもヨロシクお願いしやーす。

中村 “Mr. STONE” 浩久 (STONED ROCKERS / BASSIE)

● INTERNATIONAL REGGAE ALBUMS(順不同)
Beres Hammond / A Moment In Time (VP)
Terry Linen / Give Thanks And Prais (Koyashi)
Morgan Heritage / Mission In Progress (VP)
● JAPANESE REGGAE ALBUMS(順不同)
Yoyo-C / 3 Seconds (Jukebox)
Rudebwoy Face / A Message To... (Columbia)
笑連隊 / ウキウキ反抗期 (P-Vine)
● RE-ISSUE & RE-COMPILED ALBUMS ALBUMS(順不同)
Joe Higgs / Life Of Contradiction (Pressure Sounds)
Papa Bon / Sword Man (Koyashi)
Papa U-Gee / Papa U-Gee Best+ (Kiteki Muzik)
● INTERNATIONAL REGGAE SINGLES(順不同)
Damian "Jr.Gong'' Marley & Stephen Marley / Mission (Tuff Gong)
Konshens / Winner (Natural Blidge)
Mikey Spice / You Cry I Cry (Joe Fraser)
● JAPANESE REGGAE SINGLES(順不同)
Guan Chai /ふくろう (Mighty Crown)
Micky Rich / Foever (Rhythm Of Da Seasons)
Pushim / ルネサンス(Ki/oon)

 民族音楽〜J-Popまで、全てのジャンル飲み込むのがSuper 懐 Music、レゲエだっ!! だけど、くそみたいなレーベルやイベンターに言いたいこと制限されてたら、そんなの絶対レゲエじゃねーよ。かまそうぜ、Real Rebel Music、くたばれっくそ権力!!

岡部徳枝 (ライター)
● INTERNATIONAL REGGAE ALBUMS
1. Beres Hammond / A Moment In Time (VP)
2. Gyptian / I Can Feel Your Pain (VP)
3. Groundation / Freedom Taking Over(Kilo Music / entak)
● JAPANESE REGGAE ALBUMS(順不同)
Rankin Taxi / 死ぬまで生きる (Riddim Zone)
Pushim / Renaissance (Ki/oon)
The Heavymanners / The Heavymanners (Victor)
● RE-ISSUE & RE-COMPILED ALBUMS ALBUMS
1. V.A / Randy's 50th Anniversary (VP)
2. Cocoa Tea / The Sweet Sound Of Cocoa Tea (17 North Parade / VP)
3. Papa Bon / Sword Man (Koyashi)
● INTERNATIONAL REGGAE SINGLES(順不同)
Ziggi / Need To Tell You This (Rootdown)
Etana / Warrior Love (VP)
Jamelody / Love Crazy (VP)
● JAPANESE REGGAE SINGLES(順不同)
Moomin / 生まれたての瞳 (Island)
Pushim / ルネサンス (Ki/oon)

「吉祥寺レゲエ祭」でのIrie Ai&I Session Bandにしろ「Live Painting & Special Sound Session」でのセッションにしろ、凄腕ミュージシャンの演奏に感涙しっぱなしの1年。Chop Stick「心配Song」はきっとバアサンになっても聞ける名曲。レゲエに偏らない視点で言えば山仁、有坂美香の2アルバムはダントツ! ひっくり返るほど素晴らしいデス。

大石 始 (ライター/エディター)
● INTERNATIONAL REGGAE ALBUMS(順不同)
Vybz Kartel / The Teacher's Back (Victor)
Lee "Scratch" Perry / The Mighty Upsetter (Beat)
Earl "Chinna" Smith / Inna De Yard Vol.2 (Makasound)
● JAPANESE REGGAE ALBUMS(順不同)
The Heavymanners / The Heavymanners (Victor)
Machaco / Precious (Universal)
V.A. / Strictly Dancing Mood Vol.1 -Future Ragga Sessions (Part2Style)
● RE-ISSUE & RE-COMPILED ALBUMS ALBUMS(順不同)
V.A. / Randy's 50th Anniversary (VP)
Joe Higgs / Life Of Contradictio (Pressure Sound)
Dennis Brown / A Little Bit More (VP)
● INTERNATIONAL REGGAE SINGLES(順不同)
Serani & Bugle / Doh (Daseca)
Mavado / On The Rock (Yard Vibez)
Queen Ifrica / Mi Nah Rub (Down Sound)

 世の中にはいろんな音楽があるわけで、いろいろ聴いてみると面白いと思います。そのなかで「なぜレゲエなのか?」を考えてみるのも宜しいかと。ダンスホール/ルーツ/ダブ/スカっていう縦割りがなくなって、普通にマヴァードとマヌー・チャオが一緒に聴かれる世の中になったら…僕ももう少し生きやすいんですが。何にせよ、「原理主義」は危険だと思いますよ。

PAPA B (DEE JAY)
● INTERNATIONAL REGGAE ALBUMS
1. Beres Hammond / A Moment In Time (VP)
2. Etana / The Strong One (VP)
● JAPANESE REGGAE ALBUMS
1. Yoyo-C / 3 Seconds (Juke Box)
2. Papa U-Gee / Papa U-Gee Best+ (Kiteki Muzik)
3. Mison-B / Mison-Baby's Inna Dancehall Style (Speedex)
● RE-ISSUE & RE-COMPILED ALBUMS ALBUMS
1. V.A. / Power House George Phang Vol.3 (VP)
2. V.A. / Culture & The Dee Jay's at Joe Gibbs 77'-79' (VP)
3. Buju Banton / Inna Heights (VP)
● INTERNATIONAL REGGAE SINGLES
1. Bounty Killer / They Don't Know (111 Productions)
2. Vybz Kartel & Javinich / Weh Dem A Go (Big Ship)
3. Damian ''Jr.Gong'' Marley & Stephen Marley / Mission (Tuff Gong)
● JAPANESE REGGAE SINGLES
1. Ryo the Skywalker / Ever Green (Riddim Zone)
2. Fire Ball / Super Star (EMI)
3. Pushim / Rainbow (Ki/oon)

 08年もリズムの流行が目まぐるしく変わったが、色々乗っけられて楽しかった。20周年のCDとTourはお陰で忘れられない思い出となった、皆さん本当にありがとう! 09年ももっとやるぞ!!

PAPA U-Gee (DEE JAY)
● INTERNATIONAL REGGAE ALBUMS(順不同)
Etana / Strong One (Victor)
Tarrus Riley / Parables (Victor)
Richie Spice / Gidion Boot (VP)
● RE-ISSUE & RE-COMPILED ALBUMS ALBUMS(順不同)
V.A. / Randy's 50th Anniversary (VP)
Little Harry, Billy Boyo, Nicodemus / DJ Clash 3 The Hard Way (Greensleeves)
Half Pint / No Stress Express (Varese Sarabande)
● INTERNATIONAL REGGAE SINGLES(順不同)
Etana / I Am Not Afraid (No Doubt)
Queen Ifrica / Keep It Yourself (Don Corleon)
Richie Spice / Di Plane Land (No Doubt)

 地元に、BigなSound Systemができたり、20周年のライヴを文化センターでできたりと、着々とレゲエがリアルに浸透してきてることを、さらに感じる2008年。いろんな所で地元のレゲエの祭が増えてるので、これからが楽しみです。

PETER MAN (BLAPPANESE MUSIC)
● INTERNATIONAL REGGAE ALBUMS
1. Vybz Kartel / The Teacher's Back (Victor)
2. Busy Signal / Loaded (VP)
3. Serani / The Future (Victor)
● JAPANESE REGGAE ALBUMS
1. Pushim / Renaissance (Ki/oon)
2. Papa B / Papa B 20th Anniversary Edition (EMI)
3. Kenty Gross / Bun Ban Bom (Victor)
● INTERNATIONAL REGGAE SINGLES
1. Munga / Regular Basis (Don Corleon)
2. Konshens / Winner (Natural Bridge)
3. Bugle / You No Pu$$y (Daseca)
● JAPANESE REGGAE SINGLES
1. NG Head feat. Peter Man / Mission (Riddim Zone)
2. Boogie Man feat. Peter Man / Good & Bad (Blappanese)
3. Kenty Gross / オーガニッククリエーター (Blappanese)

 ここ3、4年前ぐらいからあからさまにJamaicaのDancehall Riddimが凄い勢いで進化してると思います。にも関わらず昔のオケとかもしっかりヤバい具合にリメイクされてたり確実に新化してますよね! 改めてこの音楽は耳の離し所がない!って思っいてます…。Respect to Reggae.

RUDEBWOY FACE (DEEJAY)
● INTERNATIONAL REGGAE ALBUMS
1.Vybz Kartel / The Teacher's Back (Victor)
2. Beres Hammond / A Moment In Time (VP)
3. Busy Signal / Loaded (VP)
● JAPANESE REGGAE ALBUMS
1. Blast Star & V.A. / Miami Shine (BMG)
2. V.A. / Slogan (P-Vine)
3. Kon "MPC" Ken & V.A. / 拳Powa (Overheat)
● INTERNATIONAL REGGAE SINGLES
1. Busy Signal / Real Jamaican
2. Movado / Dem A Fag
3. Bounty Killa & Collie Budz / Cry For Me

 今年もアルバムリリースできたし、これで3年連続アルバムリリース出来てるんでこの調子で来年もDEEJAYしまーす! 暗い世の中に光照射!!!

RUEED (REGGAE DEE JAY)
● INTERNATIONAL REGGAE ALBUMS(順不同)
Vybz kartel / The Teacher's Back (Victor)
Beres Hammond / A Moment In Time (VP)
Busy Signal / Loaded (VP)
● JAPANESE REGGAE ALBUMS(順不同) Yoyo-C / 3 seconds (Juke Box)
Kon "MPC" Ken & V.A. / 拳Powa (Overheat)
Papa B / Papa B 20th Anniversary Edition (EMI)
● RE-ISSUE & RE-COMPILED ALBUMS ALBUMS(順不同)
V.A. / Power House Selectors Choice Vol.1 (VP)
V.A. / Power House Selectors Choice Vol.3 (VP)
V.A. / Power House Selectors Choice Vol.4 (VP)
● INTERNATIONAL REGGAE SINGLES(順不同)
Damian ''Jr.Gong'' Marley & Stephen Marley / Mission (Tuff Gong)
Mr.Vegas / Mus Come A Road (A Team)
Peter Hunnigale & Sound Dimension / This Is Life (Pecking)
● JAPANESE REGGAE SINGLES(順不同) Ryo the Skywalker / Ever Green (Riddim Zone)
Eelman / Simple (P-Vine)
Sami-T / Back Bitter (Overheat)  
色んな意味で様々なReggaeがより明らかになってきたと思うので、リスナーの皆さんにはとにかく毎年自分のイイと思った音楽を聴き続けてもらいたいです! また2008年は多くの現場に加え、初のアルバム制作を経験し、またひとつ成長し新たな自信にできたかなと思います。

4×4 (笑連隊)
● INTERNATIONAL REGGAE ALBUMS
1. Busy Signal / Loaded (VP)
2. Beres Hammond / A Moment In Time (VP)
3. Mr.Vegas / The Best Of Mr.Vegas (Greensleeves)
● JAPANESE REGGAE ALBUMS
1. Papa B / Papa B-20th Anniversary Edition (EMI)
2. Rankin Taxi / 死ぬまで生きる (Riddim Zone)
3. 笑連隊 / ウキウキ反抗期 (P-Vine)
● RE-ISSUE & RE-COMPILED ALBUMS ALBUMS
1. Alton Ellis / With ASPO (Ska In The World)
2. V.A. / George Phang -Power House Selector's Choice Vol.1 (VP)
3. V.A. / George Phang -Power House Selector's Choice Vol.4 (VP)
● INTERNATIONAL REGGAE SINGLES
1. Damian ''Jr.Gong'' Marley & Stephen Marley / Mission (Tuff Gong)
2. Mavado / Nuh Bleach Wid Cream (Big Ship)
3. Elephant Man / Nuh Linga (Boardhouse)
● JAPANESE REGGAE SINGLES
1. Ryo the Skywalker / Ever Green (Riddim Zone)
2. Pushim / Rainbow (Ki/oon)
3. Rueed &Tak-Z / Destinaiton (P-Vine)

 「本物のジャパニーズレゲエとは?」という問い掛けを、自分なりに噛み締め、砕き、深く考える事が出来ました。現場至上主義という素晴らしい言葉があるように、自分達も現場に生きる人間として、今年勉強させてもらった事を来年に生かせるように頑張りたいと思います。

SAMI-T (MIGHTY CROWN)
● INTERNATIONAL REGGAE ALBUMS
1. Beres Hammond / A Moment In Time (VP)
2. Vybz Kartel / The Teacher's Back (Victor)
3. Busy Signal / Loaded (VP)
● JAPANESE REGGAE ALBUMS
1. Papa B / Papa B 20th Anniversary Edition (EMI / Lifestyle)
2. Kon "MPC" Ken & V.A. / 拳Powa (Overheat)
3. Pushim / Renaissance (Ki/oon)
● INTERNATIONAL REGGAE SINGLES
1. Laden / Time To Shine (Big Ship)
2. Serani / No Game (TG Records)
3. Tarrus Riley & Jimmy Riley / Pull Up Selector (Taxi)
● JAPANESE REGGAE SINGLES
1. Fire Ball / Superstar (EMI/Lifestyle)
2. Ryo the Skywalker / Ever Green (Riddim Zone)
3. Papa B, Criss, Jumbo Maatch, Ryo the Skywalker / Hibikase!! (EMI/Lifestyle)

 色々あった年だったと思う。音楽的には音で感じるってより、見るっていうのを感じたかな。やっぱりテレビとかに写らねーと売れネーのかって思うと腹がたつけど、コアな連中、ダンスに来る連中以外に何らかな衝撃をいいふうに与えていきたいね。本当にいい音楽を見逃すな! Bless.

TRUMP (INTERCEPTOR)
● INTERNATIONAL REGGAE ALBUMS(順不同)
Beres Hammond / A Moment In Time (VP)
Etana / The Strong One (VP)
Busy Signal / Loaded (VP)
● JAPANESE REGGAE ALBUMS(順不同)
Papa B / Papa B 20th Anniversary Edition (EMI)
Mighty Jam Rock / Big Timers (Victor)
Yoyo-C / 3 Seconds (Juke Box)
● RE-ISSUE & RE-COMPILED ALBUMS ALBUMS(順不同)
Buju Banton / Inna Heights -10th Anniversary Edition (VP)
Cocoa Tea / The Sweet Sound Of Cocoa Tea (VP)
Papa Bon / Sword Man (Koyashi)
● INTERNATIONAL REGGAE SINGLES(順不同)
Damian ''Jr.Gong'' Marley & Stephen Marley / Mission (Tuff Gong)
Mavado / So Special (TJ)
Konshens / Winner (Natural Bridge)
● JAPANESE REGGAE SINGLES(順不同)
Ryo the Skywalker / Ever Green (Riddim Zone)
Fire Ball / Super Star (EMI)
Pushim / Rainbow (Ki/oon)

 今年は地元の大先輩Papa Bの20周年ということで、大変いい勉強をさせていただきました。関係者の方々にはとてもお世話になり感謝しています。今年も、良いこと悪いことたくさんありましたが、来年もいろんな面で成長できるように頑張りたいと思います。

TELA-C (INFINITY16)
● INTERNATIONAL REGGAE ALBUMS
1. V.A. / The Official Gear Box Riddim (Truck Back)
2. Busy Signal / Loaded (VP)
3. Morgan Heritage / Mission In Progress (VP)
● JAPANESE REGGAE ALBUMS
1. Minmi / Friends 〜Minmi Featuring Works Best〜 (Victor)
2. Han-Kun / Voice Magician (Toy's Factory)
3. Papa U-Gee / PapaU-Gee Best+ (Kiteki Muzik)
● RE-ISSUE & RE-COMPILED ALBUMS
1. Dennis Brown / A Little Bit More : Joe Gibbs 12 " Selection (VP)
2. Barrington Levy / Teach The Youth (VP)
3. Joe Gibbs / Scorchers from the Mighty Two (VP)
● INTERNATIONAL REGGAE SINGLES
1. Mavado / Money Changer (Juke Boxx)
2. Vybz Kartel / Murder Dem (Unknown)
3. Demarco / Standing Soldier (Versatyle)
● JAPANESE REGGAE SINGLES
1. Infinity16 Welcomez Minmi,若旦那 & Han-Kun from 湘南乃風, Goki / Dream Believer 〜星に願いを〜 (Universal)
2. Infinity16 と 三木道三 feat. Controler from Spicy Chocolate / 侍ノ詩 (Sizzling)
3. Munehiro / ヒノマルパワー 〜君の力〜 (Universal)

 毎年思う事だけど、特に2008年は仲間やサポーターに支えられ、応援の言葉を貰い、心から感謝したい。来年も皆に愛される音を作れるように頑張るんで、これからもよろしく! 毎月2金曜に横浜のClub Nineで“Revolution”やってるから、そこに暴れに来い!!

TELANO
(CLUB JAMAICA RECORD DISTRIBUTORS)
● JAPANESE REGGAE ALBUMS
1. DJ Kentaro / Tuff Cuts (Pressure Sound)
● RE-ISSUE & RE-COMPILED ALBUMS
1. Wackies / Black World (Wackie's)
2. V.A. / Summer Records Anthology (Light In The Attic)
3. Light Of Saba / Sabebe (Kingston Connection)
● INTERNATIONAL REGGAE SINGLES
1. Queen Ifrica / Keep It To Yourself (Don Corleon)
2. Estelle / Come Over (Black Chiney)
3. Elephant Man / Nuh Linga (Broad House)
● JAPANESE REGGAE SINGLES
1. Patex & Cutty / そんなの関係ね〜 (Copper Shot)

 今年はNew Releaseも再発も非常に充実していて仕事的にもセレクターをしていても楽しい1年でした。ただ、それは個人的な思いで、長年続いてきた日本のレゲエ界内のバランスは色んな面で今年完全に壊れたと思います。時代のせいではなく、個人個人の心意気だと思ってます。Good Over Evil...来年もこれを支えにレゲエを楽しみたいです。

遠井なつき (ライター)
● INTERNATIONAL REGGAE ALBUMS(順不同)
Beres Hammond / A Moment In Time (VP)
Etana / The Strong One (VP)
Busy Signal / Holding Firm (Victor)
● JAPANESE REGGAE ALBUMS(順不同)
Pushim / Renaissance ( Ki/oon)
Jing Teng / Sweet Sound (EMI)
Kon "MPC" Ken & V.A. / 拳Powa (Overheat)
● INTERNATIONAL REGGAE SINGLES(順不同)
Cocoa Tea / Barak Obama (Roaring Lion)
Mavado / Nuh Bleach Wid Cream (Big Ship)
Michael Rose / Shoot Out (John John)
● JAPANESE REGGAE SINGLES(順不同)
Pushim / ルネサンス (Ki/oon)
Chehon / 韻波句徒 (BMG)
Little Tempo / 山と海 (Sunshine)

 JAシーンはめまぐるしく動いていても、リメイク・オケ量産が物語るように本当の意味でオリジナリティを感じるのが正直難しいものが多い。いいと思うものを素直にいいと言える、そういうリスナーが増えればアーティストももっと自由になれるのでは?と自分にもいつも問いかけます。

高宮紀徹 (REGGAE DISCO ROCKERS / 67531graphics)

● INTERNATIONAL REGGAE ALBUMS
1. Beres Hammond / A Moment In Time (VP)
2. Busy Signal / Loaded (VP)
3. Don Segund / Censura (Ska In The World)
● JAPANESE REGGAE ALBUMS(順不同)
Moomin / すばらしい世界 (Universal)
Pushim / Renaissance (Ki/oon)
The Heaveymanners / The Heaveymanners (Victor)
Yoyo-C / 3 Seconds (Juke Box)
Megaryu / 我流列伝 (Cutting Edge)
Tuff Session / Tuff Good (徳間Jpaan)
● RE-ISSUE & RE-COMPILED ALBUMS ALBUMS
1. V.A. / Power House Selector's Choice vol.1-4 (VP)
2. Cutty Ranks / Reggae Anthology (VP)
3. Steely & Clevie + Joh Gibbs / Old To The New Delux Edition (VP)
● INTERNATIONAL REGGAE SINGLES
1. Morgan Heritage / Gotta Be (VP / i-Tunes)
2. Beres Hammond / I Feel Good (Penthouse)
3. L.U.S.T. / Just As I Am (Born Music)
● JAPANESE REGGAE SINGLES
1. Rudebwoy Face feat. Aco / Lovin' You (Colombia)
2. Pang / もしも (Cutting Edge)
3. Marron / All Night Long, Coba-U / Snowman (Bahama's)

 2008年もプロデュース、リミックス、アレンジや色々な出会いと、充実した一 年でした。オリジナル作品をリリースできなかったのが心残りです。2009年もレゲエ・シーンにとってヤマンな年なることを祈りつつ。

八幡浩司 (24×7 RECORDS)
● INTERNATIONAL REGGAE ALBUMS(順不同)
Vybz Kartel / The Teacher's Back (Victor)
Busy Signal / Loaded (VP)
Alborosie / Soul Pirate (Forward)
● RE-ISSUE & RE-COMPILED ALBUMS ALBUMS(順不同)
V.A. / Randy's 50th Anniversary (VP)
V.A. / George Phang Power House Selector's Choice Vol.1-4 (VP)
V.A. / Joe Gibbs - Scorchers From The Mighty Two (VP)
● INTERNATIONAL REGGAE SINGLES(順不同)
Marcia Griffiths & Busy Signal / Love Is Automatic (Penthouse)
Freddie McGregor / Sharing The Night (Big Ship)
Etana & Alborosie / Blessing (Forward)

 Tarrus Riley & Dean Fraser/Ninja Man/Bounty Killer & Elephant Man & Busy Signal/Sanchez/横浜レゲエ祭のBugle/ハイエスト・マウンテン10周年/Bolt/Obama/シスコ/アイランド・ツアー/オーケーコーポレーション/Joe Gibbs/Alton Ellis/Byron Lee/会田裕之 etc。
 

Riddim Awards 2008 - Domestic Hip Hop Albums-

Riddim Awards 2008
Domestic Hip Hop Albums
 
1.
DREAM AND DRAMA / ANARCHY
(R-RATED / RRR-1008)


2.
ドクタートーキョー / 般若
(昭和レコード / XQDG-8000)


3.
REBUILD / BES from SWANKY SWIPE
(P-VINE / PCD-26025)



THE GENESIS / B.D.the Brobus
(BLACK TALON / BUSCD-001)



BEAUTIFUL TOMORROW / Mr.BEATS a.k.a. DJ CELORY
(PONY CANYON / PCCA-02573)



COME CLEAN / B.I.G JOE
(ILL DANCE MUSIC / IDMCD-011)



HAGLIFE / KOCHITORA HAGURETIC EMCEE'S
(KSR / KCCD-327)



OUTLET BLUES / NORIKIYO
(EXIT TUNES / QWCE-10012)



THE ORIGINAL / DJ PMX
(VICTOR / VICL-63040)



HEAVEN / SEEDA
(KSR / SDA-002)



孤高の華 O1 & 02 / t-Ace
(OFFICE ZERO / DDCZ-1537 / DDCZ-1540)



BABY'S CHOICE / TWIGY
(AWDR/LR2 / DDCB-12003)
 
 
★CDs are listed in alphabetic order except numbered★

Riddim Awards 2008 - International Hip Hop Albums-

Riddim Awards 2008
International Hip Hop Albums 
 

 
1.
THA CARTER III / LIL WAYNE
(UNIVERSAL / MOTOWN / UICU-1168)


2.
UNTITLED / NAS
(UNIVERSAL / DEF JAM / UICD-6155)


3.
PAPER TRAIL / T.I.
(WARNER / ATLANTIC / WPCR-13101)



THE BAKE SALE / THE COOL KIDS
(XL RECORDINGS / WPCB-10092)



LAX / THE GAME
(UNIVERSAL / INTERSCORP / UICF-1101)/span>



WHITE VAN MUSIC / JAKE ONE
(RHYMESAYERS / RSE-01002)



WE GLOBAL / DJ KHALED
(VICTOR / VICP-64601)



THE RENAISSANCE / Q-TIP
(UNIVERSAL / MOTOWN / UICT-1041)



TRILLA / RICK ROSS
(DEF JAM / B000953602)



RISING DOWN / THE ROOTS
(UNIVERSAL / DEF JAM / UICD-6152)



EGO TRIPPIN' / SNOOP DOGG
(UNIVERSAL / GEFFEN / UICF-1095)



THE RECESSION / YOUNG JEEZY
(UNIVERSAL / DEF JAM / UICD-6161)


 
 
★CDs are listed in alphabetic order except numbered★

Riddim Awards 2008 - Hip Hop -

Riddim Awards 2008 - Hip Hop -
 
 
■International Hip Hop Albums
 
■Domestic Hip Hop Albums
 
二木崇(以下二木):2008年を振り返って…って話だけど。
DJ GEORGE(以下GEORGE):じゃあ、自分が感じたことを話しますね。いわゆるクラブ・ヒットのBPMが上がってきた、というのは大きくて。120〜130台とか。
二木:ダンス系クロスオーヴァーとか言われてるラインの話やね? 歌ものも多いよね? でも、ビートがシンプルな分、メロディが凄く立ってる、というか。いわゆるソニックな、トランスっぽい効果を狙ったものがより一般的になったよね。
GEORGE:そうですね。今年のメイン・タイムはそんな感じが一般的でした。
C-ROD:トランス系R&Bやヒップホップがクる!って言い出す人も多くて。でも、個人的には、日本人の好みにはあんまり合わないんじゃないかな、と思ってました。
二木:いや、それも多分こだわりない人は好きだって! ただ、例えばソウル・ネタとか、そういう感じの“掘り下げ感”とは、なんとなく対極にある気がするから、なんじゃない?
C-ROD:そうかも知れないですね。あとは、みんなヤリ過ぎてるから飽きられるかなぁと。あと、ウィズ・カリファの「Say Yeah」を着うたで使うのやめてください(笑)。
二木:いつの話してんだよ!(苦笑)。でも、結構使ってたかな。
GEORGE:ある意味、危機感と言うか「ヒップホップDJも、普通にエレクトロ、4つ打ち系をかけなければならない」みたいな空気も蔓延してて。それは、それでいいとは思うんですけど……って受け取り方でしたね。まあ、そのうち引いていくのが見えてたし。
二木:なるほどね。いろんな葛藤があったと。で、1位の、ウィージー(Lil Wayne)はホント、聴けば聴くほど良く出来てるよね。このアルバム(『Tha Carter III』)は。主役の存在感があって。
C-ROD:ストリート・アルバム乱発してたのに、200万枚軽く突破したし。今年の象徴ですね。
GEORGE:カットされてる曲以外、例えば「Comfortable」とかも現場で重宝したし、リスニング・アルバムとしても最高でした。シリーズ全部好きだけど、今回が1番ですよね。
二木:C君は1位にNas(『Untitled』)? 凄くいいアルバムだったけど、その思い入れは?
C-ROD:いや、来日公演の余韻覚めやらぬ中、というのもあって(笑)。何せ、初だったので。
GEORGE:俺も、Nasは1位でもいいかなくらいですよ! それこそ、下手したら王道のヒップホップがかけ辛くなってる中、今の時代の王道を示してくれたし。何か、自分への応援歌みたいな感じで、ああヒップホップ好きでよかった!って思えたし。
C-ROD:まったく、同感です。あとは、今回T.I.(『Paper Trail』)よりは、ヤング・ジージー(『The Recession』)の方が好感持てましたね。
二木:確かにジージーはここにきて一皮ムケたよね。よりMCっぽくなった。Nasの絡みも自然に思えたし。
GEORGE:ハッスル・ハードなイメージだけじゃなくなった。T.I.も個人的には安心して聴けたというか。現場でも女子ウケが凄いし。カドが少し取れて、兄貴肌になったような。
二木:前半がウィージーだとすると、後半はT.I.が売れまくったよね。彼の代表作かも。
GEORGE:リック・ロスのアルバム(『Trilla』)も車でヘビロでした。今までで1番通して聴けたかも。メロディラインが良くできてる曲も多くて、女の子のファンも増えたんじゃないですか。それと「Greenlight Remix」とかフリースタイル・ワークスも現場的には盛り上がりました。
二木:あと、盛り上がったと言えば、フロー・ライダーじゃない? プライズもか。
C-ROD:「Low」は確かに日本でも異例のヒットでしたよね。『Mステ』に出たくらい。
GEORGE:一連のフロリダ物でもダントツの受け入れられ方でしたよね。あと、二木さんに似てる説もあるDJキャレドのアルバム(『We Global』)も全曲現場ではボムでした。ただ、二日酔いの時にはキツイ感じのシンセ・イントロが殆どで(笑)。
二木:つーか、似てるかー(苦笑)。シングルの切り方も憎い感じだったよね?
C-ROD:示し合わせてますよ、絶対(笑)。あと、そのキャレドともクサレ縁(?)のT-ペインとかのオートチューン・ヴォイスも、今年はより目立ちましたよね。ウィージーもそうだし。
GEORGE:カニエの新作(『808's & Heartbreak』)とか、もうラップじゃないけど、今のヒップホップという。
C-ROD:コモンの新作『Universal Mind Control』も音的には賛否両論だけど、ラップしてますからねー。ネプチューンズとの相性も決して悪くないけど、過去に両者がもっとハマってた例があるだけに。
GEORGE:タイトル曲とかカッコいいんですけどね。ただ、N.E.R.D.はシングル以外、そんなに盛り上がらなかったかも知れないですね。
二木:シングルと言えば、アルバムは来年に延びたけど、ジェイ・Z & T.I.の「Swagga Like Us」は、カニエ、ウィージーの参加もあったし、色んなヴァージョンが話題に。
GEORGE:個人的にはネタになってるM.I.Aの魅力を再確認できた(笑)。あと、「Jockin'Jay-Z」も人気ありましたよね。あ、あとGユニットの「Rider Pt.2」も好き。
C-ROD: 確かに50セントのオートチューン声は、衝撃的だったかも。ウケは別にして。
二木:その点、スヌープ(『Ego Trippin'』)のやり口は、ファンクとしての解釈が目立ってたよね。
GEORGE:最高じゃないですか? ここ何年か仕事でLAに行くことも少なくなかったんですけど、しっかりLAの'80sっぽい雰囲気が出てたし。テディ・ライリーの曲がツボでしたね。「SD Is Out」とかかけまくったし。ギャングスタっぽくないけど、しっかりストリート感はあって、しかもお洒落で、ダンサブルで。G-Funkの進化型の一つのような。
C-ROD:ルーツを見直しつつも、攻めてる、というか。ここ数作では1番よかったですね。
二木:西、ということではゲームの3rd(『Lax』)は、どう? やっぱり彼のラップは光ってたよね。
C-ROD:そうですね。サウンド・プロダクションも粒ぞろいじゃないですか。
GEORGE:引退撤回して欲しいですよ。マジで。
二木: Qティップ(『The Renaissance』)は、比較的盛り上がったんじゃない? かつてのATCQファン含めて。
C-ROD:そうですねー。間違いなく、後半の話題作だったし。前作みたいに賛否両論的な評価をまったく聞かないですから。待たされた甲斐あるというか。
GEORGE:アルバム、めちゃよかった! 当たり前ですけど、ヒップホップですよね、この人は。「Gettin Up」とか、クラブでもかけまくってますし。変に、今の流行に合わせなかったところも、逆に流石だと思います。そもそも、みんな一緒である必要なんてないし。
C-ROD:その意味ではルーツの新作(『Rising Down』)も凄く良かった、というか、1番好きかも。
GEORGE:前に来日した時、ウチ(Forcus)のスタジオでブラックソートがDJ Tankoさんのダブ録りに来て、その時聴かされてぶっ飛びましたね。実際良かったし。
二木:シングル・カットで揉めたとか、もったいないよね…。あと、今年フレッシュだったのは、シカゴのクール・キッズ(『The Bake Sale』)! これは、良く聴いたなあ。この新しい懐かしさは特別。
GEORGE:心躍る感じの打ち込み&ラップ、ですよね。もっとクラブで広まるべきだと思うんですが、次の正式な1stの際には爆発しそうですね。
C-ROD:ヒップスター・ラップは、ハスラー・ラップはどうも…って人たちから大歓迎されてますし。あと、プロデューサー=ジェイク・ワンのアルバム(『White Van Music』)はヤバくないですか? 何でコレが騒がれないのか、不思議でしょうがないんですけど…。
二木:十分話題になってると思うよ。この人こそ、メインストリームとアングラの架け橋的な存在だね。「ああ、ライムセイヤーズの!」と反応する人もいれば、Gユニット周りでクレジットを見かけるって人もいて。ボーナスのトラック集がまた有難かった。

※     ※     ※      

GEORGE:“日本”で見ると、やっぱり今年はAnarchyの年でしたね。同じ関西人として、この受け入れられ方、盛り上がり方は誇らしいというか。
C-ROD:異論なし、ですね。自伝本『痛みの作文』もあったし。アルバム(『Dream And Drama』)は隙が無かった。
二木:ソロ・ツアーも最終日に観たけど、ソロ・ラッパーの理想的なステージで。ホント、凄いと思う。そういえば、大阪公演の時、GEORGEはオープニングDJやったよな?
GEORGE:はい。個人的にも楽しめたし。ライヴもヤバかった。また笑顔も良くて。アルバムもヘッズに夢与えたというか。今、1番、ヘッズを引っ張ってる存在じゃないですか。
C-ROD: わかります。あと、般若(『ドクタートーキョー』)も推したいんですよ。ライヴ含めて、エモーショナルで。
二木:うん。アルバムとしても1番充実してた。シンプルに、力強くて。変な力みがない。それからBESのソロ名義初のアルバム(『Rebuild』)もよく聴いたなあ。聴こえのカッコよさも抜群で。
GEORGE:ビート選びが、もうブーキャンとかプリモの時代みたいで、そういうとこ含めて好きですね。やっぱり、ネタ使いのものってトラックにもメッセージ感じたりするじゃないですか。Nasとかそうだし。Anarchyの2ndとか、去年暮れのRyuzo君のアルバム(『Document』)とか。あ、個人的には、茂千代君の初アルバム(『Niwaka』)も同じ理由でアガりましたねー。
C-ROD:その点で言うと、 DJ Celoryの2nd(『Beautiful Tomorrow』)もそうですよね。ビートメイカーとしての凄さを見せつつ、シンガー物含めて、もっとプロデューサー・アルバムになってたし。
二木:同感。 B.D.the Brobusのソロ(『The Genesis』)も良かった。彼は出たばかりのTetrad The Gang Of Fourのアルバム(『Nipps presents Tetrad The Gang Of Four』)もあるし、Microphone Pagerの新曲へのフィーチュアとか、注目度高い。
C-ROD:あと、DJ Tomoのアルバム(『045 Renaissance』)にも参加してましたよね。あのアルバムもウェッサイ色ゼロなのに、凄く横浜っぽくて、総じてクオリティ高かった。DJ PMXのリーダー作(『The Original』)は、その逆ベクトルで、しかもキャリアの重さが感じられたし、よく聴きましたね。
GEORGE:Anarchyの例にしてもそうですけど、いい加減、東京中心じゃなく、他の地方にもスポットが当たってるという状況は喜ぶべきだし、もっと盛り上げないと、と思います。
二木:そういや、GEORGEはSeedaの西日本サイドのライヴDJもやってるよね。そのSeedaの『Heaven』も忘れられない1枚。
GEORGE:ライヴ観てても変化していってますよね。前向きな方向に。スキル的にも最高峰だと思うし。Norikiyoのアルバム(『Outlet Blues』)もヤス君(Bach Logic)の全曲プロデュースで、Seedaの『花と雨』くらいパンチありましたよね。ライヴも熱くて良かった。
C-ROD:夏の話題盤は、般若とNorikiyoだったかも。あと、スキルといえば、その凄さを再確認したのがTwigy(『Baby's Choice』)。ここまで変化し続ける人も珍しい。これまでともタイプの違う暖かい作風だけど、どこまでもヒップホップで。Pagerのアルバムもかなり楽しみですね。
二木:あと、そのTwigyのソロにもフィーチュアされてた鎮座DopenessのいるKochitora Haguretic Emcee'sのアルバム(『Haglife』)もフレッシュだったなぁ。
C-ROD:そうですね。あとロマンクルーとか、Lion's Rock、B.I.G Joe(『Come Clean』)も評判良かった。
二木:B.I.G.Joeは、久々にヒップホップ聴いた!という人も惹きつけるものがあったよね。ラップの凄みもそうだけど、トラックメイカー陣もヤバ過ぎた!
GEORGE:身内になるけどWolfpack(『Gold Experience』)。あと、Hiddady(『火種』)! UMB(Ultimate MC Battle)でも決めて欲しい。
二木:あと、GEORGEのやってる「日本語ラップ・ダブ」ももっと普及すればいいのに、と思う。ハマリのいいダブはほんと上がるよな。オケ選びもセンス問われるけど。
GEORGE:レゲエみたいにサウンド・アンセム的なものはあまりないんですけど、現場での反応は上々やし、US物とのブリッジに凄く効果あるので、続けたいですね。日本語ラップがもっとクラブでかかるように、というのが個人的な来年の目標でもあって。
二木&C-ROD: おお〜、頼もしい!!
 
 
***SELECTORS***
●二木崇/音楽ライター、A&R。本誌レコテ担当レヴュワー。D-ST.ENT主宰。
●DJ GEORGE/週4本のレギュラーの他、各地を飛び回る関西を代表するパーティ・ロッカー。SeedaのライヴDJも務める。Zeebra武道館公演のアウトロ・ミックスも担当。日本語ラップ・ダブも数多く所有。Focus興行所属。
●C-ROD/某レコード・ショップ・バイヤー。自称音楽馬鹿。今年はD-RODに進化したらしいが、満場一致で却下される。


About 2008年12月

2008年12月にブログ「Riddim」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2008年11月です。

次のアーカイブは2009年1月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。