« 2008年12月 | メイン | 2009年2月 »

2009年1月 アーカイブ

2009年1月27日

CHART from No.311

REGGAE 7" | REGGAE LP | REGGAE CD | REGGAE CLUB
HIP HOP 12" | HIP HOP LP | R&B | HOUSE | ABSTRACT

 
REGGAE 7

 
●LION MUSIC DEN(名古屋)052-953-1386
1. The Marvels / Be My Baby (Pama Supreme)
2. The Marvels / Lovers Concerto (Pama Supreme)
3. Half Pint / 2000 Years (Feel The Beat)
4. Kojac / Nice Up Jamaica (Nigger Kojak)
5. Slim Smith & The Uniques / People Rocksteady (Lee's)
 
(1)ガールズ・グループの最高傑作Ronnetsの代表曲をカヴァーしたアーリー・レゲエ!(2)バッハの「メヌエット」を下敷きにアレンジして1965年にヒットした女性グループ、The Toysのカヴァー。(3)名リディム "Drifter" 激シブのリメイクが正規再発、後にデジBで再演した曲。(4)グルーヴィーなベースラインで「ジャマイカ賛歌」'78。(5)ロック・ステディ大名曲カラー盤で再発。 ※ゲストにPapa B with Scorcherを迎え3/6に当店とRadixの企画でダンスを行います。
 
●ROCKER'S ISLAND(大阪)06-6214-7565
2. Ms Triniti feat. Beenie Man / Burnin Burnin (Unseen Lab)
2. Vegas & Mestro / Round Of Applause (Kirkledove)
3. Bugle & Tarrus RIley / Nothing Change (Tad's)
4. Stevie Face feat. Stacious / Tell Like It (Bot Camp)
5. T.O.K / Show Off (Equiknoxx Music)

(1)怪しく派手な音使いのダンスホール・チューン! 女性シンガーにキング・オブ・ダンスホールが巧く絡む。(2)去年大流行のダガリン系リディム“Middle East”。一時は引退の噂も流れたVegasにMCで絡むMaetroがナイス(因みにこの曲はダガな内容ではなし)。(3)ミディアム曲に定評のあるTad'sより人気アーティスト同士の注目コンビ!(4)2年以上も前のリリースにも関わらず最近JAのチャートの上位を賑わすゆったり綺麗なラヴァーズ調ミディアム! 甘い歌声シンガーに女性DJが絡む。(5)こちらは流行のダガリン・リディム "Sky Daggering" 同トラAidonia、ヘヴィ・プレイ中!!
 
●ORANGE STREET(新宿)03-3365-2027
1. Parvez / Mr.Bossman (Control Tower Records)
2. Johnny Clarke / Intruder (Black Redemption)
3. Mo' Kalamity / Time To Rise Up (Digital Rockers)
4. Nya-Azania / Work With It (Roots Youths Records)
5. Nattykaf / I Blame You (Kaf Island)
 
(1)ダブ・ファクトリーのParvezをフィーチャーしたヴォーカル&キラー・メロディカ・ダブ。ヘヴィーなベースを是非大音量で聴いて頂きたい!(2)同レーベルの最新作が早くも入荷。大御所J.クラークのヴォーカルが素晴らしいデジタル・ルーツ。トラックはラスDと言うことナシ。(3)今当店一押しの女性シンガー。貴方もハスキーで妖艶な声の虜に。(4)Nya-AzaniaことSis Nyaの新譜。Disciples制作の90sテイスト溢れるステッパー。(5)ヴォーカルは勿論、Slyをドラムに迎えた演奏、Dougie Consciousのミックスと最高の1曲。
 
 
REGGAE LP TOP 5
 
●REGGAE SHOP NAT(新宿)03-5337-7558
1. Skatalites / Stretching Out (Reachout International)/span>
2. Pablo Gad / The Best Of (Reggae On Top)/span>
3. Pablo Gad / Hard Times (Soul Village)/span>
4. Bob Andy And Marcia Griffiths / Young Gifted And Black (Harry J)/span>
5. Nigger Kojak And Liza / Showcase (Kojak)
 
(1)1983年に行われたライヴ&リハーサル音源が、遂にLPに!! クレジットを見て、改めて感激するばかり、ジャマイカ音楽の礎を築いた名手達…私たちの殆どが今まで想像することしかできなかった超貴重な録音です。2009年の幕開けに相応しいビッグ・リリース! 大推薦!(2)、(3)英国を代表するルーツ・シンガーの代表作。ズッシリ響くへヴィな低音とキラー・ヴォーカル。最高です。(4)定番タイトルですが、かなり久々の入荷です。お見逃しなく! (5)男女の掛け合いDJ。久々の入荷です。※リニューアルした通販リスト、無料送付致します。お問い合わせください。 www.ns-nat.ne.jp
 
●DRUM & BASS RECORDS(大阪)06-6211-1044
1. Alton Ellis / Soul Train Is Coming (Rock A Shacka)
2. V.A. / Reggae Anthology Randys 50th Anniversary (VP)
3. Beth Lesser / The Rise Of Jamaican Dancehall Culture (写真集) (Soul Jazz)
4. Little Kirk / Ghetto People Broke (Ruddys Music/Livity Reggae)
5. V.A. / Jamaica Soul Vol.2 (Striker Lee)
 
(1)AltonのProd.によるロックステディ、レゲエの貴重音源を集めた最高の全19曲入りCD!(2)Randys設立50周年を記念する2CD+DVD。Impactのプロデュ−サー、クライブ・チン氏の来日予定あり!(3)同タイトルのコンピ盤と連動してリリースされた初期ダンスホールの魅力満載の写真集。早くもベスト・セラー決定。(4)80sダンス・ファン待望の再発。「Screechy Across The Border」収録!(5)バニー・リーが手掛けたロック・ステディ〜レゲエ物から選りすぐりのソウルフル・レゲエ集。※ポッド・キャスト、パイレーツ・チョイス毎週日曜日アップデートwww.drumandbass-rec.com / www.rock-a-shacka.com♪
 
 
 
REGGAE CD TOP 5
 
●TOWER RECORDS(渋谷)03-3496-3661
1. Munga / Bad From Mi Born (Koyashi)
2. Natty / Men Like I (Warner)
3. Lee "Scratch" Perry & Aderian Sherwod / Dubsetter (Dis)
4. V.A. / Colors~Brown~ (Victor)
5. V.A. / Wonderful Smile (Ska In The World)
 
(1)現行US音楽シーンを意識したオートチューン使いが話題の新人!AkonやT-Pain好きは必聴です!(2)輸入盤の大ヒットに遂に日本も動いた! 日本盤でしか聴けないアコースティック・ヴァージョンが最高!(3)天才同士の共演により大ヒットした傑作が全編DUBになって帰還! カッチョイィ〜! (4)大人の為の良質な音楽を聴きたいなら迷わずコレを!通も唸る渋い選曲が素敵です!(5)当店自慢のバイヤー、カツオ氏選曲のコンピが年をマタいで安定した売れ行き!まだなら是非!
 
●HMV(渋谷)03-5458-3411
1. Munga / Bad From Mi Born (Koyashi)
2. DVD / Reggae Street War : Vol.1 (Oasis)
3. V.A. / FM 802 Natty Jamaica Presents Rakin Taxi meets King Jammis (A Team)
4. Calle 13 / Los De Atras Vienen Conmigo (Sony)
5. Telepath / Contact (Yellow Bus)
 
(1)09年大本命! リアル・ギャングスタ待望の1st! (2)日本のパイオニア、Rankin Taxi氏選曲による間違いないJammysベスト盤。(3)リリックにスポットを当てた字幕付きDVD。何を伝え、どんな思いで楽曲を制作しているのか、またシーンの裏も見れることで、よりダンスホール・レゲエが好きになるであろうDVD。(4)プエルト・リコのレゲトン・ユニット、カジェ・トレセ。米大陸では絶大な人気、日本でも人気急上昇中!(5)北米産。アラブ、インド、レゲトンにダブ…ごちゃ混ぜ具合が今!
 
REGGAE CLUB TOP 5
 
●CLUB JAMAICA(西麻布)03-3407-8844 Selected by Club Jamaica Crew
1. John Legend & Estelle / No Other Love (Black Chiney)
2. L.U.S.T. / Inspiration (Born Music)
3. Shaggy / Bad Man Don't Cry (Big Yard)
4. Baba Brooks / Dreadnaught (Beverley's)
5. Tommy McCook / A Little Bit Of Heaven (Dutchess)
 
(1)2ヶ月前に紹介したMarcia Griffiths & Busy Signalの "Automatic" と同じリディム! このリディム、サウンドシステムでプレイするとムチャクチャ気持ちよいです! 大推薦!(2)同じく今後注目のRomain VirgoによるA.Ellisメドレ〜! クラジャマ・エクスクルーシヴです! (3)やっと出ました。(4)"Nylon" リディム!(5)全部歌物になりそうだからこれ入れておきます! ※今年も宜しくお願いします!
  
●JADE(札幌)011-520-1015 Selected by Green Peace"Mac"
1. Bounty Killer / They Don't Know (111 Production)
2. Shaggy / Bad Man Don't Cry (Big Yard)
3. Aidonia / Flying Dagger (100 Stab) (Equiknoxx)
4. Don Corleon / Hot Gal Promotion (Jam 2)
5. Marcia Griffith & Busy Signal / Automatic (Penthouse)
 
(1)現場ウケも良好な番長が送るゲットー・ソング☆ (2)某ラジオ局、現場でもヘヴィ・プレイ中の1曲! やっとリリース!! P.Vの面子も豪華アーティスト勢ぞろい! 一見の価値ありです!! (3)こちらもやっとレコード・リリース! 皆大好きDaggering Tune!! 他タイトルにChino、Spice等も◎ (4)お馴染みJam2レーベル "Pull Up" リディムからの1曲。トラックメイカーとしてだけではなく、アーティストとしても好調な彼をピックアップ! 他タイトル多数出てますが、Kartel、Black Rhyno、Einstein等も良いです!(5)Penthouseからのグッド・ミディアム、"Automatic" リディム。Richie SpiceやRomain Vergo等も◎。気持ちの良いトラです。英ラジオでも一連ヘヴィ・プレイ中!!
 
●CLUB I to I(大阪)06-6252-4201 Selected by Dodge from Killasan Movement
1. Bounty Killer / They Don't Know (111Productions)
2. Aidonia / Flying Dagger (aka 100Stab) (Equiknoxx Music)
3. Sizzla / Why Does The World Cry (Savona Records)
4. Shaggy / Bad Man Don't Cry (Big Yard)
5. Luciano / Give Thanks & Praise (Cousins)
 
(1)Bountyのブランニュー!!! Hiphop調のイカついtrkにバッチリはまってまったNew Bullet!!! (2)現場でお馴染みの1曲。軽快なイケイケの"Sky Daggering" トラック使用。(3)"Drum Song" trkをアレンジした "Fire Dragon" !!! オケも渋いんですがSizzlaのコンシャス・メッセージ・チューン!!! Must Check!!! (4)ムードばっちりのリメイクのトラックにShaggyのダミ声が超カッコイイです。PVも超豪華です。(5)Lucianoのみ7incカットされている "Those Guys"。Sensationsの名曲のトラをナイス・リメイク!!!
 
 
HIPHOP 12
 
 
●Dance Music Record(渋谷)03-3477-1556
1. Uproot Andy / Sonido Del Principe / S/T (Bersa Discos)
2. Tittsworth / WTF (Plant Music)
3. Johnson & Jonson / Mama Told Me (Tres)
4. B.I.G Joe / Lost Dope (Ill Dance)
5. Dam Funk / Rhythm Trax Vol. 4 (Stones Throw)
 
(1)すでにお馴染みとなったデジタル・クンビアを発信するZZKレーベルと双璧を担うBersa Discosレーベルがシリーズ第4弾をリリース。(2) ざまに特大ヒットを飛ばすB-more界のキングTittsworthがフル・アルバム「Twelve Steps」に収録されていた、Kid SisterやPase Rockをフィーチャーしたナンバー“WTF”を12インチ・リリース。(3) 西海岸の新進MCのBluとSound In Colorの創設者でOperation Unknownのレーベル・オーナー兼プロデューサーのJon AnchetaのユニットをJohnson & Jonsonが新作をリリース。(4)J日本ヒップホップ史上に残る傑作12"限定再発。(5)James Pants、DJ Romes、Baron Zenと奇才が続く「Rhythm Trax」シリーズの第4弾。
 
 
HIPHOP LP TOP 5
 
●TOWER RECORDS(梅田大阪マルビル店) 06-6343-4551
1. Kanye West / 808s & Heartbreak (Def Jam)
2. Common / Universal Mind Control (Geffen)
3. DJ Kaori / DJ Kaori Inmix IV (Universal)
4. Q-Tip / The Renaissance (Universal Motown)
5. Ludacris / Theater Of The Mind (Def Jam)

(1)Hiphopリスナーの間で賛否両論の嵐を巻き起こした最初で最後?の歌モノ・アルバム。(2)前作から短いスパンでのリリースとなった、8枚目のアルバムはネプチューンズを迎えてのエレクトロ・チューンが際立つ、痛快な仕上がり!! (3)今や彼女のライフ・ワークとなっている『Inmix』シリーズの第4弾! コレ聴いてりゃマチガイナイっしょ!! (4)ジャケからQ-Tipワールド全開の2008年を代表する大名盤!(5)俳優業や客演仕事ばかりだった、エンターテイナー男が気合いの1発!!
 
 
R&B TOP 5
 
●DISK UNION ONLINE SHOP hiphop@diskunion.co.jp
1. Ne-Yo / She's Got Her Own Things (Def Jam/IDJMG)
2. India Arie / Chocolate High (Universal Republic)
3. The Dream / Rockin' That Thang (IDJMG)
4. J. Holiday / It's Yours (Capitol)
5. Ciara / I'm On (Zomba)
 
(1)一応「Miss Independent」のリミックスですが全くの別の曲です。透明感溢れるスロウ・ジャム。Jamie FoxxとFabolousが参加。(2)Musiq Soulchildが参加したオーソドックスなネオ・ソウル。デビュー当時を思い起こさせます。(3)今最も神がかった人。目新しさとポップさのバランスが絶妙です。(4)ミリオンヒットとなったLloydの2ndアルバムの中心人物Jasper Cameron&Big Reeseのコンビが手がけた新曲。(5)エレクトリカルなアッパー・チューン。アルバムはこのままお蔵入りなのか?
 
ABSTRACT TOP 5
 
●DISC SHOP ZERO(世田谷)03-5432-6129
1. Uproot Andy / Sonido Del Principle/ Bersa Discos Vol.4 (Bersa Discos)
2. The Pimps Of Joytime - Funk Fixes & Remixes (Wonderwheel)
3. Dubblestandart - Iron Devil (Subatomic Sound)
4. Zeb / Remix The Earth, I Want To Get Off! (Wonderwheel)
5. Babylon / Dread Beat An' Blood (Raro Video)

(1)デジタル・クンビアが新たな局面に入ったことを伝える1枚。(2)ブルックリンの無国籍ファンク・バンド、リミックス集。「Greedy G」なChico MannがKO級。(3)限定ホワイト。A面はLee Perry、B面はPrince Far-Iを使ってのダブステップ!(4)バルカン・ミーツ・ダンスホールなヘヴィ中東ビーツ。祝来日。(5)80年代初頭の英国レゲエ・シーンを捉えた幻の映画が2 in1的DVD化!  下北沢駅南口徒歩2分。ミスド裏手路地。通販可 
www.discshopzero.com★携帯割引クーポン有★
 
RINGTONES TOP 3
 
●REGGAE ZION http://reggaezion.jp/
International
1. Demarco / Standing Soldiers (Sony)
2. Da'Ville / Hold Me Now (Avex)
3. Mya / Paradise Remix feat. Sean Paul (Manhattan)
 
(1)「Fallen Soldiers」の続編。ゲットー・ピープルの声が胸を打つヒット・チューン!! (2)ニュー・アルバム収録曲。フロア向けのスウィート・ダンスホール。 (3)人気女性R&Bシンガーが自身のヒット曲にSean PaulをフィーチャーしたRemix!!
 
Domestic
1. Fire Ball with Da'Ville / 一番 (Life Style)
2. Moomin / Moonlight Dancehall - Speech Remix - (Sony)
3. Jumbo Maatch / Bombo Claat!!!! 〜一般市民の叫び〜 (Victor)
 
(1)日本とジャマイカの本物のコラボがここに実現!! (2)フリー・ソウルファンからも人気のある伝説の名曲をSpeechがRemix!! (3) South Yaad Muzikのコンピレーション第三弾から。世の中のふざけた事へ対しJumbo Maatchの怒りが爆発!!
 
●Music.jp http://music.jp/
International
1. Demarco / Standing Soldiers (Sony)
2. Elephant Man / Nuh Linga (Music Airport)
3. RDX / Street Dance (Te.Agero) (Bacchanal45)
 
(1)耽美的なピアノの音色が耳につくR&B調のトラックにDemarcoヴォーカルが文句なしに映える注目曲!! (2)オリンピック以降は特にジャマイカの国民的人気チューン!! 着うたでも大人気!! (3)東京を代表するサウンド、Hemo+MoofireがプロデュースしたRDXの新譜です!!!
  
Domestic
1.High-G / 一緒に (Dr.Production)
2. Kenty Gross / ほんまに言うてんの? (Victor)
3. Nudyline / Real My Place feat. K-Won (Nippon Crown)
 
(1)心つなげるラヴ・ソング♪(2)夏の現場を大いに沸かした快作まだまだ勢い衰えません!! (3)“愛とエロの伝道師”新レーベルPlaylist Zeroの秘蔵っ子が出てきました!!

ISLAND EXPRESS from No.311


"Wa' fa""
Text by Reiko NAGASE SMITH
 
年末年始のレギュラー・イヴェントで今シーズン開催のなかったものもあったが、ほとんどがSell off。
 
ネガティヴだったのは、12月31日の「キャンプファイアー」(という名のショウ)で、ビーニ・マンが、契約にないショウの進行に納得がいかず出演拒否して帰ってしまい、怒った観客からのボトルの嵐でショウは終了。アライアンスの出演もなし。プロモーターのオーガナイズの悪さにビーニ・マンの言い分もあるようで、結果、マヴァドの取り巻きに関連したRae raeな(注;ナンセンスなこと)噂でさらにRae raeな話になって後味悪し。ユワトンというキングストンから車で約1時間の静かな田舎で数年続いたこのショウ、来年の催行があやぶまれる結果に。

 
12月26日、ボクシング・デーの朝、ダンサーICEが、たばこを買ってショップを出るときに、何者かに撃たれて殺された、という衝撃なニュースがジャマイカ島をかけめぐった。
 
2008年北京オリンピックでジャマイカの短距離選手ボルトが披露したダンス、「ガリ・クリーパ」を生み出したダンサーとして注目されており、さらなる活躍を期待されていた矢先の、まさかの悲報。
 
ICEはブラック・ローゼズ・クルーのメンバー。
 
1月中旬に予定されているボーグルのトリビュート・ダンスも間近になったというのに、未だ犯人逮捕はおろか、事件の詳細は伝えられていない。戦場のような若者の死、Wa' fa。

 
「スティング」にクラッシュありき。マヴァドとカーテル、だけで成功したといえる「スティング2008」、Heated! これだけで数万人の客入りをみせ、何時間もこれだけのために待たせるダンスホールのクラッシュ・カルチャー、Cus pon stage。
 
両アーティストに評する畏敬の念をはもちろん、これを見越していた風のスティング・プロモーターにももちろん、そしてなにより、これだけの集中力で一体化して入っていけるハイレベルな客にリスペクト。
 
敗者なし、なところにナフ・モア・リスペクト。やっぱジャマイカ、エンターテイメント、グレイトだよね、と。
 
さて、そんな悪口大会のその後、ポリスはカーテルとマヴァドに、「公衆の場でバッドワードを使った罪」の容疑をかけているという。告訴されるかどうかは、「テープをじっくり見させていただいてから」ということで、エンジョイ! バッドワード交戦。
 
We a di last man standing。
 
マヴァド対カーテル、2月に再戦!の話も。

 
ベレス・ハモンド・コンサート、去年にひきつづきSell off。
 
入場料は「スティング」の2倍以上、外国のコンサート並みに高いのだけど、今年も大成功。
 
1月3日、シャギーのショウは、キングストンのキングスハウスというセレブな会場にて。Most a top artist de deh。
 
キングストンの公立小児科病院バスタマンテ・ホスピタルを訪れたシャギーが、医療機器不足のために治療を受けられない子供たちの状況に嘆き、なにかしようと企画したチャリティー・ショウ。シャギーに動かされたアーティストたちやビッグ・スポンサーの協力と、「1枚のチケットでひとりの命が救える」のキャッチフレーズに予想以上の集客を得てショウは大成功。
 
Move forward wid upfull music 2009。
 
★ricoのジャマイカArt Life → www.ricoart.com
★ricoのスケッチ・ダイアリ→ http://ricoart.exblog.jp

PLAY IT LOUD from No.311

RISE UP / ANTHONY B
[MAXIMUM / GREENSLEEVES / GRE2001 / 輸入盤]
昨年は配信のみというアルバム『Life Over Death』をリリースしているが、パッケージとしては07年の『Higher Meditation』以来。本作もお馴染みのMaximum Sound制作となるが、どのチューンもボトムがどっしりとしたルーツ色が強く、彼のDJもそれに呼応して力強さを増している。彼にポップさを求めていたファンには重たい作品かもしれないが、実際ピリリと辛いグッド・チューンが詰まってます。(大場俊明)
 
INSPIRATION INFORMATION / HORACE ANDY & ASHLEY BEEDLE
[STRUT / !K7 / STRUTCDJ041 / 輸入盤]
スライ&ロビーとアンプ・フィドラーの組み合せで話題となった異種配合シリーズの2作目。今作は、マッシヴ・アタック等この手のコラボにも定評のあるホレス・アンディと、レゲエ味を忍ばせたハウス〜ブレイクビーツはお手のもののアシュレー・ビードルというベテラン2人が登場。「ここでストレートにやっても芸がない」と言わんばかりに様々なスタイルを披露しつつ、ベテランらしいクロスオーヴァーぶりを発揮。(飯島直樹)
  
VIBES / HEAVY D
[STRIDE / FED005 / 輸入盤]
レゲエと深い関わりを持つヴェテラン・ラッパーが、何と全編レゲエ・リズムのアルバムをリリース。Dさんはかなり歌えることが判明。燻し銀ソウル・ヴォイスでんがな。今まで溜めていたレゲエへの想いが詰まっている力作。美メロディ曲から80'sダンスホールを彷彿とさせるものまで歌って喋って喉震わせて大活躍。シャインヘッド全盛期が好きな方にお薦めです。これからももって歌ってね、Dさん。(磯野カツオ)
 
SO MANY REVERBS TO CROSS / RAGANA
[UNIVERSAL EGG / WWCD047 / 輸入盤]
女性ヴォーカルとエンジニアを含む5人で編成されたポーランド在住ルーツ・レゲエ・プロジェクトの1stアルバム。生音によるモダン・ルーツ独特のエッジが効いたドライな音はどことなく80年代のUKルーツの匂いをも感じさせる。愁いを帯びた様な浮遊感のあるヴォーカルが魅力的だ。J・シャカやA・シャンティに代表されるUKモダン・ルーツの台頭と共にその波がEU全土に広がり、各国で着実に進化してると実感。(楳原豊人)
 
RENEGADE ROCKER / DUBMATIX
[ECHO BEACH / ECHO BEACH070 / 輸入盤]/span>
カナダのアーティストです。今作が3枚目。1970年代のルーツ・スタイルの振動をそのまま真空パックしているぜ。電気仕掛けの新鮮な空気が吸えるのさ。自分のフィルターを通したリズム・トラックはロッカーズ・ビートだ。ゲストが凄いよ。リンヴァル・トンプソン、ランキン・ジョー、マイケル・ローズ他、一声で存在感を示せる偉大な人達が参加。ヴェテランをメインステージに引っ張り上げた力作でっせ。(磯野カツオ)
  
INCREDIBLE MIXTAPE VOL.6 / BARBASS SOUND
[BARBASS SOUND / BBS0000001 / 輸入盤]
カツオが思わず熱くなってしまった作品です。選曲、ダブプレートの質、全体の流れを含め未体験ゾーンへ聴く者を導いてくれるサウンドなんや。じわりじわり沸点が高くなる攻撃的ラガダンスのオンパレードには参りましたね。常識を覆す破壊力とヒップホップ感覚がミックスされた刺激、全く飽きがこないですわ。ヨーロッパの知られてないアーティストも収録。センスと心意気に乾杯のプッシュ盤。(磯野カツオ)
 
ダブセッター/リー“スクラッチ”ペリー&エイドリアン・シャーウッド
[ビート / ON-U SOUND / BRC-219 / 国内盤]
シンガー、プロデューサー、エンジニアに加えエンターテイナーとも言える鬼才L・ペリー。そして70年代後半から多方面でダブの可能性を試みてきたE・シャーウッド。その二人がペリーの名トラックをリメイクし08年に発表した『The Mighty Upsetter』にパーカッションやホーンを追録しリミックスした本作。前作のダブ・アルバムとしてのリリースであるが、別作品と思える程非常に完成度の高い素晴らしい作品。(楳原豊人)
  
サベベ/ライト・オブ・サバ
[ディスクユニオン / DUKCCD01 / 国内盤]
本誌で紹介しているフランスのKingstone Connexionからのリイシューを国内盤仕様にCD化したもの。Light Of Sabaにとっては4枚目となるラスト・アルバム(78年作)。既にCedric Brooksが脱退し、元来のLight Of Saba風味が薄らいでいるので一般的には重要度が低いが、その内容の素晴しさを知っている人は長いこと血眼になって探していたはず。ベスト盤や再発シングルを何度も聴いた人ならずとも必聴。(大場俊明)
 
アルツ・スタジオ・プレゼンツ・ザ・ベスト・ラガマフィン・イン・ダ・ユニヴァース/V.A.
[ジェネオン / GNCL-1191 / 国内盤]
10年前にダブ・スタジオとしてスタートして以来、大阪だけでなく日本中のダンスホール・シーンに貢献してきたZura率いるAruz Studio。そのAruz Studioが今まで世に放ってきた約100曲の中からヒット曲、名曲などを厳選したDisc1、そしてそれらを支えたナイスなリディム・トラックを集めたDisc2、さらに初回盤にはAruz音源のミックスCDまで添付されるという豪華盤。Aruz印のヴァイブス満タン。(大場俊明)
 
ベター・ライフ〜モースト・ハイ・リディム/V.A.
[P-ヴァイン / ファーム・ランド / PCD-93205 / 国内盤]
昨年リリースされたEelmanの『Simple Song For You』に収録された「旅立ちのライオン」は、Rueedとの掛け合いも抜群のルーツ・チューンとして印象深い曲だった。本作はそのリディム“Most High”をプロデュースしたHassie率いるFarm Landによる同リディムのワン・ウェイ・アルバム。Luciano、Capleton、Chezidekから無名ながらもハートフルなラスタ・アーティストを抜擢し、全く聞き飽きない。(大場俊明)
 
HEMO+MOOFIRE・プレゼンツ・クラブ・カクタス・ヒッツ/V.A.
[バッカナル45 / BACD-011 / 国内盤]
東京・青山にて夜な夜な熱いダンス・ミュージックを爆音で鳴り響かせているClub Cactus。この小さくもイカした箱をプロデュースしているHemo+MoofireによるClub Cactusをテーマにしたコンピ盤。彼女達制作による“S-Latino”“Bad Tempo”といったリディムを使用しビシっと躍れるチューンばかりを満載。だがそこは彼女たち、納得の人選で全曲録り下ろし。さらにもらって嬉しいオマケも満載。(大場俊明)
 
トライブ・コールド・ウェストVOL.3〜オオサカ・ダブ・リヴァース/V.A.
[ウェストライブ / WST-3 / 国内盤]
関西のダブ・シーンの最深部にうごめくミュータントたちを紹介してきたこのシリーズもこの三作目で完結とのこと。お馴染みのSoul Fire、Bush Of Ghosts、Green Greenといった西を代表する(した)ユニット/バンドの曲をKen2、Altz、Taiyoといった西の異端児どもがリミックスしたもの。その手法自体も各自独特で単なるリミックス集と括れるものではなく、最終章に相応しい特濃作品となっている。(大場俊明)
 
オンマイレディオ/ミュージック・ソウルチャイルド
[ワーナー / WPCR-13199 / 国内盤]
1年ぶりの5作目。盟友カルヴァン&アイヴァンとの共同作業は、サクサク&シルキー路線でネオ・フィリーの雄としての面目躍如といったところ。しかしながら、本作のサプライズはクランクの大胆な注入だろう。仕掛け人はウォーリン・キャンベル。彼とのコラボで、ミュージック本人の奔放な音楽観が更に露わとなり、アルバムのエンタメ度を一気に高めている。メアリー・Jやダミアン・マーリーとの共演も◎。(石澤伸行)
 
フィアレス/ジャズミン・サリヴァン
[BMG / BVCP-24150 / 国内盤]
ネオ・フィリー・シーンの登竜門「ブラック・リリー」の常連だった女性シンガーが満を持してデビュー。既に多くの客演を通してその存在感をお披露目済みの彼女だが、ミッシーがプロデュースした「Need U Bad」が濃厚なラガ風味だっただけでなく、サラーム・レミ手掛けるヴィンテージ・ソウルからハイパーなクラブ路線まで、幅広な音世界をその強靭な喉で完全に牛耳っている。このブラックネスは圧倒的!(石澤伸行)
 
アヴァーント/アヴァーント
[EMI / TOCP-66848 / 国内盤]
2年ぶりの5作目は、レコード会社を移籍してのリリースに。プロデュースには、トラックマスターズといった大御所に加え、アンダードッグズ人脈の新鋭といった、初顔合わせとなる制作陣を多く起用することで、サウンドはこれまでに見られなかった色合いも。しかしながら、彼の放つ「朗々たるクールネス」はアルバム全編を貫き、記号としてのロマンティックやセンシュアルは、悉くアヴァーント色に染まっている。(石澤伸行)
 
ザ・ポイント・オブ・イット・オール/アンソニー・ハミルトン
[BMG / BVCP-21647 / 国内盤]
2年ぶりの3作目。この間、過去音源集がリリースされたり、映画『American Gangster』への出演があったりと、近年稀に見る高い露出度を誇っていた彼。本作はそんな順調な活動を受けたかのような、まさに彼ならではのソウル絵巻に仕上がっている。制作陣にはアンドレ&ヴィダル、マーク・バトソン、サラーム・レミら巧みを迎えているが、土臭くて人間臭いヴォーカルの妙が主役であることに変わりはない。(石澤伸行)
  
イグジスト/トニー・リッチ・プロジェクト
[ビクター / VICP-64606 / 国内盤]
5枚目となる新作は、ヒドゥン・ビーチからのリリースに。近作では試行錯誤を重ねてきた感の強い彼だが、本作での、淡色を重ねることで自らを浮かび上がらせるような音作りの筆致は、デビュー作の印象に近いし、静かに横たわるファンク感覚や乾いたメロウネス、そしてその上を淡々と歩む、あのナヨ声も10年前の我々に初期設定された彼のイメージそのままだ。自らの持ち味を知る者の強さを感じさせる作品。(石澤伸行)
 
セイ・グッバイ・トゥ・ラ・ラ・ランド/サイレンズ
[ビクター / VICP-64540 / 国内盤]
UKの3人娘による2作目。フーディーニやファンキー4+1といったオールド・スクーラーの定番を大胆に引用したフロア直撃曲があれば、現行R&Bやクラブのトレンドを押えたアゲアゲ・トラックがあったりと、アルバムはひたすら楽しい作りに。かと思えば、UKならではの「影ありメロディック路線」が随所に盛り込まれ、抜け目なし。米国のプッシー猫ちゃんたちをも脅かすこの徒花は、かくも美しく逞しい!(石澤伸行)
  
ザ・マン・アイ・アム/マタイ
[Pヴァイン/PCD-20041 / 国内盤]
ベイビー・バッシュを従兄弟に持つというラティーノ・シンガーによるデビュー作。西海岸では既にキャリアを確立させつつある彼の武器は、ベイエリア流儀のバウンシーなビート上で、まろやかなメロディを紡いでいく際のしなやかな喉ワザだろう。丁寧な作り込まれたトラックのクオリティも相俟って、メロウに響く歌声が、ニーヨ以降のナヨ系男性ヴォーカル・シーンの成熟を実感させて余りある作品集となっている。(石澤伸行)
 
UGLY SIDE OF LOVE / MALAKAI
INVADA / INVBB001 / 輸入盤]
ブリストルのベテラン2人組の覆面プロジェクトとしてメジャーから予定していたアルバム。紆余曲折を経て盟友ポーティスヘッドのジェフ率いるインディから晴れてリリース。ファンキーなブレイクビーツを得意とするスコット制作の60'sガレージ・サイケ味なトラックに、これまた60'sな味わいのヴォーカルが、否応にも英国の伝統を感じさせる逸品。ブックレットは地元のグラフィック・アーティストが多数提供。(飯島直樹)
 
MI TU / DICK EL DEMASIADO
[TOMENOTA / IBW 08 G08 / 輸入盤]
かのセニョール・ココナッツに「トン・ゼーとリー・ペリーがチャネリング」とまでいわしめた、放浪するオランダ人4作目。スロウなテンポのクンビア・リズムに回転数を間違えたかのような歌声で展開する変態サウンドから、陽気で可愛らしい雰囲気とアヴァンギャルドが混合した曲など、アルゼンチン発のデジタル・クンビアとはまた違った中毒性高いサウンド。ジャケ周りのセンスも相変わらず意味不明で◎。(飯島直樹)
 
RADIO FREE DC / FORT KNOX FIVE
[FORT KNOX / FKX012 / 輸入盤]
ワシントンDCから、ラウンジ〜チル色高いブレイクビーツで人気のユニットの、長い活動にして初のアルバム。ホーン隊が炸裂する、アフロ味も忍ばせたファンク&ラップから、スリーピー・ワンダーが参加したファンク・ダンスホール、味な歌を聞かせるラヴァーズ調まで、インタールードを挟みながら楽しくノセながら一気に展開。これまでのシングルで「イイんだけどもう少しパンチが」と思ってた人も満足の大名作。(飯島直樹)
 
THE LIFTMEN / THE LIFTMEN
[TWISTED NERVE / TN084CD / 輸入盤]
それぞれにシーン地下の重要バンドに関わっているブリストルのバンドの待望アルバム。Sonic Youthに絶大な影響を受けたというリーダーの、タダ者ではない個性が滲み出た、サウンド/時代感など含めたナゾ度高いニュー・ウェイヴ・サウンドで、縦ノリの曲に並ぶ横のグルーヴがなんとも気持ち良い。ダブやベースなんてキーワードはありませんが、それでも“アノ街”の臭いを強烈に感じさせてくれる1枚。(飯島直樹)
  
ミドル・テイスト・オブ・コデック/ブラスト・ヘッド
[ルーディメンツ / RMT-CD014 / 国内盤]
ニコデマスやゼブを擁し、ワンダーホイールやバスタード・ジャズ等の源流としてNYの多人種カルチャーを体現してきた名門レーベル(現在はヨーロッパ拠点)コデックのレア音源を、日本が誇るブラスト・ヘッドがセレクト&DJミックスした日本企画盤。単なるコンピ的なミックスに終わらず、エディットも多用した、まさにブラスト印なヘッド・ミュージックなトリップ(旅)ぶりに冒頭から引き込まれてしまう。(飯島直樹)

RECORDS & TAPES from No.311

Review by TAKASHI FUTATSUGI
 
 
MIX CD
 
1. Sugar Cru X DJ George / Cold As Ice (Focus)
駿河国静岡を代表するハードコア・ユニット=Sugar Cruのブランニュー・シット3曲のEPサイドに、それらの曲を含む怒涛のメガミックス・サイド=25曲からなる変則的な新作。そのEPサイドには、大阪のThe9Far East、東京のSimonが参加した曲も。DJミックスを担当したのは彼らと関わりの深いDJ George。彼を擁するFocusのスタジオにてHi-A+Production(Vaxim & Nao the Laiza)が仕上げた本作は、モブ・ディープともM.O.Pとも形容される主役2人のパフォーマンスの武骨さを更に際立たせた体裁となっている。グッとくるぜよ。
 
ALBUM 
 
2. EPMD / We Mean Business (EP Records)
前々から噂になっていた黄金ユニットの7作目。リユニオン第2作となった前作から9年…ではあるが、その間各自の活動のみならずEPMDとしてのツアーもあったせいで(?)、かなりタイトな内容となっている。ゲストではファミリーのレッドマン、キース・マーリィに、KRSワン、レイクウォン、メソッドマン、ハヴォックといった役者が揃い、本人たち制作曲以外では、DJ Honda、9thワンダーもビートを提供。何より嬉しいのは“お家芸”となるZappyな、もしくはP系のファンクモードをしっかり貫いている点。テディ・ライリーがロジャー役を務めた(?)「Listen Up」も最高! 連作「Jane」の新章、K・ラ・ボスのカット他、ファン泣かせの内容に。
 
3. Plies / Da Realist (Atlantic)
Ne-Yo参加の「Bust It Baby Part.2」込の2ndから約半年、“16ヶ月でアルバム3枚計画”という公約通り最新作を届けてくれた“フロリダのラップスター”プライズ。今回のプロデューサーは、マニー・フレッシュ、ドラマ・ボーイ、JRロテム、ノーI.D.ら、でクリス・JをFeat.した1stシングル「Put It On Ya」も人気を呼んだばかりだが、それ以上に日本ウケしそうなのが、アシャンティがサビを担当した「Want It, Need It」だろう。ディールの名バラッド「Two Occasions」を下敷きにしたその美麗トラックを担当したのは、相性の良いJRロテム。勿論、あの緩く、中毒性に富んだフロウは全編で炸裂している。
 
4. Devin The Dude / Landing Gear (P-Vine)
ユルいと言えば、この男。元オッド・スクワッドで、ドクター・ドレー「Fuck You」他での好演でその名を上げた、スパスパWeed Man=デヴィン様で御座いマス。古巣Rap-A-Lotと決別し、メタルに強いイメージのRazor & Tieからリリースされたこの5作目は、そのキャリア上の最高傑作かも!?というくらい相変わらずの渋カッコいい1枚!! ゲストにはミスター・パフパフことスヌープも参加しているが、その存在感すらものともしない主役のスモーキーな呟きラップやブルージーな歌ラップ(スパニッシュも)が冴えまくっている本作は、彼が敬愛するブロウフライ級のエロ・ソウルフルな世界観を完全構築している。ロックスターらサウンド班の仕事ぶりも良い。
 
5. PPP / Abundance (P-Vine)
ワジードとサディークから成るプラティナム・パイド・パイパーズ改めトリプル・P= PPPが傑作1st『Triple P』以来4年ぶりとなる新作を発表。生楽器を巧みに取り込みつつも、ヒップホップ世代ならではのソウル・ミュージックをクリエイトする彼らは、コウルトレイン、カーマ・スチュワートらを起用した本作で更に未来派のエレクトロ・ソウルを展開。デトロイト・サウンド=モータウンの現代的再解釈に挑むデトロイト産エレクトロ・ソウル。在りし日のモータウン・サウンド を今の質感、方法論で再提示するというコンセプトも活きている。
 
6. A.K.I. Productions / Do My Best (AWDR/LR2)
“早すぎたホラーコア”とも評された『Japanese Psycho』から約16年の時を経てリリースされるニュー・アルバム。この知らせに胸がトキめいた人は間違いなく楽しめるであろう本作は、いわゆるラップ作品ではなく、資料から引用すると「電子音楽とアイドルに夢中になってしまったラッパーが好きなことに熱中しすぎてラップすることを忘れてしまったような1枚」、ということになる。朗読(?)、歌(?)からギターやアナログ・シンセまでをこなすこのワンマン・バンド(?)は、敬愛するモー娘。のカヴァーまでも披露。44ページにおよぶブックレット「A.K.I.の文集 1995 & 2003〜2008」も封入。
 
7. D.O / Just Ballin' Now (Tearbridge)
練マザファッカーが出たばかりだが間髪入れずのソロ2作目。群を抜くキャラと生き様を描いたライム、現場叩き上げの確かなスキルと豊富なコネクション、途轍もなくデカいヴィジョン、と“幾つもの武器”を持っている彼がその持てる力をぶつけた勝負作。Pagerや雷メンバーの参加、M-1王者=中川家兄を含む練マ軍団のポッセカット、ブルーハーツをサンプリングしたJesse参加曲、Ken-UやMison-BのFeat.とフックだらけの内容。過去を振り返りながらもポジティヴに突っ走る彼の勢いは誰も止められない!
 
8. Scars / Next Episode (Scars / Ultra-Vybe)
収監中のリーダー=A-ThugのミックスCDもかなりのブツだったが、このグループとしてのまさかの2ndも予想以上に良いデキだ! 彼らの地元川崎で撮られたPVも印象深いリード曲(Bach Logic制作)から、オートチューン・ヴォイスでSeedaが歌った「Oneway Love」まで、新しい要素を含めこれぞScarsというストリートの丁々発止のヴァイブスと「音楽で勝負する」というアティチュードが全編に感じられる。Besの脱退というトピックもあるが、アルバムとして、グループとして、よりタイトに見せる構成に。制作総指揮はI-DeAで、D.O他の外部ゲストとの絡みも効いている。
 
9. Geek / Life Size II (KSR)
Oki、Sei-One、DJ EdoからなるGeekの約1年半ぶりの2nd。時に憂鬱で常に誘惑の多い東京ストリートで渦巻くドラマを、リリカルにエモーショナルに描き出すそのストレートなやり口は、『Concrete Green』シリーズやそれこそOkiのソロ作『About』でもしかと味わえたが、グループのコンビネーション/ケミストリーが主軸となる本作の完成度もまたかなりのものだ。参加プロデューサーは、I-DeA、Bach Logicらで、鎮座Dopenessの絡みもアリ。
 
10. Thug Family / 100% Thug (Legendary)
横浜が生んだ噂のリアル・サグ・ラッパー軍団=Thug Familyの初アルバム。5人が入り乱れ、その言葉がナイフのように鋭い荒削りなラップが完全に聴き取れるライヴは、相当にセンセーショナルなもの。『Concrete Green』、『A+』や、数々のストリート・アルバムでも証明してきた通り、その生々しさは音源でも薄れることはない。Legendary inc.発のこの1stアルバムは、565 、 Denのサポート、そして318、Lucha、Tariban、Hydro、J、Ryo、Zorro、Lil Tのビートを活かした合法的犯罪の集大成だ。
 
11. Coma-Chi / Red Naked (Nnife Edge)
々のフィールドで活躍する東京ミチバタ生まれ“前代未聞のB-Girl”の2nd。現在所属のJazzy Sportからの、そしてメジャーからの初アルバムとなる本作は、レーベル・メイトでもあるTettoryBLK、DJ Mitsu The BeatsにDJ Jin、DJ Watarai、K-Moon、熊井吾郎らが新感覚のビートを提供した、フレッシュなトピックとヴィヴィッドなライムの洪水。中にはRhymesterのクラシックの独自解釈リメイク「B-Girlイズム」も。
   
12. Nitro Microphone Underground / Back Again (Nitrich)
あの衝撃の1stから気付けば十周年…。だが、感傷に浸るような連中ではない。その間も、チームでソロでと常に動き続けている彼ら=NMUの新作は6曲入りのミニ・アルバム。前作でも組んだUSのStarwax制作の「JanJaJan」に「王朝」、初起用となるBuzzer Beatsとの「カマゲン」(ドッジとのコラボPVもヤバい)、ご存知Watarai、Jhett制作曲にMacka-Chin作のスキット、と磐石の濃密盤。必殺のマイクリレーが炸裂しっ放し!!

UK REPORT from No.311

Photo & Text by SIMON "MAVERICK" BUCKLAND

Sugar Minott
 
Greetings Friends,
 
●レゲエ界における新年のスタートは、昨年末の様にあまりいいニュースがない。レゲエのレコード・ビジネスは、(2008年の衝撃的なGreen-sleeves買収により)ほぼVP Recrodsに独占されており、アーティストは単発のステージやツアーといったライヴを収入の柱にしなければならなくなった。今まで、どちらかといえばマイナーな音楽ジャンル(例えばジャズ)では、このライヴ主流のビジネス・モデルが随分と前から常態化していた。しかし、レゲエは基本的にはレコード主導の音楽であり、ライヴはシングル・ヒットを飛ばしたアーティストがその名声を利用して一儲けしたり、アルバムのセールスを上げるための宣伝手段として開催したりしていたものだった。最近、ほとんどすべての音楽がインターネットでサウンド・ファイルとして売買されていることは、ここではひとまずおいておくとしよう。20年前にShabba RanksとBuju Bantonが同性愛者に対して攻撃的な非難をメディアで発表して以来、レゲエは反同性愛団体による活発な非難行動に晒されている。その影響により、今でもレゲエのライヴの開催が難しい都市が世界中にたくさんあるのだ。同性愛者に対して融和なアーティストでさえも無言の抵抗に遭遇することもある。一部の大物ミュージシャンやVPと契約を結んでいるアーティストを除き、レゲエのみで生計を立てることは困難な状況になりつつある。レゲエ業界は衰退の一途を辿っている。いつまでこの悪循環は続くのだろうか。
 
●UKのレゲエ・ビジネスにとって悪いニュースが今年の第1週目に発表された。UKのポップス・シングル・チャートがネットのダウンロードのみを対象にすることが決定したのだ。これはUKのCDシングルに“死”を宣告したのと等しい。レゲエは7インチや12インチ・シングルを優先し、CDシングルというフォーマットには最後まで馴染めなかった音楽だ。この新たなチャートのポリシーでは、今後レゲエがトップ20、もしかしたらトップ100にもランク・インしないかもしれない。また、公式サイトを通してのレゲエのダウンロードは非公式のものから比べると圧倒的に少ないのも痛手だ。Chaka Demus & Pliers、Maxi PriestやShaggyといったかつてUKでヒット・シングルを放ったことがあるアーティストがチャートのトップに輝くことは、今後恐らくないだろう。
 

Barrington Levy
 
●UKレゲエ・シーンを生々しく描写したFranco Rosso監督による映画『Babylon』がDVD化された。30年ほど前に限定公開され、カルト的な人気を誇っていた本作には、まだ少年だったAswadのBrinsley Fordeも出演し難役を見事こなしている。映画はUKにおける黒人の生活を非常にリアルに写しており、それゆえに“一般受けしない”と判断されたのだろう、ビデオでもリリースされずに一部の熱狂的なブラック・カルチャー支持者を除き、長い間忘れ去られてしまっていたのだ。UKではおよそ、15年程前にテレビ放映されたのみで、今回のタイムリーなDVD化は歓迎すべきことだ。
 
●現在、ダンスホール・ミュージックを取り巻く環境は非常に厳しい。その中で、VPの4枚組『George Phang Presents Selection Choice: Powerhouse』や、Soul Jazzの2枚組『Dancehall: The Rise Of Jamaican Dancehall Culture』が最近発売されたように、このジャンルのパイオニアが作った1980年代の音楽への関心が高まっている。Half Pint、Michael Palmer、Sugar Minott、Frankie PaulそしてBarrington LevyらがSly & Robbieの味付けによるミニマムでクラシックなリディムをバックにヴォーカルを披露しているPowerhouseレーベルのラインナップを見れば、誰もがその質の高さを疑うことはないだろう。しかし、このコンピレーションでは音質が問題だ。1980年代初期にPowerhouseレーベルのレコードを買ったことがあるなら理解できると思うが、ほとんどのチューンが状態の良くないアナログ盤から復刻されているからだ。一方、Soul Jazzのアルバムに収録されている曲はどれも素晴しいのだが、問題は選曲者が80年代初期のダンスホール、80年代後期から90年代初期、または70年代のロッカーズ・チューンなどの違いを正しく理解していないことだろう。このように書いてしまったが、結局はどれをチョイスするかはあなた次第。この2作品、聴いて損はないはずだ。

Till Next Time, Take Care..........
  
(訳/Masaaki Otsuka)

What the deal is from No.311

(U KNOW)What the deal is
 
新世紀に入り、あっという間に十年近く経ってしまった感じがするのですが、今年もよろしくです。既に本誌では十年以上に渡って執筆させて頂いているのですが、ぐるっと見回すとNYも身辺も景色が相当変わっていて、時の流れとヒップホップを軸とした生活も予想していた事ではなく、驚くばかりです。しかしながら、まだまだ歴史としては浅いヒップホップにも驚かされる事ばかりで、今年もドキドキし続けたいと勝手に思っております?

●今月のジャム
ザ・ゴッドことラキムが久々にNYでライヴを行った。先月もお伝えした閉店となったトライベッカの箱、ニッティング・ファクトリーで12月19日、クレイグG、リージョン、コンシークエンス、ルーツのブラック・ソート、ブランド・ニュビアンスなどをサポートに従え、アラー自身が登場したのは2時半過ぎ、久々のNYアンダーグランド・スタイルな登場だが、会場はメゲずに待った本物のファンばかりで、熱気はもの凄かった。エリックBとのデビュー曲から、プリモがプロデュースしていたヒット曲の数々に、最新曲まで20曲余りを一挙に披露し、最初は白人が多かったので戸惑っていたようにも見えたが、NYを彼自身も再確認したようで、リアル・ヒップホップの灯を点し続けられているのを共有出来るギグだった。デビュー時は、レコーディングの声とライヴの声のギャップに批判もあったが、PAシステムの向上と、ライヴ時のミックス・エンジニアも経験を積み、パフォーマンスも満足出来るものだった。しかし、もの凄い貫禄だったし、そのリリックスも、現代にも有効だと再確認させられた。彼こそが、本物のストリートの詩人である。間違いない?
 
●正月のジャム
1月3日早々、アフリカ・バンバータが久々にダウンタウンでDJプレイをした。ポワソン・ラウンジで、現在もファンクの伝導に余念がないゴッド・ファーザーが、若いオーディエンス達に向けて、新旧のファンクをもの凄い密度でプレイするというセットだった。もっと彼等の流れを汲むDJが増えたら、シーンも面白くなる?
 
●今月のデモストレーション
イスラエルが、地上攻撃を止めず、多くの一般市民の犠牲も出続けているパレスティナのガザだが、NYのハーレムでパレスティナ移民によるデモが行われた。125丁目のアダム・クレイトン・パウエル・ビルの前で行われたこの集会は、ワシントンのホワイトハウス前でも同時にデモが行われ、アメリカの政治的介入を要請した。ハーレムの地元民も予想以上に関心を持っているようで、彼等の望みがかなう事を願いたい?
 
●今月のコラボ
ありとあらゆるダブルネームのコラボが溢れる世の中ですが、自動車メーカーGMが、去年発表した2010年発売予定のG8トラックの発売を中止すると1月7日に発表。そもそも50セントとのコラボだったスポーツ・ユーティリティ・モデルのこの車だが、不況の波をもろに食らっているアメリカの自動車業界の決断であると、GMのスポークスマンは語っている。MTVでのリアリティ・ショウもわずか6話でキャンセルとなってしまい、不運が続く50だが、2月にはニュー・アルバムをドロップする予定であるそうで?
 
●今月の?
NYの話ではないのだが、興味深い話題をひとつ。ベルリンはドイツに住むパレスティナの移民ラッパー、マッシヴが、ドイツの省庁がスポンサーとなっているウエスト・バンクでのツアーにピックアップされていたのだが、これに多くのイスラエル人が反発している。マッシヴは、ベルリンに多く住むアラブ系の移民の子供で、その歌詞は、アンチ・イスラエル、アンチ・アメリカ的なもので、アル・ケイダや、他のイスラム過激派を、"フリーダム・ファイター(自由の戦士)"としばしば読んでいるそうである。勿論、彼等から見れば、それは正しい事と、今更言うまでもないが、ユダヤからしてみたら、ドイツ人がパレスティナ人の過激なラッパーを送り込んで来るなんて、夢にも思っていなかっただろう?

 
沼田 充司
DJ/プロデューサー。 レーベル<ブダフェスト>主宰。 雑誌『ブラスト』でも執筆中。 ニューヨーク在住。 [Photo by Tiger]

FIRE BALL / DON'T LOOK BACK

FIRE BALL / DON'T LOOK BACK
 
Text by Naohiro Moro / Photo by Yoshika Horita
 

昨年夏頃から出る出ると情報ばかりが先行していたFire Ballの6枚目となるニュー・アルバムが2/18、EMIよりリリースされる。タイトルは『Don't Look Back』と彼ららしいポジティヴなメッセージを込められている。この2年半ぶりとなる彼らの作品にじっくりと耳を傾けてみよう。
 
仕事場の椅子に腰掛け、ヘッドフォンをして、まずは音の世界への没入を試みる。
 
再生をクリックする。
 
冒頭の、いつものサウンド・ロゴを聴き、今から始まる音の物語への期待は高まる。
 
続いて鳴り出すハイ・ハットと、絞り出す様なサンプリングの声で、不意に、そして瞬時に「はっ」と何かに気付かされる。分かっていたことだったはずなのに。あのチームが帰還したのだった。耳の奥で「ゾクっ」と何かが蠢く。リズムが奔り出し、彼等の重厚なハーモニーが鼓膜を覆った時、頬杖を付きながら聴いていた僕の頭は、自然に上下に動いていた。
 
Fire Ball、最新のオリジナル・アルバム『Don't Look Back』は、その様にして始まる。自らに“Next Level”という命題を課し、進化を求めて模索を続けた2年半の日々は、“Forward”という結実を得て、“Celebrate”の年の冒頭を飾ることとなった。単刀直入に言えば、素晴らしいアルバムだと思う。
 
横浜開港150周年であり、横浜レゲエ祭15周年でもある、今年、2009年、Mighty Crownファミリーは「祝い」をテーマに展開して行くのだという。その正に「口火」をFire Ballが切ったのである。
 
「正直、“Next Level”っていうテーマの重さに悩んでた、っていうのもあったよ。(Mighty)Crownが目に見えて、テーマに沿ってバシバシ成果を挙げているのを見ながら、自分らにとっての“Next Level”をどう表現すべきなのかって…」(Jun 4 Shot)
 
「すごく時間があった分、逆に、ずうっと気持ち的には追われてる様に感じてた時期もあったし…。今回のアルバムは、やるべきことを、きっちりやり続けたら、自然と結果が伴ったものになった、って感じかな」(Chozen Lee)
 
揺るぎない「自信」と、「強さ」、同時にメジャー・デビュー当時の様な、音楽をクリエイトすることに対する純粋な喜びと、初期衝動を、僕に感じさせた音の感触とは裏腹に、彼等自身の心情は、意外に謙虚であり、製作期間中の産みの苦しみを伝えて来た。しかし、話しを聞き進める内に、確実に“Next Level”に到達している彼等を感じることが出来た。本人たちはあまりそのことに自覚的では無かったが、妥協無き拘りが、本作のクォリティを高めているのである。
 
 
 
今回、彼等が拘ったことのひとつに、“自分たちでミックス・ダウンまで手掛ける”というのがあった。もちろん、全曲ではないが、ミュージシャンの選択、トラックの発注といった制作の管理まで各人が担当した、それぞれのソロ曲でそれは試されている。
 
「前から、『ジャマイカでミックスしてばっかりじゃなくて、自分たちでミックスまで出来る様にならなきゃ』って、みんなで話して時期があって、そこまで意識をみんなで持とうっていう第一歩として、アルバム中のソロ曲を自分たちでやってみようってことになって…。やっぱ、こっち(日本)の音でジャマイカ人にも『あ、いいじゃん』って思わせたいしさ。この先ね」(Truthful)
 
「ジャマイカからStephen(McGregor)のミックスが上がってきたのを聴いて、自分の曲をまたやり直したなんて、しょっちゅうあったよ」(Jun 4 Shot)
 
結局、製作期間中の後半は、録り直し、ミックスし直しなどに多くの時間を費やしていたと言う。
 
「正直言って、リリースの時期も2、3回仕切り直してると思う。ここまで来たら、とことんやろうって」(Jun 4 Shot)
 
「でも、結果、今出すのが一番いいタイミングになったとも思う。2008年中に無理して出してても、何か違う気がする。“その他の1枚”と変わらないものになっちゃったんじゃないかって…。今、ニュー・イヤーで、祝いの年の最初に出すからいいんだと思うよ」(Criss)
 
今作は、レゲエとして多くのヴァリエーションに富み、そういった意味では、あまり、世界的にも類をみない内容になっているのではないかと思う。
 
Stephen McGregor制作の最新鋭のダンスホール・トラック。Sly & Robbie制作の80年代中期のPower Houseの様な生音ダンスホールを思わせるナンバー。秀逸なラヴァーズ。Jungle Roots、Home Grownをはじめとする国内最強レゲエ・ミュージシャンとのセッション。美しいアコースティック・バラード。マイナー調ワン・ドロップ。Steel PulseやAswadの様なUKルーツ調。そして強烈なダブ。このクォリティ。2009年、Mighty Crownファミリー「祝いの年」の幕開けに相応しい。もちろん、新たな挑戦を続けなければならない日本レゲエ界、しいてはCD売上低下に悩む音楽業界全体にとっても、だ。この素晴らしい作品が、実際、多くの人の鼓膜に触れることを、切に望むところである。
 
最後に彼等からのメッセージを残し、この稿を終わろうと思う。
 
「長々と皆さんお待たせしましたが、Fire B、ニュー・アルバムが出来ました。こいつを引っさげて2009年はガンガン、ライヴをやって、盛り上げて行きたいと思いますんで、皆さんもチェックして下さい。とにかく、今年は横浜開港150周年で、横浜を祝う年だから、オレらも横浜でみんなのことを待ってるから、みんな、横浜に来てくれよ!」(Truthful)
 

"Don't Look Back"
Fire Ball
[EMI / TOCT-26782]

サイプレス上野とロベルト吉野 / WONDER WHEEL

EVOLUTION OF HIP HOP REVOLUTION
サイプレス上野とロベルト吉野 / WONDER WHEEL
 
Interview by Takashi Futatsugi / Photo by Eigo Shimojo
 

マイク担当のサイプレス上野とターンテーブル担当のロベルト吉野によって2000年の夏、横浜のハズレで結成された彼らの2ndアルバム『Wonder Wheel』が彼らのパフォーマンス以上にとんでもないコトになっている。早速サイプレス上野にしゃべり倒してもらった。
 
「前作ですか? 当時はライヴで噂になってる自分達が、『ちゃんと作品作れるのか?』という声を木戸クラッチばりに切り返えそうと作ってました。その時に出来る事、ノリ何かを全部ごちゃ混ぜにして、闇鍋スタイルでぶっかませたと思います」
 
「これまでのライヴでの忘れ難いエピソードは、“Next Episode”でも歌っている“2001.7.25@Bay Hall”→横浜の老舗“Logos”のドでかい祭りにようやく呼ばれるも、歌詞はぶっ飛ぶ、針もぶっ飛ぶ始末。お客さんもたくさん呼んでたのでしっかりしようと思いました。“新宿IZM”→まだライヴ内容も定まってない時代(木刀でお客さん追い回したり、タバスコ飲んだり)に、例のごとく木刀持って走っていたら階段を転げ落ちて血まみれに。下駄を履いていたのがマズかった…。しっかりしようと思いました。“Raw Life@君津の廃ボーリング場”→興奮し過ぎてダイブ! 続いて吉野もダイブ!!って事でステージから誰もいなくなった。曲が終わりそうなのを間一髪救ったのがLockstock社長、Hotchiだった…。“建設的”→俺が主催のイヴェントですが、毎回なんか起きます(笑)。気を緩めすぎたのか、一曲も歌えずゲストで呼んでいた韻踏合組合のSatussy君に『初めて歌えないラッパーにあった』と言われました。他にも、放り投げたマイクが客で来ていた丸(UMB2007横浜代表)を直撃して流血。たまたま吉野がDJした時に、流れるメタル・ハードコアに合わせて喧嘩が勃発! 喧嘩があったのは奇跡のこの一回だけです(笑)」
 
「“一番嬉しい評価”は『くだらねえ…』ですかね(笑)。『相変わらず』とか『イケてる』とか。十分に凹まされてきたり、『お笑いっしょ?』とかバカにされてきたりしていたので何も気にしなくなった。あとは安酒感覚というか、ラーメン二郎がイケる奴との邂逅、愛すべきくだらない物への愛情。何があっても『どうってことねえよっ』て気持ち。心の中で『ライバルをつくって、そして勝つ!』スタイル」
 
「新作を制作するにあたって特に気を使ったことは……前作は超えないと何も意味ないので、ラップ/ビート/スクラッチ/ガヤまで細かく気を使いました。ラップのハメっこ具合も単調にならないように曲ごとに変えたり、スクラッチも空間使う時もあれば、ギュウギュウにハメっこしたり。ビートは、自分達(ドリームトラクターズ/いぬやま)以外は気の知れた(ふれた)方々にバッチリなブツをお裾分けして頂きました! ちなみにドリームトラクターズは、俺のアイデアを具現化してくれる右手のタケシ・ヨシムラ=ビート武士で、いぬやまは、謎みっちゃん、ビート武士、ロベルト吉野、りょーちん(失踪中)によるボンクラカルテット。武士の家でかかっていて、『格好良いね、誰?』『いぬやまっすね』『使うべ』って感じで決まりました(笑)。
 
その他にも竹内朋康さん、Sly Mongoose、DJ Wataraiさん、Bach Logic、宇多丸さん、Buzzer Beatsなどなどの皆さんにも参加してもらって。タイトルの理由は、家の前にあった遊園地『ドリームランド』の象徴が『ワンダーホイール』という観覧車だったので。CD出す前は皆でロクに仕事もせず夜中も遊園地で遊んだり、スケボーしたり、酒飲んだりしてて。それを見守っていたのが『ワンダーホイール』。今は無いからこそ、俺達が『2代目ドリームランド襲名』、『ワンダーホイールになってやる』って!という意味を込めて。後はスケボーのウイール、レコードのWheel、人生というのもかけて。コンセプトは、ぶっちゃけ無し(笑)。前作を超えるのは当たり前として、今まで通りの俺達と『ドリーム』を出してからの2年間を作品に落とし込めるのを心掛けた位です」
 
「現在のシーンを見渡して思うところはですね…周りで一緒にやっている同世代の皆が、メジャーのディールを取ってきたり、インディーズでも雑誌の表紙を取ったりして、非常に良い波が来ていると思います。若手のミックスCD、手売りのCDも良い売り上げを出しているし、音楽でメシ食っている人間が増えてきている。手前味噌ながら自分も冠のラジオ番組をやらせてもらえて、確実に動いている。後は自分達のスタイルを崩さずに全体でワン・ランク・アップさせて、どこかの誰かが植えつけたイメージを払拭して、つまらない事をしないでチャート上位を独占できたら最高ではないでしょうか! 同じ世代の皆が、手強いライバルであり、非常に信頼出来ます!! キラッ!!! 『Riddim』読者のみなさんには、始めまして! 横浜・湘南・神奈川には偉大なる先輩方、同世代のイケてるレゲエ・シーンがあり非常に刺激を受けています。自分達も負けないようにぶっかまして行くので興味が沸いたらチェックお願いします! リスペクト!」
(発言はすべてサイプレス上野)
 

"Wonder Wheel"
サイプレス上野とロベルト吉野
[Almond Eyes / XNAE-10019X]

DABO IS THE BEST

EVOLUTION OF HIP HOP REVOLUTION
DABO IS THE BEST
 
Interview by Takashi Futatsugi / Photo by Jamandfix
 

1999年のデビュー・シングル「Mr.Fudatzkee」のリリースからちょうど10年。それを機にCD3枚組に56曲も詰め込んだとてつもないベスト盤『I'M THE BEST』をリリース。DABO本人にその山あり谷ありの10年間を振り返ってもらったが、決してそれは思い出話ではなく、読者にはきっとその言葉の端々に未来のDABOの姿が覗き見られるはずだ。
 
「振り回すPLATINUM TONGUE 不埒な罰当たり/2001 始まったこの俺の勝ち上がり/2002 スコープ覗き狙いすましたHITMAN/まるでそうMr.トーゴー 風穴空けたその眉間/2003 ばらまく言霊はDIAMOND 永久に輝く功績盛り込む/手柄モロモロ誰のモン? そう俺のモン だがまださらに進化2006/猛らせたFORCE呼び覚ます 注ぎ込むこの魂/そして2009 者どもお待たせ 五度目のご機嫌なご帰還さ ほらまた手をかざせ/頭の上で鳴らせ 互いの手と手打ち合わせ HI-FIVE 新たな旅 行く先なら風まかせ」「Watch Out (Hi-Five)」より
 
昨年ソロ・デビュー10周年を迎えた“宝の舌を持つ男”DABOが、キャリア初となるベスト・アルバムをリリースする(した)。CD3枚組にまとめられたその黄金のクラシックスは、ソロ名義での初の単体リリースとなる99年発の「Mr.Fudatzkee」(Reality)から、 Def Jam Japan、 EMI Music Japanのメジャー・リリース作(Baby Mario Productionから出た『6 Bullets』収録曲も)至るまでの中から、1日10万近いアクセス数を誇るオフィシャル・ブログ「Paper Moon Man」で行なわれた人気投票をベースにしたもの=29曲に、現在制作中のオリジナル新作のプロローグとなる、Lil'Ogiプロデュースの録り下ろし曲「Watch Out (Hi-Five)」を追加した濃厚な内容に。それだけではない。Shakka Zombie、Zeebra、Muro、Ozrosaurus、Pushim、Chemistry、Suite Chic、AI、Krevaなど120曲オーヴァーのフューチャリング・ワークスから本人が厳選したトラックを“長年の相棒”であるDJ Hazimeがミックスしたディスク3…。つまり、ここにはNitroや、Macka-ChinとのユニットMABOの楽曲も敢えて“対象”から外されているのだ。4枚のオリジナル・アルバムに、彼主導の日本語ラップ収穫祭的ショウケース盤『DABO Presents B.M.W. -Baby Mario World- Vol.1』(07年)、更にE.P1枚、シングルは9枚…と、ベスト盤をまとめるに十分過ぎる程の“弾”を持っている彼だけに、このボリュームにも納得できる('00年以降、グループ作を含めるとアルバムもほぼ年1ペースだ!)。その快進撃の原動力となったのは? 真性Bの彼に訊いてみた。

●10周年を振り返って、その中で今改めて大きな“山”だったと思うことを3つほど挙げて簡単にその理由を説明して下さい。
DABO:最初の山はデビュー寸前。NYのDef Jamオフィスを訪れ、その規模のデカさを知ってガン落ち。これから俺が日本で成さなければならないことの重みを知り過ぎて軽く死にそうになる。二つ目はDef Jam Japanを離れた時。メジャーに嫌気がさして会社設立、独立。でも、そこからさらに音楽業界のややこしさを知り、媒体としてのメジャーの力の大きさを思い知らされ打ちのめされる。三つ目は(MSCの)漢とのビーフ。今思えばあれは俺の中で転機だったと思う。あれがないまま今を迎えていたら俺はもっとチョーシこいてたかも知れない。下の世代の突き上げを初めて身を以て感じて自分を見つめ直せたいい機会だったね。
 
●ファン投票の結果を見て、自分的に“意外”に思った曲は? また曲を並べるにあたって気を使ったことはありますか?
DABO:ファン投票は、ほとんど俺の予想と一緒。でも「徒然草」とかが上位に入ってくるのはさすが“俺のファン”って感じ。曲順に関しては、いくつかの曲をひとつのCDにコンパイルする時に考えることは、ライヴの構成を考える作業と同じで。もっと言うと一回のセックスをどう初めてどう締めるか、ってことと同じっつーか。流れ重視。どう始めたら気持ちいい? その次どこいじって欲しい? どっかでおざなりじゃないとこも見せなきゃ。どこで火をつけてどこで燃え上がらしてやるか。最後はどこに出してほしい? そーいうこと。俺がしたいこととみんながして欲しいことのバランスも大切だから。
 
●フィーチュアリング曲で特に印象深かった(当時の)エピソードを幾つか挙げて下さい。 またDJ Hazimeのミックスを初めて聴いた時の感想を。何か“注文”したことはありますか?
DABO:Shakka Zombieの「共に行こう」は俺や仲間にいろんなものを与えてくれたかけがえない曲。シャカには頭が上がらねっす。Pushim「I Wanna Know You(J.J. Remix)」は俺が原曲を好き過ぎて自分からオファーして願ったり叶ったりの結果に。Pushimというディーヴァと仕事をするきっかけになった宝物チューンだね。Chemistry「Brotherhood」は、川端君を裏方から引き離した状態で俺の自宅でミーティングしてからオファーを受けた。彼の人柄を感じてから詩を書いてレコーディングして、それがオーバーグラウンドであるChemistryのファンにも受け入れられたことは俺の自信にも繋がったね。ハヂメのミックスはバッチリ。注文したのは「これだけは入れてくれ」みたいなことくらいかな。相変わらず野郎仕事できるっスわ。
 
●『I'M THE BEST』というこれ以上ないタイトルを思いついたきっかけについて。
DABO:全部がベストだし、全部がベストじゃないとも言える。全部が可愛い子供だけどまだまだ満足してないし、聴き返してみると本人しかわからないアラが見えてしまう。つまり、まだやれることがある。有り余ってる気がする。そのように感じる。自分の伸びしろが見えるんだよ。実際キャリアを重ねれば重ねるほど謙虚になっていくわけで、俺もマダマダだな、っていつでも心から思ってる。だからもっと上を目指していく。その中で敢えて「自分がベストだ」って言い切るタイトルをつけたのは、俺がBボーイだからだね。「誰にも負けねー、負けてねー」って自分にハッパかけてんだよ。いつでも戦ってるんだ、笑ってても。それが俺のヒップホップなんだよ。俺は強くなりたいんだ。
 
●2009年のテーマ、予定等を。
DABO:テーマは“原点回帰”、初心忘るるべからず、人の振り見て我が振り直せ。そんなとこかな? 予定は次のソロ・アルバム、初となる書籍出版、ニトロのベスト盤とか。あとイベントやろうかなーと企み中。そしてスポンサー募集! あなたの資産、有効に活用しまっせ〜。とにかく2009年も俺から目を離したら危ない。時代が変わる音が聞こえるか? それどっちから聞こえる?わからなくてもわからしたるで。I'M THE BEST, STILL! ビアーーーッチ。
 
  


"I'm The Best"
Dabo
[EMI / TOCT-26758〜26760]

BERES HAMMOND / A MOMENT IN TIME

BERES HAMMOND / A MOMENT IN TIME
  
Interview by Ak-1 a.k.a. Akihiro Ozeki / Photo by William Richards
 

先月号に発表された「Riddim Awards 2008」の“International Dancehall Reggae Albums”において『A Moment In Time』で見事1位を獲得したBeres Hammond。その報告も兼ねて新年早々、彼の拠点である新しいHarmony House Studioに赴きインタビュー。
 
●最初にレコーディングしたのはいつですか?
Beres Hammond(以下B):12歳の時にダイナミック・サウンドでレコーディングしたのが最初だったな。曲名は「Wonderer」。ラヴ・ソングだよ。
 
●その時代はいつ頃です?
B:確か、70年代前半だったかな? 定かじゃないけど、その頃だ。
 
●昨年、歌手活動30周年だと聞いていますが、それ以上じゃないですか(笑)。
B:そうかもね(笑)。若い頃、確かトレジャー・アイルとも仕事をしたはずなんだけど、曲名や何曲録ったかは覚えていないなあ。スタジオ・ワンとは仕事をした事は無いけどね。ただ当時から数え切れない程レコーディングしていた。本当に楽しかったね。
 
●60年代はあなたにはどう映っていますか?
B:まだ若かったのであまり覚えていないよ。
 
●では70年代は?
B:その時期こそ、私が音楽的に成長をしていった時期だね。今までのジャマイカの音楽史の中で、一番素晴らしかった時代だと思っている。
 
●では80年代は?
B:音楽が変化していった時代だね。皆がそれぞれスタジオを所有し、それを使い出した。DJ達は今の様なヴァイオレンスな曲はそんなには歌わなかったし、他人の事をメチャクチャ言ったりもしなかった。この当時の音楽も素晴らしかったよ。90年代の最初の頃も良かったが、何故その後変わっていってしまったんだろうね? テクノロジーが誰でもDJやシンガーになれる状況に変えたのは間違いないが、テクノロジーだけのせいだけではないだろうね。現在はまだ分別がつかない様な、プロのレヴェルに達していないDJやシンガー達が表舞台に立っているよ。まあ俺はこの状況が変わるのを見守っていくよ。
 
●ご自身の曲で好きな曲を挙げてもらえますか?
B:(笑)…1曲1曲全部、自分の家族、子供達だと思っているだ。全員違うし全員好きだ。だからどの子供が1番なんて言えないだろ(笑)。それからこれからももっと子供を作らなきゃいけないし(笑)。
 
●ごもっともです(笑)。先ほどの話に戻りますが、最近のシーンについてどうお考えですか?
B:全てのジャマイカの音楽を私は受け入れているつもりだが、ダンスホールの行き過ぎたヴァイオレンス、スラックネス等の曲は嫌いだよ。世代がどんどん交代していく中、私は若い人達、子供達に正しい事を伝えていく責任があると思っているんだ。だから、ダンスホールだって子供達を駄目にする様な音楽ではなく、スマートになって欲しいと思っている。とは言ってもね、ダンスホールもレゲエも心から愛してるからこそ言うんだけどね。
 
●いつもどんな風に曲を書かれるのですが?
B:例えばあなただったり、他の色んな人達とリンクしてインスピレーションを得るんだ。つまり人々が普通に生活して感じる様な何気ない事とかだよ。そういった色々な人からアイデアを貰っているんだ。実際のところ私は歌を作るだけだが、仕事をする時はいつも4〜5人のミュージシャンがスタジオにいるんだ。一人一人が持っているアイデアを出し合って仕事をしてくれるんだ。ま、オールド・スクール・スタイルだね(笑)。そういうスタイルが好きだけどもデジタルだって大丈夫だよ。
 
●昨年はダン・カーレオンと仕事をしましたね。彼について聞きたいのですが?
B:彼に会うといつも「一緒に仕事が出来ないか?」と訊ねてくれたんだ。彼と仕事が出来て私も嬉しいよ。実際、彼は音楽的な目的意思がしっかりとしていて、自分が何をしたいか分かっているからね。
 
●ご自身のレーベル、ハーモニー・ハウスはいつスタートしたのですか?
B:1980年だよ。
 
●ハーモニー・ハウスが今プッシュしている若手がいれば教えて下さい?
B:ヴェニア・ウエストっていう素晴らしいシンガーがいるよ。私達は彼女を“レイテイ”と呼んでいる。それとNYからジミー・コーズィって奴がいる。最近とあるプロジェクトを終えたばかりだよ。あとエルディというアーティストも上がってきているよ。
 
●昨年この新しいスタジオとオフィスが出来ましたね(キングストンのハーフウェイツリーのスタジオ密集地帯にある大きな敷地を擁する2階建て)。最近の曲やダブ・プレートはここで録音しているのですか?
B:そうさ。新しいアルバム(『A Moment In Time』)の曲も殆どここで作った。お陰で良いアルバムが出来上がったと思うよ。
 
●ご自宅のスタジオはもう閉鎖したのでしょうか?
B:家のスタジオはプライベートとして残してある。あのスタジオはヴィンテージ!!! ベストなサウンドが作れるんだ。もちろんこの新しいハーモニー・ハウスの音もとても気に入っているよ。
 
●本当に両方とも素晴らしいサウンドだと思います。先ほども少し触れました、新しいアルバムが昨年末にVPレコードからでましたね。この作品に込められたメッセージをお話頂ければ。
B:あれはミックスチャー・アルバムだ。世界で起きている事など、例えば…(と「Picking Up The Pieces」を歌いだす)…戦争、争い事だ。1つの争いが終わるともう1つの争いが始まる。もちろん愛の事や他にも色々な曲が入っているよ。いい感じにブレンドされてる。
 
●『Riddim』の「Riddim Awards 2009」のジャマイカン・アルバム部門でこの作品が堂々の1位を獲得しましたよ。
B:(笑)いつもサポートありがとう。
 
●今回のアルバムにコンビの曲がありませんでしたが?
B:別に意図がある訳じゃないよ。選曲は私だけで決めた訳ではなく、VPも手伝っているんだ。実際、Jah Cureとも一緒に曲を作ったんだけど、このアルバムには入らなかったんだ。タフでナイスなチューンなんだけどね(笑)。
 
●リリースが楽しみです。では、こうして30年以上の活動をなされてきて、振り返ってみて思う事は?
B:全てが良い思い出で、良い経験だ。色んな事がスタジオだったり、ステージで起こるからね、ツアーに出ている時など国によって人々や文化がどこも違うから色々学べる。それに皆、私を凄く丁重に扱ってくれるんだよ。本当に感謝しているよ。そうだ、初めてインターナショナルなステージでパフォームした時は頭が真っ白になった事もあったな…(笑)、まあ色々あるね。そう言えば最初に日本に行った時も会場に着いてビックリしたんだ。あんなに人が入っているステージ・ショウは初めてだったしね。まあ、全ての事はその時1回だけの事なので、その日その日をきっちり振り返る様にしているんだ。だって全ての出来事は、自分をどうすれば良い方向へ行けるか導いてくれたり、どうやって強く生きていくかを教えてくれるからね。
 
●昨年の暮れにナショナルスタジアムで開催されたあなたのショウ「A Moment In Time」はとても感動しました。
B:そうか、良かったか(笑)。ナイス・ヴァイブスだろ?(笑) 私も良いショウだと思っているから今後もキープしていくよ。
 
●是非今年も宜しくお願いします。さて、これは個人的な要望ですが、70年代のBeres Hammondの作品を再録音するといったスペシャルなアルバムは考えてないですか?
B:そうだね。あの当時はレゲエだけじゃなく、バラード、ファンク、ジャズっぽいのも歌っていたからな。皆が欲しいと言えば考えるけどね。

 


"A Moment In Time"
Beres Hammond
[VP / VPCD1824] 

MICROPHONE PAGER

EVOLUTION OF HIP HOP REVOLUTION
MICROPHONE PAGER
  
Interview by Yutaman / Photo by Great the Kabukicho
 

90年代前半、これほど熱いマイクリレーが可能だったユニットが他にあっただろうか、そう、あのMicrophone Pagerが『Don't Turn Off Your Light』(95年)以来、13年振りとなるアルバム『王道楽土』をMuro & Twigyの2トップで完成。ではなぜ今、Microphone Pagerでなければならなかったのか、両氏にじっくりと話を聞いた。
 
●このタイミングですので、まず今年の豊富をお聞きしたいです。
Twigy:オレはJazzy Sportにいく事になって、そこから新しい動きを見せられると思うから、その事を頑張りたい、と。あと服も始める事になって、それも楽しんでやっていきたい…無理せずに(笑)。
Muro:オレは“去年よりは今年”みたいな、常に一年の節目として去年を上回りたいな、っていうそんな目標で毎年やってるんですけど。
 
●今年の頭、早速ペイジャ−13年振りのアルバム『王道楽土』が出る訳ですが、ライヴ活動の予定もあり?
Twigy:オファーがあれば何らかのカタチで。
 
●それこそ大晦日に『NHK紅白歌合戦』を観てて、ここにペイジャーが出る事はないのか、と勝手に思いを馳せていたんですが…。
Muro:いつかやってましたよね、『紅白』で和田アキ子さんと荻野目洋子とキョンキョンが3人でラップ…(笑)。紅組の応援みたいので、80年代後半とか…。
 
●自分達が『紅白』に出られるのをイメージする事はありますか?
Twigy:いや、一切ないね(笑)。テレビ出てたりそこでライヴしてるのは想定できるけど、はっきり言って気にしてない。そこでの扱われ方が正解だったらオレはいつでも出るけど、編集されてカットされて向こうの思い描くカタチでオレやオレ等が出されるんだったら、出ない、派。出せるもんなら出してみろって話(笑)。
Muro:あんま考えた事ないっすね。オレとかダンス番組ちょっと出て、歓声を貼付けられてた時代だからね…拍手とか。
 
●どうしても懐疑的になってしまう。
Twigy:ジブラの番組(『シュガーヒルストリート』)位の感覚で居易い状態だったらやり易いけどね。何もやる事が違わなければ。
 
●なるほど。
Twigy:オレは瞬間的なアーティストだからリハーサルを何回もやるのも嫌だし、言う事も決まっていて、テレビってそれの極地じゃん? だからそこにオレを出せるのかな?って。ラジオでさえこうパンチライン言った後に慌ててマイクの音下げたりしてて、まあそれじゃ遅いんだけど(笑)。
 
●逆にこの作品を世に浸透させる方法のイメージはありますか?
Muro:とにかくブレがないところを伝えたくて。そこでYouTubeは手っ取り早いPRの場だと思うんですよ。無料だし、まだ2回しかあげてない状態でもう1万6千までいってるんで(1/14現在)。
 
●今回フューチャリングで参加されているアーティスト達は、やはりペイジャーのDNAを濃く受け継いでる人選?
Twigy:そんな感じだね。一番イケてる連中。人となりとやってる事、言ってる事が同じ人間が一番本物だと思うから、そういう奴らと動かしていきたい。この、黒い塊を知ってる奴らが本気でやってると思うんだよね。それって楽しいだけじゃなくて、凄く悲しくて辛い事だったりとか、そこからきてるものなんだ。それを知ってる奴らがふざけたりもできるし、笑ったりもできるし、傷つけたりもできて、そんな奴らがペイジャーのヘッズだったと思うし、その感じが欲しかったからこういう人達を選んで。
 
●久しぶりに一緒に作品を創られて、変わった部分、変わらなかった部分は?
Muro:やっぱり一番やり易い。
 
●それは何故?
Muro:気持ち的なところが、さっき言った様にブレがなく、それで今同じ時期に同じ気持ちになれてるっていうのが、大きかったんじゃないかな。
 
●同じ気持ち?
Muro:今破壊しないとしょうがない、っていう。とりあえず一度フラットにして、もう一回築き上げ直さないと、って。
Twigy:今、結構諦めモードじゃん? (このアルバムには)ラップやヒップホップやってる奴に限らず、ヒントになる、士気を奮い立たせるにはいいものが沢山入ってるかなと。
Muro:より幅広く聴いてもらえればっていう意味でのフューチャリングの世代の広さっていうのもあるし。一人でも多くのリスナーに届けばいいですね。
Twigy:それでラッパー達がムロ君やオレのラインを使ってラップしてるでしょ? そういうのを聴いてペイジャーが何なのかって事を、リアル・タイムで知らなかった人達にも見えてくればと思いながら、創ったんだよね。
 
●お二人にとって“マイクロフォン・ペイジャー”とは?
Twigy:当時オレ達みたいなスタイルの奴らがいなくて、そこをもっと黒くしたかった。当時オレはNYに半年住んで帰ってきたばっかりで、名古屋にはシーンがなかったし、東京に出てきてやってる人達のを見ても「あれ?」っていうものだったんだよね。凄く幼稚に見えて、でも都会ぶっててたまらなくダサくて、じゃあどんだけのものか見せてやるってなった時に、オレの中ではムロ君がやってる事が一番正しかった。
Muro:僕は元々(DJ)クラッシュが側にいたんで、そこから学べてるところがあるんで、また全然違うのかな、みたいな。クラッシュとウチのじいちゃんが凄く似てたんですよね(笑)。話し易くて気持ち良かったと言うか、当時クラッシュ・ポッセに免許持ってる奴が誰もいなかったんでオレが運転手やってて、毎回デモを創ってきて車で聴いてもらうのが楽しかったですね。
Twigy:あの頃はある意味日本語ラップの冬の時代でしたもんね。
Muro:ホントだね。
Twigy:一瞬の流行りみたいな感じで、一人勝ちする奴は一人勝ちしていくし、それが91年かな、第二期が95、6年なんだけど、その度に自分のやってる事が小馬鹿にされてる様な感覚に陥るというか、でもそれがメディアで表に出て、今も結局似たような状態じゃん? だからそういう本物のラッパーを届けたくて、“スカイ・ペイジャー”から取って“マイクロフォン・ペイジャー”って事で色んなところに飛ばして行く、みたいな。オレらがライヴで地方行った後、そこのサークルのりの学芸会的なラッパー達が、2度目行くと思いっきりペイジャーの格好になってて(笑)。そこで格好だけで終わらなかった奴らは今でも日本中でやってるし、そういう火をつけた当事者なのかな、って。
 
●お話を聞いてると、状況が沸点に達すると現れるのがペイジャーみたいな気がします。
Muro:前の時と今の状況似てますね…やっぱりか、みたいな。
 
●逆にペイジャーが出てこない時代は平和な様な…?
Twigy:どんなものなんだって…なまはげ的な(笑)。

 

"王道楽土"
Microphone Pager
[Nippon Crown / CRCP-40215]


【Featuring Artists】
B.D.the Brobus / D.O / DJ Ameken / Q / 漢 / 鎮座 Dopeness / The Legend$ (Den / 565) / 雷 (G.K.Maryan / You The Rock★ / Rino) / Mummy-D / E.G.G.Man / Boy-Ken / Zeebra / Uzi / Syzzzy Syzzza / Coma-Chi / Hidaddy / 剣桃太郎 / Shingo★西成 / Mikris / JBM / Mars Manie / DJ Tomiken / Suiken / Ryuzo / Dabo / Anarchy / Seeda / Bes / D.L / Gocci / Kashi Da Handsome / DJ Mash

2009年1月28日

MUNGA / BAD FROM Mi BORN

MUNGA / BAD FROM Mi BORN
  
Text by Natsuki Toi / Photo by Tsutomu Tomii
 

“ギャングスタ・ラス”…この実にアンビバレントな異名こそが、この男そのものを、そして今の“ジャマイカ”を表象しているとさえ言える、時代の寵児ムンガ・オノレブル。待望のデビュー盤をドロップした彼の生声を交えつつ、全貌に迫ってみよう。
 
ジャマイカはセント・メアリー教区出身、生粋のカントリー・ボーイが音楽を志し、キングストンへ出てハスリング生活。今も昔もかわらない映画『ハーダー・ゼイ・カム』の世界を経て、97年「Red Label」というリカー・メイカー主催のタレント・コンテストで初めてステージに上がり、99年からはケイプルトンの取り巻きの一人として旗持ちなどをしつつ、DJのスキル、音楽ビジネスなどを学ぶ。しかし、師シャンゴから学んだ最も大切な事は、「謙虚さ、倫理、そして寛容さ」だという。
 
 05年、Don Corleonレーベルの“Sweat”リディムに乗って「セラーーシアーイ」と叫びタフな喉を鳴らしながら、畳み掛けるライムで、「バッドでキレキレ、ルードな俺様が一番!」とバッドマン・アンセムでボス。以降も勢いの止まらないダン製作のビッグ・リディム“High Altitude”“Foundation” “Heavenly” “Raging Bull” “Artillery”等で立て続けにヒットを生み出し、07年にはその人気も不動のものに。
 
そしてようやく届けられたファーストはハズシ曲なし、「自分を丸ごと表現するようなスゴイものを作れた」という言葉に自信がみなぎる作品となった。
 
 ところでこの男が、うごめく大群の中でなぜ光ったのか考えてみると、明らかに傑出していたのがその“スタイル”だろう。ラスタを公言しながら、ターバンではなくニューエラのキャップにパーカをさらりと羽織り、Diorのグラサンでいかにもヤーディに自分を演出。ラスタとしての敬虔な内面と、外見とのアンビバレントは彼のリリックにも顕著で、ハイレ・セラシエを崇めながら、銃をぶっ放すと脅し、セックスに強い自分をアピールする。
 
 “ギャングスタ・ラス”という異名に、生粋のラスタファリアン達がいい顔をするわけがもちろんなく、「誤表象、商業目的の迷惑な乱用」と非難の的にも。でもこの言葉ほど今のジャマイカ、ダンスホール世代を巧く現す言葉はないのではないだろうか?
 
 ボブ・マーリー世代を親に持つ彼らは、ゲットー・ライフの中で生まれた時からラスタファリアンの親族身内を身近に感じながら育つので、ある意味ではまだジャマイカの保守層からは怪訝な顔をされる存在であるラスタの思想を、固定観念無しにとても自然な形で受け入れている。そしてそんな彼らの憧れのアイドルはビーニではなくボウンティ・キラーだった。貧困の中でどうにか成長しても、まわりには銃が溢れ、ガン・ショットを聞くたびに緊張し、兄弟や友達は殺され、気づけば自分も銃を握っている…のかもしれない。
 
 傍目に見れば、それはギャングスタに違いない様相でありつつも、心根にはラスタファリアンとしての教えが深々と根付いているというような。ムンガ本人はどのように考えているのかというと…
 
 「革命や反逆、平和や信仰といった俺の中にあるものをただ口にしたのさ。俺のライフ・スタイルはラスタだし、俺の音楽はギャングスタのような強さ、タフさ、力がある。ゲットーで生まれて、もちろんハードコアでバッドな道も歩んできたけど、ラスタという生き方に出会って世界が開け、変われたんだ。その俺の感情やイメージや人間性を表すベストな言葉が“ギャングスタ・ラス”というわけだ」
 
 この彼のスタイルの打ち出し方に、多くのゲットー・ピープルが賛同したのは想像に難くない。ここまで注目、支持されたことについては、
「とても感謝している。ハイレ・セラシアイのご加護だな。全てのインスピレーションは神から授かるんだ」と謙虚だ。
 
 またあえて付け加えるなら、私たち日本人にとって馴染みのないギャングスタというのは、ジャマイカのゲットー・ピープル達にとってはただのヴァイオレンス集団という側面だけではなく、時に生活を支えてくれるビッグ・ドンであり、分け与えることのできるもっともチャリタブルな慈悲深いビッグ・マンとしてリスペクトされる存在でもあり、ムンガ自身もそういった側面を特に強調しているようだ。
 
 それから最近音楽業界を吹き荒れているヴォコーダー使いのオート・チューンを、ダンスホールで最初にボスさせたのはムンガだろう。それもT-Painの影響ではなく、インスピレーションは「ブーツィー・コリンズから受けた」と答えるところが渋い。2Pac、ビギー、Jay-Z、Nas、Lil Wayeらのヒップホップももちろん愛聴しているほか、ロックやヘヴィーメタル・ロックも好きだとか。
 
 トレンドの匂いをすばやく嗅ぎつけ、人々の求めているものを一番新しい形で提示してみせるのがムンガ・スタイルだ。
 
 一度は“ステージ上での乱闘”という失態を犯したものの、決してリリック上を超えた争いを好まず、各インタビューでも敵とされるDJの名前を口にするのを拒み、Alliance加入の誘いもやんわりと断り、ますますリリック戦争が盛り上がる「Sting」には2年連続出演を拒否している姿勢、そしてアルバム最終曲「Prayer」にこそムンガの本質を見るような気もする。
 
 「オノレブル(=Honorable)」という言葉は実に多様な意味があり、「正しい、正直な、高潔な、威厳のある、非凡、高貴、優秀な、傑出した、輝かしい、立派」などこの世の全ての褒め言葉をひとつの単語であわらしている。こんな名前をつけてしまう男っていくらなんでも、なかなかいない。今後のプランは?
 
 「基本的にはラスタ・ライフだ。音楽についていえばもっと音楽性を広げて、ナンバー・ワンになりたいね。次のアルバムもすぐ出したいし、どんどんレコーディングもするし、人生も音楽も追及したいよ」


 

"Bad From Mi Born"
Munga Honourable
[コヤシ / KHCD-015]

BURN DOWN / ABYSS DEPARTMENT OF WEST

BURN DOWN / BAD FROM M BORN
  
Text by Takashi Futatsugi / Photo by Kurofin
 

大阪は南部、人口10万人にも満たない貝塚の地にどっかと腰を据え、野太い根っこははりめぐらし、その根っこの如く野太いレゲエ・ミュージックを発信し続けているBurn Down。昨年末に完成した特濃なプロデュース・アルバム『South Yaad Muzik Compilation Vol.3』のリリースを祝し、大阪レゲエの忘年会を演出してくれた。
 
 『South Yaad Muzik Compilation Vol.3』の地元大阪でのリリース・パーティが行われたのは、昨年と同じ場所=Zepp Osaka。しかも、去年と同じ日! これは、ひょっとすると恒例化の兆し?   
 
「やっぱり同じ日になりましたね(笑)。大阪レゲエの忘年会と言うてくれた人もいますけど、ほんまそんな感じになったらいいな、と思ってます。去年は僕ら仕切りでの初のバンド・ショウってこともあってテンパリまくりだったんで、今年は少し落ち着きつつも、わっしょいで頑張りたいと思います。アルバムですか? 僕らは、ほんまに自分らが欲しい、皆に聴いて、感じてもらいたい曲を一緒に作りたかっただけで、その結果がみんなに喜んでもらえたら何より、なんで。アーティストの皆さんから“ヤバかった!”と言ってもらえてよかったし。同じオケでも、これだけ違う乗せ方があるといういい見本になってると思うし、3つのオケで全15曲、僕らが言うのもなんですけど“ほんまに素晴らしいな〜”と思います。大阪だけでなく、横浜勢の絡みとか、コンビ曲の組み合わせとか含めて楽しんでもらえたら最高ですね」(Makoto)

 「他のレーベルとは違った視点でオリジナルなビッグ・チューンを生み出す」というスローガンを掲げ、サウス・ヤード=南大阪からの発信、そしてポップに媚びないサウンド主体のレーベルにこだわり続ける彼らの“心意気”に賛同するヴェテラン〜ニュー・ジェネレーションが集結したその最新コンピは、連続出場となるNG Head曰く「前2作の濃いトコロがつまってる」しっかり心に響く1枚となっている。スティーヴン・マクレガー作の“Thunder Rock” “One Peace”に、Daddy Dragonの“Dragon Beat”というオリジナル・リディムに乗っかったアーティストは実に23組。Rudebwoy FaceとArm Strongや、Rueed とNatural Weaponといった東西コンビネーションを始めとする組み合わせの妙も味わえるそのアルバムは、リリースから僅か19日後に全曲「生」で披露される。
 
一年の計はここにあり、とばかりに。しかも(前回と同じく)バック・バンドを務めるのはHome Grown! 気合が入らないわけがない、というものだ。当日は、そのライヴだけでなく、サウンド・タイムも楽しみにしてきたレゲエ・サポーターで会場はパンパンに。この日のためのダブを仕込んできたサウンドは、自分たちのシステムも運んできたBurn Downの他、Mighty Jam Rock、Scorpion、King Jamの4強。その間違いない音とMCの煽りでヒートアップした会場に、さらに火をつけたのがショウケース1部に登場したアーティストたち、だ。
 
Rueed &Natural Weaponの息の合ったコンビからスタートし、着流し姿のTak-Z &Koh-Sonsan、オレンジのツナギで揃えた55Level、そしてMongoとのコンビ曲からMison-Bが登場し、Rudebwoy Face、Arm Strong、Chehon 、Peter Man、とコンビ相手を呼び出しては次にリレーする形で熱気も冷めることなく続き、Peter Manにコールされたラガラボ3人衆=Boogie Man、Vader、Arm Strongはその1部のクライマックスを演出。Vaderと、Big Bear、Boogie ManとBear Manのコンビ曲もこの流れで披露された。バンド・ショウの2部は、Super CrissとJun 4 ShotのFire-Bコンビでスタート。彼らとHome-G、しかも「Poison」というレアな空間に狂喜乱舞する者、多数。怒涛のメドレーでオーディエンスをノックアウトしたNG Headから、JTBの流れもひたすらヴァイブス高く……コンビ曲で現れたPeter Man 、Chehonとの絡みも絶妙、だった。 

今回初参加となるPushimもソロで大熱唱。その珠玉の名曲群の中でも、いい表情で歌われた「Keep On Trying」はしっかり輝いていた。「来年も呼んでください!」というMCにも盛り上がる場内。そして、一際大きな歓声を受けて現れた大トリはRyo the Skywalker。客イジリを交えながら軽快にステージを進行させる、エンターテイナーの鑑のショウであったことは言わずもがなかと。また故Terry The AKI06に捧げた「Ever Green」で、そこら中からテリ山サインが挙がったことも。そんな贅沢すぎるバンド・ショウの後は、三たびサウンド・タイムに。もちろん、会場を後にする客は殆どいない。そこからまたユース・ラバダブに突入…。こうして、オールナイトのショウらしさを貫いた2度目のSouth Yaad冬の陣は、大盛況のうちに幕を閉じた。

 「レゲエはカネのない奴らの音楽や!と言うヒトもおるけど、俺はそうじゃなくて“カネのない奴らが、上を見て生きていく(成功する)”ための音楽やと思う! だから金持ちもカネもってない奴も関係なく楽しめんねん!」などといった名調子でオーディエンスを煽りまくるMakotoとKazu、そしてMCとの阿吽の呼吸で今かけるべきチューンを繰り出すMizoguchi、陰で支えるエンジニアのRyota、彼らBurn Downの4人は、その“現場発信”という基本を最高の形で演出してくれた。その心意気に対し、真のサポーターたちの“心の銃”があちこちで暴発(?)していたことは言うまでもないだろう。

 

"South Yaad Muzik Compilation Vol.3"
V.A.
[Victor / VICL-63136]

KINGSTON CONNEXION / JACQUES & SHANTY-NOB

KINGSTON CONNEXION / JACQUES & SHANTY-NOB
  
Interview & Photo by Ras / Seki "Eastern Judah" & Ras Ume "Liberation Asher"(Tribe Works Sound System)
 

Kingston ConnexionはLight Of SabaやZap Pow等の作品の再発をメインとしてるレーベルだが、昨年日本人アーティスト、Riddim Conferenceの「Struggle」をリリースしEUのモダン・ルーツ界でも大きな話題となったのは記憶に新しい。そのレーベル・オーナーJacquesが来日したので彼とRiddim Conferenceことシャンティ・ノブに話を聞いた。
 
●自身のキャリアについて教えて欲しい。
Jacques(以下J):地元で9年間ラジオ番組を持っていた。クラブでもセレクターをしていたよ。ジャマイカからアーティストが来るとダブ・プレートを録ったりもしていた。カルビン・キャメロン(トロンボーン奏者。Light Of Sabaに参加)と一緒にUhuruレーベルの再発をしたのがきっかけで、レコード・ビジネスを始めたんだ。でも当時はあまりうまく行かなくてね、すぐに閉めた。でもその後やはりレーベルを立ち上げようっていう事になり、作ったのがKingston Connexionなんだ。
 
●日本に目を向けたきっかけは何?
J:昔から日本には興味があって。そう、僕はレゲエおたくでもあり、漫画おたくでもあるんだ(笑)。08年2月に初めて日本に来たんだけど、誰も知り合いがいなかったからネットでリサーチしてたら、あるブログにトライブ・ワークスの情報が出ていてルーツのサウンドが日本にもある事を知ったんだ。
 
●レゲエにハマったのはいつ?
J:イギリスと違ってフランスにはラスタ・コミュニティはないんだけど、僕の父親が好きでよく聴いていて影響を受けたんだ。
 
●フランスでのレゲエ・シーンはどうなの?
J:80年代に一度流行ったんだけど、その時は単に「流行」だったと思う。単にジャマイカン・クラシックで今みたいな感じではなかったよ。最近はUKスタイルのモダン・ルーツが主流でサウンドやレーベルが増えたね。
 
●影響を受けたミュージシャンは?
J:レーベルとしてエイドリアン・シャーウッドのOn-U。そこから出ているプリンス・ファーライやビム・シャーマンなんか好きだね。
 
●シャンティ・ノブとの出会いは?
J:トライブ・ワークスのダンスに行ったらノブのダブ・プレートが掛かっていたんだ。その瞬間「これだ!」って感じたよ。その場にノブも来ていてね。話をしたら、リリース出来るレーベルを探してるって言うんで、話は早かった。帰国後すぐにTokyo Connexionのレーベルを作り7インチをリリースしたら5日で完売したんだ。驚いたね。彼の創る美しいメロディは世界中で賞賛されるべきだ。
 
●フランスのレーベルからリリースした事で逸早くEUで受け入れられ、早くもモダン・ルーツ・アーティストの仲間入りを果たしたね。
Shanty-Nob(以下S):そうですね。Channel One Sound System(UK)で掛けられたり、ジャー・シャカに渡そうとしたら「もう持ってるよ」って言われたり。嬉しかったですよ。自分の音楽が本家であるUKを始め各国で受け入れられた事を本当に嬉しく思います。トントン拍子で事が進んで自分自身びっくりです。
 
●プロデューサーやエンジニアとして他の作品も手掛けているけど両立は難しい?
S:いや、むしろ個々の仕事がスキル・アップになり、それが自分のレゲエに反映されるので必要な事です。自分自身の作品の展開としては、今後インストだけではなくヴォーカル物も創りたいですね。女性ヴォーカルなんかいいですね。
 
●早くも第二弾が出るみたいだけど?
S:そうです。次は12インチなので、更に多くのサウンドでプレイしてもらいたいですね。アルバムも作ろうと話してます。

 シャンティ・ノブにとっては突然舞い込んだ幸運だった様だが、ジャックにとっては気分転換に訪れた日本でこんな出会いをするとは予想もしていなかっただろう。これも全てJah Guidanceと言えよう。そして二人は第二弾、第三弾と期待を裏切らないリリースをしてくれるに違いない。Kingston Connexionの今後の再発もレゲエ・ファンを喜ばせてくれる事だろう。
 尚、Kingston Connexionからは昨年LPで再発されたLight Of Sabaの名盤『Sabebe』のCD(日本配給元:ディスク・ユニオン)がリリースされたばかりなのでそちらもチェックして欲しい。


 

MOOMIN / FREE SOUL

MOOMIN / FREE SOUL
  
Text by Hajime Oishi / Photo by Kitetsu Takamiya
 

昨年はアルバム『すばらしい世界』も発表したMoomin。今回のコンピ『Free Soul Moomin 〜 Mellow Lovers' Moonlight Dancehall』は、“Free Soul”シリーズなどを手掛けてきた橋本徹選曲の、Moominの初期音源を集めたもの。橋本の発言を交えつつ、その内容をチェックしてみよう。
 
 最近では7インチのヴァージョンを使って原点回帰的なライヴも行っているほか、アコースティック・スタイルでのライヴも密かに(?)始めているMoomin。だが、およそ10年前、彼が渋谷のクラブ「オルガン・バー」で「Moonlight Dancehall」という名のパーティに定期的に出演し、そういったスタイルで歌っていたことは、意外とレゲエ・ファンに知られていないかもしれない。彼の代表曲を冠したこのパーティ、主催していたのは“Free Soul”などのコンピの選曲家であり、DJ/店舗プロデューサーとして90年代よりカッティングエッジなトレンドセッターであり続けている橋本徹。「Moonlight Dancehall」は毎週金曜に行われていたイヴェントの名前であり、須永辰緒やMuro、Dev Large、DJ Jinらもゲストとして名を連ねていた名物イヴェントだった。
 
 「“Moonlight Dancehall”は97年頭ぐらいから好きでかけてて。僕のプレイリストの中に日本人アーティストが入る率はそんなに高くないんですけど、それぐらい思い入れがある曲だったんです」
 
 そう話す橋本が今回選曲を手掛けたのが、90年代にMoominが発表していた音源を中心にし、オリジナル・アルバム未収録のリミックスも多数収めたコンピ『Free Soul Moomin 〜 Mellow Lovers' Moonlight Dancehall』。ジャンルや時代に囚われることなく、エヴァーグリーンな“橋本ブランド”のプロダクツをリリースし続けてきた橋本にとって、Moominのチャームポイントはどこにあるのか。
 
 「彼の歌には毎日の生活の中で感じたり考えたりすることが素直に形になってるじゃないですか。ラヴ・ソングでもメッセージ・ソングでもそれは共通してるし、世知辛くなってる今の時代こそMooninの歌は多くの人に響くんじゃないかと思うんですよね。あとね、プロダクションが本当に贅沢。バッキング・ヴォーカルにBonnie Pinkを招いて(山下達郎の)“Windy Lady”をカヴァーしたり、屋敷豪太さんと吉田美奈子さんの書き下ろし曲(“Wing”)があったり、ゴンザレス三上さんをフィーチャーしたチルアウトなボッサ“Happy & Free (Oasis 7:00Pm Mix)”があったり、スピーチやMitsu(the Beats)くん、Dev LargeやMummy-Dがリミックスやプロデュースを手掛けてたり、児玉(和文)さんがPushimとコラボレートしてたり……1曲1曲贅沢なんですよね」
 
 まだまだ日本人レゲエ・アーティストがメジャー・レーベルから作品をリリースすることは稀だった90年代。その当時Moominは、シティ・ポップスやヒップホップのニュアンスを採り込みながら、クロスオーヴァー感覚溢れるメロウな世界をモノにしていた。本作でそのことを初めて知るリスナーも少なくないだろうし、ここに現在のMoominのルーツを見い出すことも可能だろう。
 
 「コアなレゲエの人がやったら全然違う選曲になったと思うし、Moominの良さを知ってもらうためのヴァリエーションのひとつになったら嬉しいですよね」
 
 橋本は自信を持って「ちょっとびっくりするぐらいイイですよ」と話すが、僕もまさに同感。ここにあるジャンルレスな風通しの良さは、2009年の今こそしっくりくる。ちなみにリリースは2月4日。ヴァレンタイン/ホワイト・デイでも威力を発揮するかもね。

 

"Free Soul Moomin -Mellow"
Moomin
[Ki/oon / KSCL-1346]


 

AMIGO GUNSHOT / PRECIOUS MELODY

AMIGO GUNSHOT / PRECIOUS MELODY
  
Text by Thunder Killa
 

東京のレゲエ、クラブ・シーンの最初期から遊び、プレイしてきた筋金入りのラバダブ・サウンド(最近は少なくなったねぇ)、Amigo Gunshot。今回、全曲Studio 1のオケで、参加アーティストは全員シンガーという、有りそうで無かったコンセプトCDをリリース!
 
 Amigo Gunshotの結成は1997年、つまり約11年前という事になっているが、もともと東京のレゲエ・シーンで個々に活動していたアーティストやセレクターが集まったもので、実際のキャリアはその倍近くであろうか。今は無き西麻布のクラブFront Lineのボス、Papa Gold(R.I.P.)の求心力で集い命名された彼等。全曲Studio 1のオケで全員シンガーという興味深いテーマのCD『Precious Melody』で話題を集める中、セレクターであるDaddy Kanと中心メンバーであり参加シンガーでもあるKen-Jayの両氏に登場、解説して頂こう。
 
 「始めは俺たちのアルバム作るって話だったんですよ。でも予算も無くて(笑)。でこういうミックスCDみたいな形になったんだけど」(Ken-Jay)
 
 「シンガーだけでコンピを作りたいな、ってのはあったんだけど、Bitty McLeanの『On Bond Street』やPeckingsレーベルの一連の作品を聞いて、“ああこういうのアリなんだな”と。凄く新鮮に聞こえたんでそれを日本人でやれたら面白いかなって。あと、Dee-Jayばかりで最新のオケでって作品多いから、今の流れに逆らっちゃえみたいな(笑)。全部逆いっちゃえって」(Daddy Kan)
 
 この『Precious Melody』にはAmigo GunshotのメンバーであるKen-JayとKashmereを中心にMoominやKen-U、Chucky TokuやZebraman等々、 東西のベテランから新生まで14人(!)のシンガーが集められているが、この人選の妙も本作の魅力の一つだろう。
 
 「割とオールディーズ好きな人は新しいアーティストをあまり聴かなかったりするし、逆に今のファンの子達ってこういう基本のオケをよく知らなかったりもするから、両方のファンが聴けるようなものを作りたいなって思って、シンガーも若手からベテランまで幅広くチョイスしたんだ」(Daddy Kan)
 
 確かにベテラン勢ばかりでこういうオケだと、当り前感があるのは否めないだろう。そして狙い通りと言うか、意外と言っては失礼だが、若手陣の奮闘振りが聞き所にもなっているのである。
 
 「若手の人選は、まずは身近な所からBig BearとかMoeast、あとTomoは声にホレたとでも言うか、それくらい最近聞いたなかではこれは凄いなって。あと16がオススメ。在青森のシンガーで若手ってわけでもないんだけど、オレたちとは付き合いは長くて、青森をシキってるってくらいの(笑)」(Daddy Kan)
 
 多彩で多数あるStudio 1のオケの中からチョイス、各シンガーへの割振りもDaddy Kanの担当。
 「Studio 1のオケは2分半から3分位で大体終わって、それがちょうどいい歌の起承転結になってるから、それを生かしてと言うか。今のミックスCDって1曲が下手すると1分無いくらいでサビだけとか、何の事やら分からない内に終わっちゃうから」(Daddy Kan)
 
 「その曲を知ってる前提で聴かないと分かんないんですよ、始めの所だけとかね」(Ken-Jay)
 
「そこで2分半の世界を聴けるものが作りたかったんだよね」(Daddy Kan)


 

"Amigo Gunshot presents Precious Melody"
V.A.
[Amigo Gunshot / AGCD-001]


 

ACKEE & SALTFISH / NO SKIN TEETH

ACKEE & SALTFISH / NO SKIN TEETH
  
Interview by Yusaku Toriiminami / Photo by Yoshinori Hattori
 

 いつだって自分たちらしく奔放に、されどまた確実に、常にレゲエ・ファンの夢を次々と現実のものにしてきたAckee & Saltfish。彼らのニュー・シングル「櫻」は今までにも増して日本への強い想いのこもった作品だ。およそ6年ぶりとなるオリジナル・アルバムに向けて動き出した二人に話を伺った。
 
●今回のシングル「櫻」ですが、桜という題材に古来から現代にかけて日本人が映し出してきた心象をテーマにした歌の作りが印象的でした。この曲は次のアルバムへの序曲ともいうべき作品になると思います。アルバムに向けての構想をお聞かせ下さい。
 
Saltfish(以下S):アルバムのコンセプトとして、アキソルは西洋文化を認めとらんぞと。遡ると明治維新までいっちゃうんだけどさ。要するに100%この国、東洋の文化を大切にしようと思うと、そこまで遡って考えないかんなと。いったい自分達は何人なんだ、と。それをアキソルはどういう風に捉えとるか。そういう歌を歌いたいな、と。色んな歌を歌ってきたけど、やっぱり結局てめぇらの言いたい事はそこだな、と思って今感じとるところ。いつもは楽しい歌とかも入れてきたけど、今回はそういうのをなしにして。歯を見せん感じで。向こう(Jamaica)で言うとNo Skin Teeth、要するに笑わん、そういう内容になるかも知れん。
 
Ackee(以下A):ま、出来上がって見なきゃ分からんとこはあるんだけど。
S:あんまりお遊びはない感じ。
A:ない方がいいんじゃないかなって感じで。ライヴでやれるからね。
S:あ、やっぱりこういう人達だったのって感じ(笑)。
A:多分ね、右翼とか勘違いされる(笑)。「日本が大好きだ」って言うと。そんな色はないんだけどね。結局ね、歳ある程度重ねとる人とかは知ってるかもしれんけど、若い子、16、7歳とか20歳位の子は知らんのだったら、一寸こっちに目を向けてくればなって。
 
●この国の文化と言うと、お二人は現在24時間365日和装での生活をされてらっしゃると聞きました。しかも外見だけでなく日常から六尺の褌(注)をしめて生活されてらっしゃるとか。
A:着物着た事ある? 着とるとね、帯が下がってくるわ。で、褌しとると褌の上に帯がのるんだわ(笑)。でね、クソする時やションべンする時はパンツだと出てこん(笑)。これをパンツにしちゃうと全部下げな、いかんのだわ。
 
●それを考えるともう褌の方が楽と(笑)。
A:着物着とると帯をあげてパンツを下げてってやると着崩れしちゃう。どえりゃーめんどくさい。それで、ま、そっちの方が楽だと。
S:好きだってのもあるけどね(笑)。元々は着物がただ着たかっただけだから。
A:着物が昔から好きだからさ。和装の事とかはそんなにこだわっとるわけじゃないよ。
S:俺んたは精神的な日本人として、自分達が持っとるアイデンティティみたいなものを大切にしていきたいなと。あと、お前らもこうしろ、なんてことは言っとらんから。俺んたはこうやってやっとる、っていうだけであってさ。

 明確な全体像を先に作りあげ制作を進めているという今回のアルバムは、実はアキソルにとっても初めての試みであるそうだ。二人の日本古来の文化への傾倒は大きなヒントになりそうだが、まだまだ謎に包まれた部分が多い。ただ、“No Skin Teeth”と言いながらもあくまで自分達がなんだか楽しみながら、自分達の好きな事を歌にしようとしている二人の姿を見ていると、とびっきりにレベル・ミュージックでルーツ・ミュージックなアキソルのレゲエが、少なくとも今年中にはたっぷり楽しめるのには違いなさそうである。

(注)長さ約180cm〜300cm程度、幅約16cm〜34cm程度のさらしの布を用いた日本人男性用の下着。前垂れと腰紐の越中褌とは異なる。


 

"桜"
Ackee & Saltfish
[錦コミュニケーションズ / NSKR-005]


 

HIBIKILLA / THE TIMES DEMAND DJ

HIBIKILLA / THE TIMES DEMAND DJ
  
Text by Norie Okabe / Photo by Hiroto Sakaguchi
 

野球チーム“サササ倶楽部”の自発ミックスCDや、ラガ集団THCKgでのやんちゃな活動など、濃厚な動きが目立つHibikilla。現在はDr.Productionに拠点を置き、北京五輪金メダリスト石井慧選手からの直オファーで入場曲を制作中! 初夏発売に向けてアルバムも制作中! 話題満載の彼だけど、まずここではニュー・シングルのお話を。強烈ですぜ。
 
 この度リリースされたシングルの表題曲「ヤーマン」は、既に現場で大ボス。ヤーマンを合言葉の如く連呼し、ヤーマンにまつわる云々を延々並べていくというネタものチューンだ。芸人のお笑いネタを入れこんだり、ソプラノで歌ってみたり、コンビニ店員の真似をしてみたり、演技派な側面も発揮。「分る、分る」とツボに入るネタも多々アリで大いに笑わせてくれる。
 
 「やはりDJというアートにおいてリアリティというのは最も重要な要素だと思うんですよ。“握手と迷った末ヤーマン”とかクラブ行く人なら絶対経験あるでしょ! 正岡子規が言うところの『写生』ですね。リアリティというと眉間に3本皺を寄せて社会問題を語らなければいけないという風潮があるけど、どこにフォーカスするかで、その意味合いも全然違ってくるという事ですかね」
 
 リアリティのどこにフォーカスするか——物事を決まった角度でしか見られない人間からは到底出てこない言葉である。正面から後ろから、斜めから、裏から表から。そんな柔軟な視点は、まさにHibikilla“ならでは”だろう。シリアスな歴史ネタに挑んだC/W曲「Go For Broke」にしても、彼の豊かな感受性と想像力なくしては生まれ得なかったはずだ。
 
 「07年12月にLAに行ったんですよ。そこで日系4世のAkaider君というセレクターと友達になって、表の観光地じゃない場所にいろいろ連れてってもらったんですね。その一つが全米日系人博物館。そこで初めて第2次世界大戦中アメリカが日系人を迫害し強制収容所に送っていた事、更にはそうした状況を打破するために日系人部隊(第442連隊戦闘団)が結成されヨーロッパ戦線において華々しい戦果をあげたという歴史を知り、感銘を受け、この曲(「Go For Broke)を作りました。誤解を恐れずに言えば、そういう日系人の頑張りがあったからこそ、アメリカという白人の国でマイノリティの権利が拡大して行き、キング牧師、マルコムXの時代を経てオバマ大統領の誕生にまで繋がっているんですよ。そういう大河ドラマを思うとなんか泣けてきてしまうんでね。日本人にしか歌えない“バッファロー・ソルジャー”を作ってやろうという気持ちで作りましたね」
 
 今こそ、レゲエが必要だ——数ヶ月前のブログで、彼はそう力強く語っていた。それがやけに印象的で、その想いを更に突き詰めて聞いてみたく……。その返事がこうだ。
 
 「2年前の『Riddim』で俺は“革命”という言葉を吐いてるはずです。その時は“何だよ、こいつ”って感じだったと思うんですけど、今、オバマ大統領が“Change”といって出てきた。Pushimさんが“Renaissance”という作品を出した。チェ・ゲバラや小林多喜二を題材にした映画が公開されるといったふうに今、時代が確実に変化を求めてきているんですよ。これからの時代に今までの経験なんか役に立たない。そんな時代に“売れる/売れない”なんていう物差しだけで曲を作るのは馬鹿のやることだよ!と言いたいですね。くだらない理由で、酒が止められないのとおんなじです。俺は誰かが作ったヒットの法則には従わない。俺の決めたルールにしか従う気はねーですから」
 
 ヤーマン!! 今こそ、こんなDJが必要だ。そう思うのは私だけじゃないはずです。

 

"ヤーマン"
Hibikilla
[Dr.Production / DRCD-027]


 

DADDY DRAGON / FROM DRAGON FARM

DADDY DRAGON / FROM DRAGON FARM
  
Interview by Masaaki Okino
 

国内外で活躍するリズム・メイカーDaddy Dragonが、自身のDragon Farm RecordsよりNG Head、Boogie Man、Kenty Gross、そしてShingo☆西成によるビッグ・チューン「大阪プライド」のトラック、その名も“Pride Riddim”でのワン・ウェイ・アルバム『Pride』をリリース。その張本人にこの作品について、またこれまでの活動、今後について話を聞いた。
 
●リズム・トラックの制作を始めたのはいつ頃?
Daddy Dragon(以下D):中学2〜3年頃からセレクターをしてて、レコードを集めたりして、当時で言うMTRとかでミックス・テープを作ったり。その延長で父親が使っていたYAMAHAのQYというシーケンサーを触り始めたのがきっかけです。現在は、パソコンでソフトはREASONとPro.Tools、あとは幾つかのアウトボード音源やKORGのキーボードと最近買ったAKAIのMPK49を使って作っています。
 
●初めて世に出た作品と言うと?
D:Boogie Manの95年のアルバム『Big Time』の「Voice」って曲で“Stalag”のリメイクが使われたのが最初です。その後Ryo the Skywalkerの、確か00年頃のファースト・アルバム『How To Walk In The Sky』の「One Man Army」っていう作品にも参加させてもらいました。その後Dragon Farm名義で、自作オケを使ってミックス・テープを出していくと同時に他のアーティスト作品へのリズム制作もするようになって、Dragon Farmをプロダクション・レーベルにしました。これまでオリジナル・トラックを使用したミックスCDを6枚くらいと、コンピレーションとしては08年に『Riddim Factory Vol.1』をリリースしました。
 
●その『Riddim Factory Vol.1』に収録されたBig Bearの「そばに…」が大ヒットした訳ですが、それ以前にあなたが制作したリズムがジャマイカでも話題になりましたよね。
D:07年にYa-Lowプロダクションに提供した“Rock & Heavy”というリディムです。それを使ったのがMighty Crown & Tony Matterhorn & Richie Feelingsの「Genki-Desuka?」やDing Dongの「Go Away」です。それから正規リリースはされてはいませんが、昨年は「必殺仕事人」の曲をサンプリングして作ったリディムでこれまたTony Matterhornが歌った曲とか、Spready Gloryというセレクターやダンスホール・クイーンのLatishaらが歌ったものがジャマイカでプレイされてました。よかったらマイスペースでチェック出来るので聞いてみて下さい!(http://www.myspace.com/daddydragon001)
 
●では2/5にリリースされる『Pride』に関しての話を聞かせて下さい。
D:昨年夏にリリースされたNG Headのミニ・アルバム『Head Rock』に収録された「大阪プライド」のスピン・オフという形ですが、同オケでのChehonの「栄光に近道無し」やBig Bear & Boxer Kid「男だろ!」が話題になったのをきっかけに、更に関西で今勢いのあるアーティスト達をフィーチャーして作りました。数年前に作ったリズムなので更にピアノのフレーズを入れた別ヴァージョンも作ってアップデートしました。
 
●ほぼ全ての行程を自分でやっている訳ですか?
D:ミュージシャンに参加してもらうケースもありますが、大体自宅のスタジオで、自分で作っています。今作も「大阪プライド」のリミックスや他の曲もすべて僕の自宅スタジオでミックスしました。
 
●今後の活動、目標を聞かせて下さい?
D:オケ作りだけでなく歌のメロディやリリックにも興味ありますし、またRiddim Factoryではインターネットでリズムをダウンロードしてもらってアーティスト作品も募集しているので、新しいアーティストの発掘(?!)も興味があります。そして作品もリリースしていきたいです。既に他のプロダクション作品も含めて新曲の制作にも入っていますが、僕自身やアーティストのペースに合ったやり方でいい曲を作り続けたいです!!


 

"Dragon Farm Presents Pride"
V.A.
[Dragon Farm / DFR-001]


 

About 2009年1月

2009年1月にブログ「Riddim」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2008年12月です。

次のアーカイブは2009年2月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。