HOME > COLUMN

topics

『COLUMN』を含むコンテンツを全て表示しています

What the deal is from No.333

さて、アメリカ議会選挙で共和党が圧勝したのだが、それに反してオバマの支持率が上がっている。しかしながら、オバマがやってきた事をこれから共和党が覆そうとしているのは火を見るより明らかで、多くのメディアは、保険会社がパワーを奪還したとも書いている。……[

next

What the deal is from No.332

何とクール・キースとウルトラマグネティックが再結成してツアーを行っていた。結成当時から決してアンダーグランドのレベルから浮上する事がなかったが、サウス・ブロンクスでBDPのサウンドを作るのにも貢献したとされるセドGを含むオリジナル・メンバーのファンは多く存在している。……[

next

What the deal is from No.331

という訳で、9月は何の変化もないアメリカになってしまったNYからのレポート。……[

next

What the deal is from No.330

なんかシー・シェパードとかの事、書くだけであいつらの思うつぼみたいで嫌なんだけど、こっちじゃメディアが面白しろ可笑しく取り上げるし、リアリティ・ショウまでやってすっかりタレント化していて、ハリウッドの今の構造が分かる感じがするんだけど、誰か今、自衛艦に乗っていて、うっかりあいつらに魚雷とか撃っちゃう奴いないかな?……[

next

What the deal is from No.329

暑中お見舞い申し上げます。 ケーブル局BETのアワード・ショウが7月の頭に行われたが、なんとも言えない内容であった。まず、クリス・ブラウンを許そうというムードに溢れ、今年はヒットがないのにベスト・R&B・アーティストを受賞、マイケル・ジャクソンのトリビュートにフューチャーされたり、出番が不自然に多かった。……[

next

What the deal is from No.328

ワールド・カップ、NBAのファイナルとスポーツ・ファンには忙しい昨今ですが、セルティックスとレイカーズの結果を待たずに原稿を書いています。しかし、かつてのデトロイトとレイカーズ戦を思い起こさせるストーリーがある決勝となり、久々にバスケに入れ込めました。……[

next

What the deal is from No.327

なんとも不吉な地球です。アイスランドの火山の噴火にはじまり、メキシコ沖での石油流出、昔なら飢饉が起きる前兆な訳ですよ。これをネタにまたどっかの種会社がのさばらないといいのだけど。……[

next

What the deal is from No.326

オバマ氏の核廃絶に対する努力は評価すべきか? 今更ロシアと協定を結んでみても、在庫がテロリストの手に渡るのを防げるのだろうか? 更に中国や北朝鮮との曖昧な交渉で、一体何が進歩したのだろうか?……[

next

What the deal is from No.324

 1980年代シーンから大きく変化を遂げて来たリースことトッド・ジェイムスが、NYで初の個展を開いた。会場はプレイボーイ・ビル内にある怪しげなロペズ・ギャラリーで、1/15の初日には多くのファン、新旧のライター、事情通や、早くも世界各国の投資家が訪れた。……[

next

What the deal is from No.323

という訳で、新しい年代の始まりだが、世の中の進歩とは違って、全く本国アメリカでは進歩のないヒップホップでした。個人的には、全く好きになれないが、カニエが面白い発言をしていた。……[

next

top
columns

GO BACK

ISLAND EXPRESS
UK REPORT
WHAT THE DEAL IS
PLAY IT LOUD
RECORDS & TAPES
RAW SINGLES
CHART
RING RINg RING
BOOM BAP
Day In Da West

columns
Short cut
columns
columns
columns
columns
page up!
Riddim Nation

"Riddim"がディレクションする
レゲエ番組「Riddim Nation
第19配信中!

Go RiddimNation!

nation