HOME > 281 > Mighty Jam Rock / We Run Things Things Nuh Run We

topics

Mighty Jam Rock
We Run Things Things Nuh Run We
 
Text by Takashi Futatsygi / Photo by Kurofin
 

今年も西日本最大のビッグ・ダンス「Highest Mountain」の開催を8/26に控える無敵の三本マイク、 Jumbo Maatch、Takafin、Boxer Kidを擁するMighty Jam Rockが放つ第6弾アルバム『We Run Tings Tings Nuh Run We』は、彼らのダンスホール魂を隅々まで込められたBig & Tuffな作品だ。
 
●それぞれのシングルで改めて得られたものは?
Jumbo Maatch(以下Jumbo):一人一人がシングルでこのクオリティの作品を出せる3人編成のグループって他にはおらんな、って再確認できたし、そこで得た自信が上手く3人コンビのチューンにも反映できたかな、と思います。
Takafin:自分個人のシングル曲に対する数々の感想、意見。それによって生まれた次の新しい展開に向けての前向きな課題ですね。
Boxer Kid(以下Boxer):やっぱり力が入りました。「音速Big Wave」の方は低い声の重ね方なんかを色々録りながら変えていった…。あとPVのアニメーションとの融合もあったり、そのスケールのデカさにくらいましたね。
 
●例年アルバムをリリースするようになってから改めて感じた環境、シーンの変化とは?
Takafin:現場で経験を積んだVibesの良い若いアーティストの急増。
Jumbo:自分達に関しては、まずいい意味で歳をとっていってるな、と。よく「経験に勝るものはない」って言うけど、その言葉に間違いはないなと。やっぱりリリックにもステージングにも深みや説得力が増しますしね。シーンそのものは、ご存知の様にかなりデカくなってますね。変に流されない事を祈ってます。
Boxer:まずは毎年アルバムをリリースできる環境を作ってくれているMJRを始め周りのスタッフに感謝!なんですが、自分的には気が付けばもう6枚目って感じです。この何年間かでやっと一年のスタンスが見えたような。でもやっぱり自分達も含めて更にスキルアップすればそれに答えてくれる人はいると思います。
 
●アルバム・タイトルに込めた"想い”とは?
Jumbo:今までとこれからの俺達にバッチリはまった表現かなと。
Takafin:既存のシステムに捕われず、我が道を貫く。
Boxer:色んな事をひっくるめて何事もやらされるのではなく、自らの意思で行動しようと。始めるのも終わるのも全部自分次第みたいな感じです。
 
●アルバム収録曲について(シングル既発曲以外)。
「We Run Tings Tings Nuh Run We」
Jumbo:今回のアルバムの中で一番最初に作った曲で、このアルバムをまとめて総括する内容にしたくて色々考えてたらこのフレーズを思い出しました。アルバム制作最後の二週間でアイデアもトラックもゼロから始めて、ここまでええ感じに、しかもメッセージもバッチリ込められて仕上がった事に大満足!!
Boxer:何か無意識に総括できました。Home Gにもかなり時間をかけて作って貰いました。リスペクト!
 
●「MJR行進曲」
Takafin:現場重視のポジティヴ・チューン。
 
●「Mr.Misunderstand」
Jumbo:最近はこういうハードコア・レゲエっぽいのやれてなかったんで、原点回帰って訳じゃないですけど…。テーマは「裏3 The Hard Way」ですね。まあ、メジャーでやってるオレとかリョウ・ザ(・スカイウォーカー)とかが業界の腐った所や、腐った奴の事を曲でボロカスに叩くって行為自体がおもろいですよね。自分への戒めにもなりますしね。あと今回、初めてケン-Uとコンビやって改めてヤバい逸材だな、と。曲を引き締めるフックに感謝!! 酔っぱらった時の不思議な発言もナイス!!!
 
●「Big Fire」
Boxer:トラックをキャラ&ロックがセラーニに作ってきて貰って、それを聴いた時にシンガーを入れて結構古めのダンスホールっぽくしたいな、と思ってFire Bのクリス君にお願いしました。コーラスの所を全部英語で、しかも分かりやすくっていう無理難題も余裕でやってくれました。自分が昔聴いてた頃のツボ、みたいな曲なんで、達成感も凄くありますね。
 
●「45 Magnum Team Bravo」
Jumbo:この曲はSunsetプロデュースという新しい試みで。現場で何年間も最前線を走っているあの2人のプロモーション力の凄まじさは分かってるんで、こっちはええ感じのチューンさえ書ければ問題ないかと。内容は俺等では珍しく久々のGal Tune!!!
Boxer:フロア向けのトラックだったので、MJRっぽくひねりを効かせたGal Tuneにしてみました。
 
●「Dangerous」
Jumbo:昔からやりたかったストーリー・テリングに挑戦しました。歌詞を書く段階で、とりあえず映画っぽいいかにもエンターテイメントみたいな詞か、ひたすら現実に沿った絶望的な詞のどっちにしようか迷った結果、「やっぱレゲエやねんからリアルにいかねば」と後者を選びました。男の方が分かると思うけど、地元とかこんな先輩やツレおったやろ? みたいな。
 
●「Meditation」
Boxer:いつもとはちょっと違う感じで少しだけ悲しめのケムリの話です。ホンマにどうにかなれへんの〜。
 
●「Smokin' Blues」
Takafin:ちょっと期待を裏切った内容にしました。またPt.2みたいなのも作るかも…。
 
●「One Day」
Jumbo:Home Gのプロデュースで、トラック貰って3人で聴いた感じ、何となく「Give Thanks」的な方向を考えてたら、偶然にもHome Gのシングルとリンクしてて、凄く話が早かった。あと録りの時に初めて3人ヴォーカル同時録音をやってみました。俺的にはもう一つのリード曲!!!
Takafin:繋がってる全ての人々に感謝の意を込めたチューン。ライヴ感出す為にHome Gと一緒にスタジオに入って一発録りに近い形で録音しました。
Boxer:Home Gのアルバムにも入っている曲なんですが、レコーディングする前にライヴで何回かやったり、ヴォイシングもデカいスタジオでやりました。とりあえず全てに感謝するチューンです。
 
●シングル三部作から続くアートワークについて。
Jumbo:この項目に関しては、とりあえすムラサキ画伯とのタイトな関係がなかったら現実不可能でした。ほんと殺人的スケジュール組んでしまいすんませんでした。全て最高の出来です。個人的なリクエストも聞いて貰ってすんません。ありがとうムラサキ君!!
Takafin:Home G同様ムラサキさんは昔から頼りになる理解者で、常に期待を裏切らない物を作ってくれるので感謝しています。
Boxer:いつかムラサキさんの絵を動かしたい!と思ってて、今回PVでやっとそれが出来たので嬉しいですね。曲とは関係なく三部とも繋がったストーリーになってる所や、音とアニメーションがうまく重なっている所とかかなりヤバイです!
 
●「Highest Mountain 2006」への意気込みとファンへのメッセージ。
Jumbo:今年も危ないアルバムをひっさげて大暴れするんで最後までよろしく!!
Takafin:去年とはまた全く違うJTBをフルスロットルで見せるので、期待して待っていてください。
Boxer:地元大阪だけにやはりブリブリ気合い入ってます。時間もちょっと長めでスペシャルな事が出来ると思うんで…。あと暑さ対策は忘れずに…。
 
<Kyara、Rock編>
●今作の“裏テーマ”とは。
Kyara:「Dancehall Rock」、そしてJTBそれぞれのソロ・シングルからの流れを組み、3人それぞれの個性をぶつけ合うこと。
Rock:トラックメイカー。
 
●全5作との制作上の違いと、JTBそれぞれの成長具合について。
Kyara:今作は今のジャマイカ同様古めの音色のトラックが多かったので、細かな編集もある程度にして、ノリ重視での制作を心掛けました。Jumboは聴いて分かる通り、歌い方が少し変わって、より伝える事にシフトし、Takafinは個性あるフロウの遊び心が更にエグくなったし、Boxerは声が太く更に重くなり、「We Run Tings...」のヴァースは特筆ものです。
Rock:今回は前作よりも今までやってきたトラックメイカーで、より僕らの音に合った人でやりたかった。
 
●制作時の忘れ難いエピソード。
Kyara:ProToolsデータがジャマイカで開かなかった事。
Rock:今回は各DJがシングルをリリースしたので、ジャマイカに何回も行った事。
 
●「Highest Mountain 2006」について
Kyara:今年もごっついメンバーでドーンとデッカい祭りになりそうです。とにかく自分が一番楽しみにしてる気がします。
Rock:今回は出演者も増えたので、全5部構成になりました。あと8月の末になったので、夏の終わりを皆で楽しみたいですね。
 
"We Run Tings Tings Nuh Run We"
Mighty Jam Rock

[Victor / VICL-62012]

top
top
magazine

magazine

magazine

magazine

magazine

magazine

columns

GO BACK

ISLAND EXPRESS
UK REPORT
WHAT THE DEAL IS
PLAY IT LOUD
RECORDS & TAPES
RAW SINGLES
CHART
RING RINg RING
BOOM BAP
Day In Da West

columns
columns

columns
columns
columns
columns
page up!
Riddim Nation

"Riddim"がディレクションする
レゲエ番組「Riddim Nation
第19配信中!

Go RiddimNation!

nation