HOME > 297

topics

『297』を含むコンテンツを全て表示しています

YASHIRO from HUNTER CHANCE

アンダーグラウンドからじわりと、だが確実に波及していく…そんな理想的なリディム“Crocodile”を生み出したHunter Chance Studio/あばれ馬レーベルのプロデューサー、Yashiro(写真左)。そしてYashiroと共にこのリディムを制作したChannel Links Bandのベーシストであり、あばれ馬のスタッフとしてYashiroと共に活動するTakuma(写真右)に話を聞いた。……[

next

Wyclef Jean

柔と軟を感覚的に、しかも的確に使い分け、いまやトップ・プロデューサー/アーティストの一人として誰もが認める存在となったワイクリフ・ジョン。彼の新作『カーニバルII〜ある移民の回顧録』をじっくりと聴きながら、“彼だけが持つ強み”を再確認して行こう。……[

next

What the deal is from No.297

今月は殆ど日本に居ます。紅葉の美しい京都と東京を行ったり来たりしています。久しぶりの日本で、ヒップホップ戦国時代であると実感しました。どういう訳かその武将たちを訪ね歩く旅となり、日本語ラップ25周年かどうかは分かりませんが、その進化と進歩にひたすら驚くばかりであります。狐目の男や、伏見、恵比寿のギャングスタにも会う機会があり、益々訳わかんねえ?……[

next

UK REPORT from No.297

Bim Shermanは1980年代後半から1990年代前半の間に、一部の熱狂的なファンを持つルーツ・レゲエ・アーティストから真の大スターへと変貌を遂げた人物だ。彼は様々なジャンルのアーティストとコラボレートしたことでも知られている。……[

next

The Hello Works / Payday

スチャダラパー、スライ・マングーズ、そしてROBO宙。意匠からしてノベルティ、として敬遠する向きがいるのも分かる。なぜなら、2007年、ノベルティに金を払うほど誰もが余裕がないから。UBSに勤める人間から、僕の住む地域の商店街の人間まで。洒落た遊びとノベルティは違うでしょ。貰うんならいいけどさ。だから、ストレートフォワードなインタヴューになりました。是非最後まで読んでみてください。……[

next

Steven Stanley / Unmissable Story extra pieces from Ruffn' Tuff vol.13

映画『Ruffn' Tuff』のために取材した数十時間のテープから本編や書籍からもページ数の制限でもれてしまった人達や発言を採録する当コーナー、前号に引き続きトップ・エンジニアの一人、スティーブン・スタンレイの登場。レゲエを愛する生粋の音職人ならではの発言の連続だ。……[

next

Sing J Roy

地元北陸は福井をベースに活動を続けるシンガー、Sing J RoyがSunset The Platinum Soundとタッグを組み、遂に初の作品集『Good Time』をリリース。彼らしく実にシンプルでタイト、それでいてどれもがスッと胸に染み込むナンバーばかりだ。……[

next

Sadiki / from harmoney house to the world

ムスリムの語で「誠実なもの」という意味の名を持つ新星シンガー、サディキ。クラシカルなファルセット・ヴォイスが心地良い正統派シンガーは、実に自立した大人の男。ベレス・ハモンドの世界を直に受け継ぐ、ニュー・フェイスに話を聞いた。……[

next

RECORDS & TAPES from No.297

二木崇氏によるヒップホップを中心としたディスクレビュー No.297……[

next

RAW SINGLES from No.297

石川貴教氏による最新ジャマイカン・ダンスホール7inchの紹介 No.297……[

next

top
columns

GO BACK

ISLAND EXPRESS
UK REPORT
WHAT THE DEAL IS
PLAY IT LOUD
RECORDS & TAPES
RAW SINGLES
CHART
RING RINg RING
BOOM BAP
Day In Da West

columns
Short cut
columns
columns
columns
columns
page up!
Riddim Nation

"Riddim"がディレクションする
レゲエ番組「Riddim Nation
第19配信中!

Go RiddimNation!

nation