HOME > 305

topics

『305』を含むコンテンツを全て表示しています

What the deal is from No.305

普通にNYに暮らしていると、ストリートでヒップホップが起きている気がしない今日この頃ですが、ある意味ではストリートにヒップホップが帰って来ている。一昔前、ヒップホップの黄金期と呼ばれている時代は、実際クラブでもヒップホップを聞く事は稀で、70年代から80年代にかけて盛んだった公園でのジャムも市当局によって許可される事は殆どなかった。……[

next

UK REPORT from No.305

夏の初めは晴れた日が多かったのだが、残念なことにヨーロッパでは、雨の降る日が続いている。The Glastonbury Festivalは悪天候のために毎年観客が泥まみれになることで有名だ。しかし、今年は天気が安定していたために例年と比べ快適だったかもしれない。……[

next

TIGGERZ / 1974

30509Soul Eye(写真右)、Peter Man(写真中央)、La Gaku Suntro(写真左)という寅年生まれ三人衆によるユニットTiggerzを目撃したレゲエ・ファンも多いだろう。その彼らが初となる作品集『One』をリリース。三匹の虎たちがマイク片手に吠えまくる。……[

next

RICHIE SPICE / GIDEON BOOTS

30503ジャマイカの正義の味方、リッチー・スパイスの4作目『Gideon Boots』は、なんとボビー・デジタルとガッツリ組んだ意欲作。所属していたフィフス・エレメントからの離脱が新聞の見出しに踊った数日後にNYで対面してきた。……[

next

RECORDS & TAPES from No.305

二木崇氏によるヒップホップを中心としたディスクレビュー No.305……[

next

RAW SINGLES from No.305

石川貴教氏による最新ジャマイカン・ダンスホール7inchの紹介 No.305……[

next

PLAY IT LOUD from No.305

レゲエ~R&B~クラブミュージックまで、最新のディスクレビュー No.305……[

next

PAPA B 20th Anniversary

30501唯一無二のエンターテイナー、Papa Bがマイクを握って20周年を記念して制作された新曲と過去の作品のセレクション集を組み合せた最新アルバム『Papa B -20th Anniversary Edition-』を完成させた。そんな彼が札幌の客もまばらな小さなクラブでマイクを握り始めた頃から現場を目撃してきた筆者によるインタビュー。……[

next

NG HEAD / DEEJAY FOR LIFE

30507声の持つ破壊力でいえばシーン随一。この夏も「横浜レゲエ祭」、「Highest Mountain」など日本を代表するビッグ・ダンスに軒並み出演するNG Headから、ニュー・ミニ・アルバム『音楽のチカラ』が到着。全6曲ながら、濃厚な聴き心地の“NG Headらしい”音源集となった。……[

next

MISON-B / MISON ON THE BEAT

30510New Generation屈指の核弾頭“浪花の爆弾娘”Mison-Bが初アルバムを完成。i-Watch、Sunset、Daddy Dragon、Zuraなど書ききれないほどの鉄壁トラック・メーカー陣に、レーベルメイトRudebwoy Face、頼れる浪花の兄貴Kenty Grossも参陣した激濃厚作!……[

next

top
columns

GO BACK

ISLAND EXPRESS
UK REPORT
WHAT THE DEAL IS
PLAY IT LOUD
RECORDS & TAPES
RAW SINGLES
CHART
RING RINg RING
BOOM BAP
Day In Da West

columns
Short cut
columns
columns
columns
columns
page up!
Riddim Nation

"Riddim"がディレクションする
レゲエ番組「Riddim Nation
第19配信中!

Go RiddimNation!

nation