HOME > 330

topics

『330』を含むコンテンツを全て表示しています

ISLAND EXPRESS from No.330

「ジャマイカの土壌からの声」と言われるボウンティの、「クロス、アングリ、ミゼラブル」なリリックスは、苦難と怒りでうちのめされた、プア・ピープルを代表する声。……[

next

INFINITY 16 / 16 YEARS ANNIVERSARY

33004サウンドとして現場をキープする傍ら、プロデュース業にも精を出すINFINITY 16。メジャー通算3作目のアルバムとなる今作は、"Love"をテーマに13篇のストーリーを収録した。色のあるアーティストが華を添え、新たな挑戦も多かったという意欲作だ。……[

next

GOYON

33008個性的なバンドが多く活躍する東京の生音レゲエ・シーンに、またひとつ興味深いインスト・バンドが登場した。goyon。彼らが拳POWAスタジオで録音した初アルバムを完成。因みにバンド名はトゥーツ&ザ・メイタルズ「54-46 Was My Number」に由来している。……[

next

GLADSTONE "GLADDY" ANDERSON / "GLADDY'S DOUBLE SCORE"

33002レゲエの源流に迫ったドキュメンタリー大作『Ruffn' Tuff』でフォーカスされた伝説のピアニスト、Gladstone "Gladdy" Anderson。現在76歳の御大が作り上げた16年振りのアルバムは、"ヴォーカル・ミックス"と"ピアノ・ミックス"の2枚組仕様だ。これは彼の魅力、レゲエの醍醐味を伝える必然性から生まれたアイディア。奇跡の名盤が出来上がるまでのエピソードを、共同プロデューサーの石井"EC"志津男に語ってもらった。……[

next

Day In Da West No.330

外がいい感じに暑い!! そんなカラッと晴れたLAよりレポート。……[

next

CHART from No.330

全国レコード店、クラブによる今月の最新TOP5 No.330……[

next

BUSY SIGNAL / D.O.B.

33003シングル・ヒットが生命線のダンスホール・シーンにおいて、コンスタントに曲をチャート・インさせつつ、アルバム単位で成長の跡を示すアーティストは多くない。05年の登場以来、通算3.5作(日本では4作目、それ以外の地域では3作目)に当たる『D.O.B.』を完成させたビジー・シグナルはそれができる数少ないDJだ。今まで以上に新しい切り口が詰まった新作について、本人に話を聞いた。……[

next

BOOM BAP #29 No.330

ミドリ(註:本誌編集部員)はこれを聞いてビックリすると思う。「Reggae Sumfest」から帰ってきた直後、信頼していたオレのMacBookがクラッシュしてしまったのだ。……[

next

BAGDAD CAFE THE trench Town / ~10th Anniversary~

33009BAGDAD CAFE THE trench townがバンド結成から10年目を迎えBagdad Creationsとして再スタート。それを記念すべくリリースしたベスト・アルバムや彼らの軌跡、そして今後について、メンバーのマイケル★パンチと岩井ロングセラーのお二人に話を聞いた。……[

next

top
columns

GO BACK

ISLAND EXPRESS
UK REPORT
WHAT THE DEAL IS
PLAY IT LOUD
RECORDS & TAPES
RAW SINGLES
CHART
RING RINg RING
BOOM BAP
Day In Da West

columns
Short cut
columns
columns
columns
columns
page up!
Riddim Nation

"Riddim"がディレクションする
レゲエ番組「Riddim Nation
第19配信中!

Go RiddimNation!

nation